クラスターを起こさない最善の方法!

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って

心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日医療関係機関へ商品を販売している企業さんへお伺いしていました。

新たな情報を得るためですが、そこである抗ウイルス商品のご紹介を頂きました。

既に医療機器に販売が始まった以下の写真の商品です。

 

それは、アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)の新型コロナウイルスに対する基準を満たしている Nリストに登録されているウイルス除去・除菌スプレーです。

 

 

まあ、日本はアメリカに右へ倣えの国なので、この基準を満たしていたらNITEも文句は言わないでしょうね。

このウイルス除去・除菌スプレーの中身ですが「水成二酸化塩素」というものです。

 

水成二酸化塩素は、バクテリア、カビ類、ウィルスに対して99.99%もの効果が出るものです。

また、40年もの間、毒性の高い菌類やウイルスなどにも全てにおいて制菌力を発揮し、さらに耐性菌ができないことで医療関係で海外では高く評価されています。

 

使える用途も様々です。

手指、マスク、手すりやドアノブ、おもちゃ等子供や赤ちゃんが口に入れてしまうものや、ペット用品の感染対策。

 

室内や車内、ゴミ箱、排水溝、トイレ、浴室、アウトドア、スポーツ用品などの臭い対策。

 

そして、次亜塩素酸水の数倍の抗ウイルス効果があると言われている「二酸化塩素」ですが、室内感染によるクラスター防止がままならない今、最も頼れる空間に強い除菌剤と僕は考えています。

 

例えば、テーブルや壁を除菌するとします。

今は当たり前ですし、除菌コートなどもありますね。

 

これはテーブルや壁そのもの、またはその近辺のウイルスに効果があります。

また、手指消毒などが定番なので、そうそうテーブルや壁から感染する可能性は現在は低いとされています。(飛沫ウイルスの付着も少ない上にそうそう長くは生存できないですし。)

 

やはり、感染するのは空間から空間です!

つまり、空間に漂っているウイルスを吸い込んでしまう空間感染です。

 

その空間感染を警戒してマスクやフェイスシールド、パネルなど様々な飛沫対策をしていますし、蜜にならない、ソーシャルディスタンスも結局は飛沫を避ける対策ですね。

 

ところが、まだまだクラスターが室内で起きています。

つまり、これらの対策にはまだまだ穴があるって事ではないですか?

今は安心をアピールする、又は安心を得るツールになってきている感じがします。

この空間を制する事がどうやらコロナ収束を加速させるのでは無いでしょうか?

 

空間抗ウイルス対策で現在はクレベリンなどが最有力候補ではありますが、唯一の欠点はただ置くだけでは1m四方までが限界・・・。

そこでそこに扇風機などの風を与えて室内に循環させることが必要です。

 

そんな事を調べていると、完全自動で様々な施設の空間を除菌し続けてきた実績のある二酸化塩素除菌装置の店舗型サイズが発売されるとの情報が!

そこで製造メーカーまで見学に行ってきました。

以下の写真がその装置のサイズですが、二酸化塩素濃度調整から噴霧パワー調整、タイマーなど様々な機能が搭載されています。

 

 

これくらいの大きさで一日中店舗内空間を安全に除菌してくれます。

二酸化塩素に関しては古い情報がネットに出ていますが、アメリカやヨーロッパではその人体に対する安全性が確認されていて、基準も設けられています。

イメージとしては下記の図の感じです。

ウダウダとコロナに翻弄される日々を早く終わらせたくて空間除菌関係も色々と調べました。

現在はオゾンか次亜塩素酸を発生、噴霧するタイプか出てはいますが部屋の隅々までと考えると今ひとつ・・・。

 

でしたが、この装置は空間でのウイルス感染防止効果が高く、安全性もあるので推しかと思いました。

実際に僕の弟の美容室ではこの大きいタイプを設置していますが、お客様(研究者や大学の教授、医療関係者)などに好評です。

なんとなくいつ終わるかわからない暗いトンネルの先に微かな光を見た感じです。

 

各店舗や施設はこれや、この施設用サイズを設置したらかなり感染率を下げることができるだろうな〜って思います。

さらに、感染しない免疫強化のために正しい栄養素を摂取する。

このW対策はかなり効果的だと思います。

 

発売前の製品を見に行ってきましたが、発売はもうまじかではあります。

 

発売したら設置に販売メーカーさんが全国の店舗に伺って操作説明や室内各所の二酸化塩素濃度を測りどのポジションに設置することがベストなのかまで確認してくれます。

 

 

また、本品の前に施設などに販売してきた製品の故障歴もゼロなので、長く使えるウイルス対策製品かと思います。

関連記事一覧