コロナで炎症を起こす気道や肺を守る栄養素

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

コロナウイルス は「サイトカインの嵐(サイトカインストーム)」という免疫系の細胞から分泌される生理活性物質「サイトカイン」を大量に発生させ肺を炎症させます。

 

通常ではサイトカインは免疫細胞を活性化して、体内の免疫細胞を集めて感染組織を死滅させます。

しかし、コロナウイルス はその働きを暴走させ炎症を広げてしまうというという事なのです。

 

 

ビタミンDが炎症から肺を守る!

オーソモレキュラー医学会ではこのコロナウイルスに対して「ビタミンD」の摂取を推奨しています。

通常ビタミンDの働きは、血管や筋肉、脳や心臓、腸など、全身のいたるところに働きかける栄養素ということがわかっています。

 

特に、免疫に関してはとても大切な役割を担っています。

例えば、花粉症などのアレルギー症状は、免疫の過剰反応が原因で起こりますが、ビタミンDはその過剰反応を抑える(抗炎症効果)働きがあります。

 

今回のコロナウイルスも免疫の過剰反応による肺炎ですので、ビタミンDがとても重要な栄養素であることは想像できるかと思います。

 

以前はビタミンDは魚から十分摂られていましたが、食文化の変化によって、現代はビタミンDの摂取量も減ってしまいました。

 

また、ビタミンDは、食事からだけでなく、紫外線を浴びることでも体内で合成されますが、現在は極度に紫外線を避ける様になり、多くの人はビタミンD不足に・・・。

 

ビタミンDの主な働き

①気道粘膜を強化する

②抗菌ペプチド「カテリシジン」「ディフェンシン」の誘導してウイルスの複製率を下げる

③肺の内壁を傷つけて肺炎につながるサイトカインストームのリスクを軽減する

④抗炎症性サイトカインの濃度を高める

引用:奥平智之医師のブログ「サイトカインストーム」とビタミンDより

奥平先生はオーソモレキュラー医学会で知り合えた先生で、書籍も沢山書かれていていつも学びを頂いています。

写真僕の隣の先生です

 

コロナ対策にはビタミンDはオーソモレキュラー医学会では1日2000IUの摂取が良いと言われています。

参考に↓

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

 

厚生労働省の提示する600IU〜800IUですが、ビタミンD欠乏の現代人にはとてもたりません。

日本人の8割でビタミンDは不足しており、4割で欠乏しているとも言われています。

 

このビタミンDを食材から摂取するとなると、魚介類、卵類、きのこ類などが効率的なのですが、先ほどもお伝えした通り、魚介類にとても豊富で、鮭100gで約23μg(920IU)、しらす干し100gで約46μg(約1840IU)となっています。

 

ちなみに、ビタミンD不足に対処するために、米国やカナダ、インド、フィンランドなどでは、食品にビタミンDを入れる政策が行われているそうです。

 

 

食事から摂るのが難しい場合はサプリメントで補いましょう!

 

僕が家族や自分自身で摂っているサプリメントはこちらです。

これらは僕の信頼のおける栄養学の先生である長嶋さんが、処方を手掛ける医療用サプリメントやサロン専売品になります。

長嶋さんは医療従事者にも栄養学の講義をされています。

 

 

医療用のサプリメントでビタミンD3です。

とても小さいですが、たった2錠で2000IUの量が摂取可能です。

 

 

こちらはサロン専売品のサプリメントでマルチビタミン&ミネラルです。

ビタミンDを2000IU摂取するには約10粒必要ですので、朝晩2回の摂取がオススメです。

 

 

またコロナ対策に必要なビタミンもミネラルも摂取できますので手間いらずの安心かと思います。

但し、ビタミンCだけは量が足りないので、ビタミンCは別途サプリメントで補うと良いかと思います。

 

・・・ビタミンCは食事からでは適正量の摂取が難しいので・・・。

 

今回はサイトカインという本来外敵から守ってくれる免疫の暴走をコントロールしてくれるビタミンDについて記事を書きましたが、感染防止に是非意識して摂ってください!

 

 

 

もしも大切な方やご自身が感染してしまったら↓

患者さんあるいは家族の方が主治医にこの治療をお願いする時はこのサイトの動画を観てもらい、二つの書類をダウンロードして渡しましょう。

 

この治療は自由診療ではなく、健康保険でも認められます。

 

 

二つの書類はこちらでダウンロードできます。

↓ ↓ ↓

COVID-19 Critical Care Working Group

 

 

COVID-19治療にビタミンC点滴を導入する各国の動き

Change.org上での署名活動がスタート

COVID-19の治療に高濃度ビタミンC点滴の認可を求める署名活動が「Change.org※1」上で行われています。
(※1様々な分野における署名を集めるウェブサイト。署名が15,000名に達すると、アメリカ政府(今回の場合はFDA(アメリカ食品医薬品局))へ回答を求めることが可能となる)

4月16日時点では14,000名以上の署名が集まっており(もうすぐですね)、当学会(オーソモレキュラー医学会)としても今後の動向を注視しています。

 

感染拡大のスピードを国民一人一人の努力で押さえこもう運動!

ワクチンの候補も50種類もあり、治療薬も従来品の中に可能性のあるものの研究が進んでいますが、いつできるのかはまだ見えない状況です。

 

しかし、新型コロナウイルスは待ってくれません。

 

そのために、今の状況を乗り越えるために必要な栄養素・・・

ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、セレン、マグネシウム、そしてタンパク質(EAA)の摂取。

これらを正しく摂取し、手指消毒を行い感染率の低いカラダ、感染しても重篤化しないカラダ作りが今できる積極的な予防法ではないかと思います。

 

そして、これをできるだけ避けていきましょう!

守りと攻めの予防はどちらも大切です。

 

 

片方だけでは感染する確率が上がります。

感染者を増やすリスクも上がります。

 

これ以上重篤患者が増えれば、癌などの手術治療が必要な方の手術さえ延期せざるを得なくなります。

(集中治療室が重篤感染者が埋めてしまうから。)

 

世界が日本の新型コロナウイルスとの戦いぶりに注目しているそうです。

世界から見たらまだまだ日本は頑張っているそうです。

 

明るい未来を世界で一番先に掴み取り金メダルとりませんか?!

そして、世界に希望を届けましょう!

 

 

関連記事一覧