解熱剤イブプロフェン系を生理痛が酷くて常用してるけど新型コロナ的にまずい?!

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

3月15日のYahooニュースで「コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬」としてフランスの厚生大臣が発表した記事を目にした方は少なくないはず。

 

厚生大臣は、自身のツイッターで、「新型コロナウイルス:感染者が(イブプロフェンやコルチゾンなどの)抗炎症薬を服用すると、感染を悪化させる要因になる可能性があります。」とメッセージを送りました。

 

実際にウィーンのCOVID-19を研究している研究所の情報によると、3月30日までに亡くなった方は2606人ですが、その大多数はイブプロフェン系を服用していたそうです。

 

 

このイヴプロフェンという成分は生理痛や頭痛の痛みのもと(プロスタグランジンの発生)を抑制する鎮痛成分です。

第二類医薬品として薬局で手軽に購入できる身近な鎮痛剤として常用されている女性も少なくありません。

 

ここで、美と健康! アブラの新常識を!

 

僕たちのカラダは様々な栄養素で構成されています。

その中には、自分で作りだせる栄養素と摂取しなければ作りだでない栄養素があります。

 

例えば先日の記事で書いたビタミンCなどは作り出すことができなので、摂取しなければ体調不良を起こしたり病気になりやすくなります。

 

ですので、食事で考えなくてはいけないことはどの様な栄養素を食べるか?ということです。

ちょっとややこしいし、気にしたらキリがない話ですが、カラダは正直に反応します。

 

その中でアブラも重要な栄養素になります。

アブラを摂ると太ると思う方も少なくありませんが、アブラで太ることは殆どありません。

 

そのアブラの仲間にはやはり自身で作り出せないアブラがあります。

それらを「必須脂肪酸」と言います。

 

脂肪酸の塊がアブラなので、少し細かな構成成分を指してそう言われています。

必須脂肪酸には「リノール酸」「リノレン酸」リノール酸から生合成される「アラキドン酸」などの多価不飽和脂肪酸(非常に酸化されやすい脂肪酸)を必須脂肪酸と言います。

 

そして、アラキドン酸から生合成される生理活性物質「プロスタグランジン」が過剰に分泌されることで生理痛が起きると言われています。

 

アラキドン酸はn-6系(オメガ6)と言われるリノール酸から合成されます。

オメガ6は例えば、コーン油、ごま油、大豆油など揚げ物などによく使用されているので、今は意識して摂らなくても自然に摂取できる栄養素になっています。

 

 

逆に生理痛を緩和する(抗炎症作用)生理活性物質はEPAで、n-3系(オメガ3)に分類されるα-リノレン酸から合成されます。

オメガ3は魚やエゴマ油、亜麻仁油などから摂取できます。

 

 

「オメガ6」と「オメガ3」のバランスは「2:1」の割合が良いとされています。

 

しかし、現代の食事からすると「オメガ6」と「オメガ3」のバランスが「6:1」や「10:1」とも言われ

急激に死亡リスクが高くなっています。

 

これが、アブラはカラダに良くないというイメージを与えているのかも知れませんね。

 

またこのバランスの崩れによって、生理痛が酷くなる方がいるのですが、肌荒れや冷えもこれらのバランスの崩れが関係しているとも言われています。

 

整理中、肌も調子が悪く、お腹や腰が酷く痛くなる方はピンポイントでこれらのバランスが悪いのかも知れません。

 

 

現代人の殆どはオメガ3が不足していて、オメガ6が過剰摂取と言われていますが、特に閉経前の49歳以下の層での摂取不足は甚だしく、厚生労働省によるDHA、EPAの摂取量調査では、1日の必要量(1g)の3分の1にも達していないことがわかっています。

 

つまり、生理痛がひどい方は日常の食べ物を少し見直してみても良いかと思います。

 


そして、今は新型コロナウイルスもまだまだ猛性を奮っていますので、生理痛時や頭痛時にイブプロフェン系のお薬は避けることが賢明です。

 

イブプロフェン系を避けて生理痛をクリアーするには抗炎症効果のあるオメガ3の摂取を意識し、炎症性のあるオメガ6の摂取を控えることが先ず一つの解決策です。

 

そして、ビタミンCも合わせて摂取することをお勧めします!

何故なら、実はビタミンCは副作用のない抗炎症作用があるからなんです。

 

さらに、この期間は当然出血も多くなるので、ただでさえ鉄分が少ない貧血国民と言われる日本人女性です。

経血による貧血がある方はビタミンCは鉄分の吸収を高めるため貧血回避もサポートしてくれるんです。

 

また、免疫機能も高めてくれるので、コロナ感染予防=生理痛対策として一石二鳥でかなりオススメの栄養素の組み合わせです!

関連記事一覧