免疫細胞を作る栄養素。これでコロナ対策に必要な栄素全ての紹介が完結します

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今回の新型コロナウイルスによって「免疫力」の大切さがあちこちで語られています。

免疫力はカラダの栄養バランスで大きく変わりますので、このブログでも何度も記事にして来ました。

 

600万年前の人類の祖先ならコロナウイルスに感染しない!

コロナ感染者が近くにいても感染しないリアル事例

新型コロナウィルス対策にオススメのサプリメントは何がいいの?

ここでは、世界オーソモレキュラー医学会の提示した新型コロナウイルスに対する有効性が期待できる栄養素を紹介しています。

 

そして、まだご紹介していない栄養素があと一つあります。

 

カラダに必要不可欠なタンパク質

僕たちのカラダでもっとも多い成分は、約7割を占めると言われる水分です。

そして、次に多いのが、2割を占める成分「タンパク質」になります。

 

タンパク質は、筋肉や各臓器、血液や爪、髪や肌、骨や腱などを構成している主成分です。

 

髪や爪は「ケラチンタンパク質」と言われていたり、肌や骨、腱などは「コラーゲンタンパク質」と言われていたりしますので、こう言うワードですと聞き慣れているかと思います。

 

 

さらに、今回問われている免疫機能を司る免疫抗体の原料であったり、エネルギーやホルモン、酵素など、さまざまなカタチでカラダの中にタンパク質が存在しています。

 

ケラチンタンパク質やコラーゲンタンパク質の名称の違いはそれらタンパク質を構成する成分の違いで特性が変わってくるためです。

 

タンパク質を構成する成分は20種類のアミノ酸でできています。

つまり、ケラチンタンパク質とコラーゲンタンパク質はこの20種類のアミノ酸の構成が違うってことです。

 

アミノ酸と言えば

 

 

アミノヴァイタルというサプリメントやアミノヴァリューと言うドリンクを見かけたことはありませんか?

これらは20種類中のアミノ酸を目的別に配合した健康食品です。

 

アミノヴァイタルは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」、別名BCAAと言われるアミノ酸群と、シスチン、グルタミンが主成分の様です。

 

アミノヴァリューはBCAAのみの様ですが、BCAAとは筋肉の損傷、タンパク質分解を抑制するはたらきがあります。

運動などをすると筋肉は傷ついたりエネルギーとして分解されたりします。

それをBCAAは抑制してくれるのでジムに通っている方などは良く耳にするかと思います。

 

僕たち世代はよく知っているシーンですが、1976年に公開された映画ロッキーで主人公のロッキーが朝のランニング前に生卵数個をコンプにパンパン入れて一気にごくごくと飲むシーンがあります。

 

 

この卵の卵黄にはBCAAが多く含まれているので、トレーニング前の摂取はありですが、現代はサプリメントが沢山あるのでやる人っているかな?

 

そういうことで、僕たちのカラダにはタンパク質はとても需要な栄養素なんです。

ですので、お肉、魚介類、卵類は沢山摂らないとカラダは材料不足になるわけです。

水分の次に多い栄養素ですからね。

 

 

でも食事でそんなに食べれない・・・

って方もいるかと思います。

 

また、肉ばかり食べているとカラダに良く無い説もありますね。

しかし、肉だけを食べ続けても全く健康上には影響がないことが最近の研究で分かって来ています。

 

EAA(Essential Amino Acid )を摂ろう!

食事でタンパク質(肉・魚介類・卵等)を摂りきれない時はプロテイン系のサプリメントで補う事が良いのですが、プロテインならホエイ?それともソイ?アミノ酸?コラーゲン?HMB?BCAA?

 

様々な商品が出ていますのでどれを摂ればいいのでしょう?

 

僕のオススメはEAAというアミノ酸サプリメントです。

EAAとは、Essential Amino Acid の頭文字で、体内では生成できない必須アミノ酸9種類のことを言います。

 

食事でそれほどタンパク質を摂れない方はEAAは必須かと思います。

先ほど記載した様に免疫機能を司る免疫抗体の原料になるからです。

 

また、EAAは消化酵素がいらないので、同量で考えるとプロテインの8倍以上の吸収率です。

EAAはAmazonなどでも沢山出ています。

 

 

アスリチア EAAパウダー (500g)

 

 

それに、タンパク質が潤沢なカラダでいることで、癌の手術後の死亡率がまるで違うそうです。

高タンパク食で癌手術後の死亡率は29%が1%にまで下がったそうです。

 

参考資料↓

 

「がん」では死なない「がん患者」 栄養障害が寿命を縮める (光文社新書)

 

 

薬剤に頼りきりだった医療は今手立てがなく、現場の医療スタッフは命をかけて不眠不休状態で患者の対応に追われています。

本当に頭が下がる思いです。

 

ふと気づけば、目の前にいる野良犬や野良猫が悠々といつもと変わらない生活を送っています。

彼らには免疫があり、新型コロナウイルスに感染しません。

 

しかし、化学薬品によって病気と闘って来た人間は免疫機能が退化してしまいました。

答えは目の前に、身近なところにあるはずなのに・・・。

 

詳しくはこちらを↓

600万年前の人類の祖先ならコロナウイルスに感染しない!

 

多少の違いはあれど、同じ好気性生物で哺乳類です。

空気を吸って生きる肺を持ち、食べ物を食べて自身のカラダを維持しています。

 

免疫機能が退化してしまった僕たち人間は、必要な栄養素を適量摂ることで彼らに擬似的に自身を近づける手段が残されています。

 

感染拡大のスピードを国民一人一人の努力で押さえ込む

ワクチンの候補も50種類もあり、治療薬も従来品の中に可能性のあるものの研究が進んでいますが、いつできるのかはまだ見えない状況です。

 

しかし、新型コロナウイルスは待ってくれません。

 

そのために、今の状況を乗り越えるために必要な栄養素・・・

ビタミンC、ビタミンD、亜鉛、セレン、マグネシウム、そしてタンパク質(EAA)の摂取。

これらを正しく摂取し、手指消毒を行い感染率の低いカラダ、感染しても重篤化しないカラダ作りが今できる積極的な予防法ではないかと思います。

 

そして、これをできるだけ避けていきましょう!

守りと攻めの予防はどちらも大切です。

 

 

片方だけでは感染する確率が上がります。

感染者を増やすリスクも上がります。

 

これ以上重篤患者が増えれば、癌などの手術治療が必要な方の手術さえ延期せざるを得なくなります。

(集中治療室が重篤感染者が埋めてしまうから。)

 

世界が日本の新型コロナウイルスとの戦いぶりに注目しているそうです。

世界から見たらまだまだ日本は頑張っているそうです。

 

明るい未来を世界で一番先に掴み取り金メダルとりませんか?!

そして、世界に希望を届けましょう!

 

 

関連記事一覧