報道の表現を変えなければ不幸な人が増えていく

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

おいおいちょっと待ってよ〜

君たちが感染の恐怖を煽り続けているから陽性者に被害が出始めているんじゃないの?

 

 

昨日TVを見ていたら、陽性者に対して心ないことをする人が増えているという報道がありました。

そこにどこかの先生がゲストで出演されていてこのような陽性者に対して非人道的な行動を取らないためにはどうしたらいいのかという意味合いの質問をしていました。

 

その先生はリラックスするとか、何かに没頭するとか、正確な情報を得て危機感を弱めること。

という意味合いのコメントをされていました。

 

非人道的な行動をとる人にこれが効くと思いますか?

僕は期待できる効果はないような気がするんです。

 

非人道的な行動を取る人の心理としては、恐怖心が大きく影響をしていると思うんです。

この恐怖心はどこから来るかと言えば、目や耳から入る情報ですよね。

 

つまり、報道が産んだ悲劇の始まりでは無いでしょうか?

 

 

毎日毎日感染者数を発表し、各都道府県では独自の緊急事態体制をとっていたり。

県外から来た人が原因では無いか?

 

という憶測で他県の人の出入りを制御するような方針を述べたり。

まるで全国に殺人鬼が徘徊しているかのような騒ぎようです。

 

特に東京は殺人鬼の巣の様な見え方さえしてきました。

 

昨日の記事でも書きましたがこれは報道の表現が先ず良くないと思うんです。

↓(読まれていない方は僕の個人的な見解ではありますが、是非読んでみてください。)

PCR検査は魔女狩り?日本のコロナ死亡者数は水増しだった!

 

また、死亡者数も必ず死因は定かでは無いが、○○という病気で入院、または治療されていた方が、PCR検査をしたら陽性反応を示していました。

と正しい表現で伝えなくてはいけないと思います。

 

また、国のこれらの通達もなんか変ですよね。

昨日の記事にも載せている死因報告です。

 

昨日のテレビでも少し触れていましたが、既に一時感染している人がいて、その人から感染が広がっていると。

つまり、一時感染者は既に抗体を持っています。

 

インフルエンザで言えば抗体保持者はインフルエンザの予防接種をした人と同じ条件です。

また、現在感染している方も重篤化する人は確率的にはとても低いので、集団免疫獲得の時期になっていると思います。

 

ワクチンがなくても無症状感染や軽度の感染症状で免疫獲得

ワクチンを使っての無症状感染や軽度の感染症状で免疫獲得(いつになるかわかりませんが)

 

はっきり言えることが、この2つの免疫獲得がコロナ収束の道になってきたのでは無いでしょうか?

 

 

つまり、現在万が一感染症状が出ている方は重篤化を避けることができたら免疫獲得者になります。

そのためには

①ビタミンD、ビタミンCを積極的に摂取すること!

②味覚障害などがある場合は亜鉛&銅を10:1の比率で積極的にとること!

③その他、セレンやマグネシウムをとること!

 

これを信じて行えば、体内免疫力が高くなりコロナを封じ込め、その間に抗体が体内で作られます。

↓この仕組みについてはこの記事を参考にしてください。

新型コロナウィルス感染防止の第二フェーズは「集団免疫の獲得」です!

 

マスクやうがい、手指消毒、三蜜を避けるなども重要ですが、この自己免疫力を高めることは何をやっていいのかわからない今!

正にとても重要なことのような気がします。

 

この自己免疫を国民全員が高めることで集団免疫を獲得し確実に社会は収束に向かうと僕は信じています。

ワクチンもまだ副作用などが怖くてコロナに感染するよりも厄介な感じもしますし・・・。

 

また、コロナに感染し自宅療養をしている女性がTVのリモートインタビューに出ていたのを何度かみたことがあります。

症状は倦怠感や味覚障害に悩まされていました。

 

そこで食べていたものはインスタントのご飯とインスタントカレーでした。

この映像を見てこれではなかなか症状は緩和されないよな!

 

って思いました。

食べているものに必要な栄養素がほとんど無いからですし、これらを食べている時点で栄養素の知識が無いことが分かります。

 

つまり、日頃から免疫機能が高まる栄養素をとれていないために感染し発症したとも言えます。

 

僕たちのカラダは食べたものでできています。

ウイルスに強いカラダも弱いカラダも食べたものの影響はとても大きいと思います。

 

食べるものや量を変えただけで、太ったり痩せたりすることからも食事はとても僕たちのカラダに影響力があるんです。

 

世界オーソモレキュラー医学会ではストレスや病気にかかると一定の栄養素が体内で急激に消費されることが既に立証されています。

つまり、それらはストレスや病気に打ち勝つためにその人にとって必要な栄養素だということです。

 

薬じゃないのに・・・って心配な方はこちらの記事をお読みください。

薬とサプリメントについて

 

そして、栄養素を安くて簡単に得たい方はこちらの記事を参考にしてください。

コロナ感染率を10.1%まで下げる!

 

報道もこういう安心情報をもっともっと国民に可能性として伝えるべきなのかと思います。

恐怖心ばかり煽って、ほとんど安心情報が無いのにはどこか腑に落ちないのは僕だけでしょうか?

 

そして、非人道的な行動を取らせているのは報道自身であることも自覚し、報道内容をより精査して欲しいものです。

関連記事一覧