アトピーの方からの問い合わせ

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日一般の方から会社へ問い合わせがありました。

 

その問い合わせ内容は「キュベシノブ を使いたいので美容室を紹介して欲しい」

との事でした。

 

理由を尋ねると、彼女はアトピーに悩まされてきたそうで、元々美容師で手荒れが酷くて現在は辞めていました。

未だに解決の糸口が見つからずにキュベシノブの 噂を耳にして僕の会社に問い合わせを頂いたみたいです。

 

電話口では「ランテージュ」を使いたいという切り出し方でしたので、今日はランテージュについても説明をしておきたいと思います。

 

キュベシノブ 誕生まで

 

娘が3歳くらいからとても酷いアトピーになってしまい、飲み薬に数種類の塗り薬ととても大変な状態でした。

皮膚科に行くと薬が増えていくだけ・・・。

 

当時はアトピーがどういう病気なのかも今よりも知識が無くかなり戸惑いました。

その中で、なんとか出来ないかと手探りで色々と情報を集めて、色々やりました。

 

その中でシャンプーなども悪化の原因だということを聞き沢山のシャンプーを試したりしました。

最終的に思い余って作ったのが「キュベシノブ シャンプーです」

 

2004年のことです。

当時はランテージュシャンプーという名前で流通していました。

 

 

キュベシノブ とキングダムの意外な接点

このキュベシノブ のロゴに刻まれたRANTAGE(ランテージュ)というネーミングは実は人気漫画「キングダム」と縁があるんです。

 

 

キングダムの物語は紀元前221年に戦争の無い世界を求めて中国史上初めて全ての国の統一を成し遂げ、歴史上最初となる新たな称号「皇帝」に即位した秦の始皇帝(趙政)の若き日の物語です。

 

始皇帝が行なった異業の一つに文字を統一して小篆(公式書体)を制定したことです。

 

行書体と蘭亭序の誕生

その後、書聖王羲之(しょせいおうぎし)という人物が行書体を生み出します。

行書体は今でも使われていますね。

 

キングダムの時代からおよそ600年後の353年の旧暦3月3日に紹興酒(しょうこうしゅ)で有名な紹興市郊外会稽山陰の蘭亭に、当代の名士たち四十一人を集めて曲水の宴をはじめます。

 

曲水の宴とは小川のほとりに並んで座って、自分の前に杯が流れてくるまでに詩を詠みあげなければならなく、読みあげることができなかった場合は、罰として杯のお酒を飲み干さなければならないという宴です。

 

そこで、できあがった詩文を一冊にまとめ、巻頭に王羲之が序文をつけました。

これが中国書道史上「天下第一の行書」と絶賛される「蘭亭序(らんていじょ)」です。

 

貞観の治の天下統一

まだまだ話は続き、その後歴史は流れ626年に天下を統一したのが、「貞観の治」と呼ばれる争いや犯罪の無い世を実現した名君で、唐朝の第2代皇帝、太宗皇帝という方です。

 

太宗皇帝は「善を尽くして美を尽くす善と美のどちらも完璧である」と書聖王羲之の書を絶賛し、文化事業として各地に散らばった王羲之の書約二千点を収集整理しました。

 

そして、649年太宗は、臨終の床で集められた書を自分の亡骸とともに埋葬するように遺言してしまいます。

当然、「天下第一の行書」と言われる「蘭亭序(らんていじょ)」もこの世から消えたわけです。

 

この素晴らしい書、太平の時代を!

という思いを込めて「らんていじょ」を「らんていじゅ」という発音に変えて商品名につけました。

 

ちょっと解説が長かったですね・・・。

 

 

キュベシノブ とアトピー

完成してから現在の処方になるまで微調整を再生産の度に行い、大きなリニューアルを3回行い現在のキュベシノブ シャンプーになりました。

 

 

おまけに、2回目のリニューアルから除菌・抗ウイルス・消臭効果がある「白金ナノコロイド」を配合していたので、抗ウイルス効果も期待できるシャンプーとして旬なシャンプーになっています。

 

キュベシノブ に配合している白金ナノコロイドはキューティクルの擬似修復効果もあるので、シャンプーを流した後でも髪に定着し翌日のシャンプーまでは除菌・抗ウイルス・消臭効果が期待できます。

 

このキュベシノブ シャンプーは敏感肌の方向けに開発したので、髪に関してはそこそこです。

ヘアカラーを2〜3した程度の髪にはシャンプーだけでも質感は悪くはないと思いますが、それ以上の痛みがある場合はトリートメントとの併用が良いかと思います。

 

また、使うコツとしては泡だててから2〜3分泡トリートメントをして流すことです。

その方が配合した有効成分の定着率が高まります。

 

もちろん、そのあとはこれでもか!

っていうくらいよ〜く流してください。

 

主剤には軽めではありますが、アミノ酸系の界面活性剤を使用し、保湿成分もいくつか配合していますので、中途半端な流しだと重くなりますし、中にはベタつきを感じる方もいます。

 

言っておきますが、決してシャンプーが悪いのでは無く、流し方が間違っているために起こる不快感です。

美容師の方でもたまにいますが、失礼ですが、自宅でのシャンプーの仕方が雑な方はそうなります。

 

アトピー改善へのアプローチ方法

そして、アトピーの方がこのシャンプーを使うと良くなる可能性はあります。

この可能性とは、アトピーは複雑な原因が絡み合っています。

 

キュベシノブ じゃないシャンプーの方があっている場合もありますってことです。

キュベシノブ シリーズにもフレがあったり、プレミアムがあってそのどちらかが合う方もいます。

 

また、違うシャンプーが合っている場合もあります。

ですので、アトピーの方が落ち着く先は試していくしかありません。

 

ただし、今では体内環境も関係していることがわかってきていますので、食事自体も変える事がとても重要です。

わかっているようでわかっていないのが、僕たちのカラダは食べたもので出来ているてことです。

 

外からのものを変えることも必要ではありあすが、肌荒れや薄毛、抜け毛は中と外両方からケアしないとあまり結果は出ない。

そう思ってケアをしっかりして欲しいと思います。

 

 

もしも大切な方やご自身が感染してしまったら↓

患者さんあるいは家族の方が主治医にこの治療をお願いする時はこのサイトの動画を観てもらい、二つの書類をダウンロードして渡しましょう。

 

この治療は自由診療ではなく、健康保険でも認められます。

 

 

二つの書類はこちらでダウンロードできます。

↓ ↓ ↓

COVID-19 Critical Care Working Group

 

 

COVID-19治療にビタミンC点滴を導入する各国の動き

Change.org上での署名活動がスタート

COVID-19の治療に高濃度ビタミンC点滴の認可を求める署名活動が「Change.org※1」上で行われています。
(※1様々な分野における署名を集めるウェブサイト。署名が15,000名に達すると、アメリカ政府(今回の場合はFDA(アメリカ食品医薬品局))へ回答を求めることが可能となる)

5月5日時点では17,000名以上の署名が集まっており、当学会(オーソモレキュラー医学会)としても今後の動向を注視しています。

 

感染拡大のスピードを国民一人一人の努力で押さえこもう運動!

ワクチンの候補も50種類もあり、治療薬も従来品の中に可能性のあるものの研究が進んでいますが、いつできるのかはまだ見えない状況です。

 

しかし、新型コロナウイルスは待ってくれません。

 

そのために、今の状況を乗り越えるために必要な栄養素・・・

ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、セレン、マグネシウム、そしてタンパク質(EAA)の摂取。

これらを正しく摂取し、手指消毒を行い感染率の低いカラダ、感染しても重篤化しないカラダ作りが今できる積極的な予防法ではないかと思います。

 

そして、これをできるだけ避けていきましょう!

守りと攻めの予防はどちらも大切です。

 

 

片方だけでは感染する確率が上がります。

感染者を増やすリスクも上がります。

 

これ以上重篤患者が増えれば、癌などの手術治療が必要な方の手術さえ延期せざるを得なくなります。

(集中治療室が重篤感染者が埋めてしまうから。)

関連記事一覧