体内に侵入したコロナウイルスを破壊する新素材が凄すぎる!!

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

このタイミングでこの新素材は正に天の恵としか思えない!

既に、アメリカでは今回ご紹介する新素材を使ったコロナ感染者に対する治療が開始されたそうです。

 

日本と違って海外医療は可能性のあるものは積極的に素早く取り組む姿勢なんですね。

 

この新素材は薬ではないところがとても興味深いんです。

ではどんな素材なのかやや興奮気味にご説明させていただきます。

(それだけ凄い!)

 

先ずは、現在のコロナウイルス対策のおさらいです。

このおさらいを頭に入れていただき、新素材の素晴らしさを解説いたします。

 

ウイルスは先ずは僕たちのカラダ表面に付着します。

飛沫したウイルスは目や呼吸器系(口、鼻)に付着すると唾液や鼻水に馴染みながらしばらくそこに生存し続けます。

 

 

この生存しているウイルスを免疫機能が防衛できないと細胞へ感染し、人によって無症状、発症、さらには重篤化してしまいます。

その予防策として、手指消毒や手洗い、マスクなどを使って僕たちは安心を得ています。

 

ところが、何かの拍子に体内に侵入してしまったウイルスはどうしますか?

 

 

専門家の方に対策を聞いてみたいところです。

やはり隔離し、感染者の免疫機能がウイルスに勝つことをただ祈るだけでしょうか?

 

発症したら入院して従来の治療に入ると思うのですが、発症しない感染者の体内に侵入したウイルスを無害化する何かいい方法はないのでしょうか?

 

この時に唯一の方法が免疫機能を高めておくという予防策です。

予防なので、感染前にできたらそうしておきたいところです。

 

この件に関しては何度もこのブログでご紹介させていただいていますので、「コロナウイルス」のテーマを読んでください。

また、今度YouTubeなのどで専門化の方に情報を公開して頂きます。

 

世界3国が注目するコロナ感染対策新情報

そこで、今回の新素材が世界で注目を浴びようとしているんです。

再度申し上げますが、薬ではありません!

 

つまり、化学療法一辺倒の考えしか無い医師はそんなのありえない!

何かあったらどうするんだ!!

 

って眉間に深いシワを寄せて怒り狂う、またはかなりの上から目線でそんな事信じちゃダメです。

ガイドラインに沿って治療しないと責任取れませんよ・・・と聞く耳持たないかと思います。

 

ただし、僕は薬を否定しているわけでは無いんです。

薬での治療にリスクがある場合は違うアプローチも考えるべきたと僕は思っているんです。

 

薬にも詳しく免疫機能や栄養学分野にも明るい医師ってまだまだ少ないのが残念です。

 

今回開発された新素材の働きはアルコールや、次亜塩素酸、二酸化塩素などの消毒剤と同類の働きをウイルスに対して行う事が解明されたのです。

 

エンベロープを破壊する新素材

その新素材を「バイオジェニック」と言い、別名「抗菌ペプチドP」と言います。

 

下記のイラストをご覧いただきたいのですが、アルコールなどの消毒剤はコロナウイルスのエンベロープという脂質やタンパク質でできた膜を破壊し、ウイルスを死滅させます。

それと同じくバイオジェニックス(抗菌ペプチドP)は、エンベロープを破壊する働きが発見されたのです。

さらに、胃がんの90%以上はピロリ菌が原因と言われていますが、なんとピロリ菌も死滅させる事がわかっています。

 

ピロリ菌がいるけど除去していない方はこれで楽に除去できますね!

(僕は以前薬で治療しましたが・・・)

 

人体に優しい抗菌ペプチド

ペプチドとはアミノ酸がいくつも連なった僕たちの体内に存在する物質です。

このペプチドに抗ウイルス効果や抗菌効果などを持つものを抗菌ペプチドと言います。

 

この抗菌ペプチドに特殊加工を施して強化したものが抗菌ペプチドPなんです。

 

つまり、天然の抗生物質の働きを持っているんです。

 

また、僕たちのカラダには免疫機能もウイルスと戦う機能として備わっています。

この免疫機能は実は腸内で約70%を占めると言われていて、腸内細菌のバランスがその鍵を握っています。

 

 

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つのカテゴリーがあり、その比率は2:1:7が理想とされています。

 

このバランスがとても重要なのですが、不規則な食事生活や生活習慣をしていると、そのバランスが崩れて、善玉菌が少なく悪玉菌が多い腸内細菌バランスになり、結果的に病気になりがちだったり、体調が優れなかったり、肌トラブルを引き起こす事がわかっています。

 

そのため、善玉菌を増やす様々な方法が今注目を集めています。

発酵食が良いとか、ヨーグルトが良いとか、またはサプリメントでその善玉菌を補うという事です。

 

腸内細菌バランスの落とし穴

ところが重大なことを僕たちは見落としています。

理想的な善玉菌と悪玉菌のバランス比

 

善玉菌を増やす選択肢は沢山あるのに、悪玉菌を積極的に減らす具体的な方法がなかったのです!

ですので、善玉菌を増やそうと努力されている方の中には、やってはいるけれどあまり体調がよくならなかったり、ある程度の改善はあるもののそれ以上の改善効果が得られないという方も少なくありません。

 

しかし、今回の抗菌ペプチドPはウイルスを死滅させるばかりか、善玉菌を増やしそしてなんと!

悪玉菌を積極的に減らす効果が確認されたのです!!

 

 

腸内環境が整うことで自然免疫機能の働きも回復しますし、新素材自体がコロナウイルスを死滅させる。

 

このデータを見たアメリカで名の知れた・・・特にコロナ禍ではよく名前が出てきた病院の医師が驚きと期待を膨らませ、早速感染者の治療に採用し、現在絶大なる効果を出しているそうです。

 

世界中がコロナ禍により対策の可能性のある情報に敏感になっている時ですが、そこに手をあげたもう一つの国があります。

それがドイツです。

 

この新規素材は日本が開発したものですが、日本が世界に誇れる新素材として目が離せません。

 

そして、なんと日本、アメリカ、ドイツ3国同時発売を予定しているそうです。

 

 

 

国内では治療用と一般の方でも手にすることのできる2ラインが予定されています。

当然、僕は美容師さんへご紹介したくてうずうずしています。

 

コロナの第二波はもうこりごりですし、なんと言っても美容師さんやそこに通われているお客様には絶対感染して欲しく無いですから!

関連記事一覧