緊急経済対策は何があるのか?わかる範囲でまとめてみました

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

いよいよ本日7日に緊急事態宣言が出ます。

皆さんご存知のとおり対象となるエリアは、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で、期間については1ヶ月程度と言われていますので、多分5月6日までになりそうですね。

 

緊急事態宣言でロックダウンでは無いので、日常に大きな変化は無い様です。

 

ただし、商売をされている方にとってはこの様な緊急事態宣言が出される中、事業継続をするに当たって国の経済支援策が気になるところです。

 

早速僕もこの支援の融資制度を利用しましたが、その他にも色々と支援策が打ち出されていますので、ある程度まとめてみましたので、参考になれば幸いです。

 

また、それぞれの支援に関しては各自で調べていただく必要があると思いますが、こんなものがあるんだ!とみていただけたらと思います。

 

そして、何か使えるものがあれば使ってください。

 

緊急経済対策の5本柱

先ず政府は以下の5つを今回の対策案に掲げています。

①感染拡大防止と医療体制の整備、治療薬の開発

・全世帯への布マスク配布

・人工呼吸器、人工肺の確保

・医療機関にマスク、ガウンを優先配布

・年度内にアビガン200万人分を備蓄

 

②雇用の維持と事業の継続、生活支援

・内定取り消しの相談窓口設置

・中堅・中小・小規模や個人の事業者向け給付金制度を創設

・生活困窮世帯に30万円寄付

 

③官民を挙げた経済活動の回復

・感染拡大収束後に旅行や飲食の消費喚起キャンペーン実施

 

④強靭な経済構造の構築

・マスクや消毒液、防護服、人工呼吸器などの国産拠点整備の補助引き上げ

 

⑤今後の備え

・新型コロナウイルスに特化した予備費を創設

 

何となく、社会がこの方向で動いていくんだな〜ってイメージできるかと思います。

ですので、僕たちもこの変化に合わせて自らを変えていかなくちゃいけないんですね。

 

中堅・中小・小規模や個人の事業者向け給付金制度を創設

収入が大幅に減少し、住民税が非課税となる水準まで落ち込んだ低所得者世帯や、中小・個人事業者らへの現金給付は6兆円超を予定。
この措置は、4月7日本日にまとめる経済対策に盛り込まれ、2020年度補正予算案として、衆議院・参議院で審議された後に、予算が成立しますので、その後に公募の詳細が明らかになり、公募が行われるスケジュールです。
返済義務の無い現金給付ですので公募詳細をチェックですね!
■売り上げが急減した中堅・中小企業には最大200万円支給
■フリーランスなど個人事業者には最大100万円支給
■対象世帯には30万円支給
2月以降に収入が減少し、年収換算で住民税非課税水準まで落ち込む世帯が主な対象。
東京23区内に住む会社員で単身世帯は年収100万円以下、専業主婦と子ども2人の4人世帯では年収約255万円以下だと住民税が非課税となる。
住民税を課される収入があっても、急激な客足の減少などで月収が半減した人は給付される。
収入(年収換算)が住民税非課税水準の2倍以下であることが条件。
※年収700万円の人が350万円になっても対象外!

※対象が統計では1000万世帯で、日本世帯数は5,699万6,515世帯のため非常に少ない範囲に効果あり。

■児童手当は子ども1人当たり1万円を上乗せする。(1回限り)
現在
3歳未満:一律15,000円
3歳以上小学校修了前:一律10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生:一律10,000円
■無利子融資を民間金融機関に拡大
民間金融機関:普通銀行,信託銀行,長期信用銀行,相互銀行(1989年以降,第二地方銀行に転換),信用金庫,信用組合,労働金庫,農林中央金庫,農業協同組合,漁業協同組合,生命保険会社,損害保険会社等
※無利子融資は3年間の期間で、その間は通常の利子つき返済額を払い続け、1年事に都道府県がその利子分を借主へ支払うという流れです。
■納税や社会保険料の支払い猶予を行う
【滞納税免除】
2月以降の収入が、1カ月間に前年から2割以上減少していることを条件とし、通常は必要な延滞税の支払いや担保の提供も免除する。
固定資産税と都市計画税を全額免除する。

 

【社会保険料】

企業経営が厳しくなり、一時的に厚生年金保険料などを納められない場合は、1年間の猶予があるが、特例制度が成立すれば猶予期間中に生じる延滞金や担保の差し入れも不要になる見込み。

 

【公共料金】

電気・ガスは5月分までの料金の支払いをそれぞれ1カ月繰り延べ。

水道・下水道料金は自治体によって異なり、例えば東京都、横浜市は最長4カ月間支払いを延期できる。

【携帯電話料金】
NTTドコモKDDIソフトバンクの大手3社が5月末まで繰り延べ。

■雇用調整助成金

今年1月24日から6月30日の期間、会社が労働者に対して解雇をせずに、休業手当を支払った場合、その支払った金額のうちの9割・上限1日8330円(中小企業の場合)を国が助成するという制度。
しかし、緊急事態宣言は、企業の給与手当の支払い義務を「免除」し、賃金不払いを合法化してしまう危険な「副作用」を伴う側面がある。
国も経済を止めないために必死に考えてくれていますので、何とか皆んなで情報の共有をしながらそして予防をしっかりとしながらこの境地を乗り切っていきましょう!

そして収束後の官民を挙げた経済活動の回復案とする感染拡大収束後に旅行や飲食の消費喚起キャンペーン実施で思いっきりお祝い騒ぎしましょう!

 

感染拡大のスピードを国民一人一人の努力で押さえこもう運動!

ワクチンの候補も50種類もあり、治療薬も従来品の中に可能性のあるものの研究が進んでいますが、いつできるのかはまだ見えない状況です。

 

しかし、新型コロナウイルスは待ってくれません。

 

そのために、今の状況を乗り越えるために必要な栄養素・・・

ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、セレン、マグネシウム、そしてタンパク質(EAA)の摂取。

これらを正しく摂取し、手指消毒を行い感染率の低いカラダ、感染しても重篤化しないカラダ作りが今できる積極的な予防法ではないかと思います。

 

そして、これをできるだけ避けていきましょう!

守りと攻めの予防はどちらも大切です。

 

【追加】

糞尿で感染するため、トイレを流す時はふたをして流し、手荒をしっかりと行うことです。

 

片方だけでは感染する確率が上がります。

感染者を増やすリスクも上がります。

 

これ以上重篤患者が増えれば、癌などの手術治療が必要な方の手術さえ延期せざるを得なくなります。

(集中治療室が重篤感染者が埋めてしまうから。)

 

世界が日本の新型コロナウイルスとの戦いぶりに注目しているそうです。

世界から見たらまだまだ日本は頑張っているそうです。

 

明るい未来を世界で一番先に掴み取り金メダルとりませんか?!

そして、世界に希望を届けましょう!

関連記事一覧