腐ったシャンプー使っていませんか?

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

最近シャンプーを使うと頭皮がムズムズする・・・

とか、痒いんですけど〜って方いませんか?

 

原因は様々ですが、その一つに腐ったシャンプーを使っている可能性があります。

シャンプー剤に対しては洗剤のイメージがあって腐らないと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、シャンプー剤には雑菌が繁殖しないために「防腐剤」が配合されています。

そのために腐りにくくはなっているのですが、雑菌が繁殖したりカビが繁殖することもあるんです。

 

しかし、ほとんどの方はその事を知らないようです。

逆に「防腐剤悪説」のおかげで、防腐剤未使用って者の方が人気があるようです。

 

シャンプー剤が腐った時に起きる現象の一つとしてとろみのあったシャンプー剤が水で薄めた感じになります。

 

 

敏感な方は直ぐにあれっ?

って思うと思います。

 

また、透明なボトルのシャンプー剤でしたらボトルを斜めにするとトロトロだったシャンプー剤がシャバシャバとしているのが目視できます。

 

泡立ちや使用感などはその時あまり違いがわからない場合がありますが、この状態になるとシャンプー剤の中には雑菌がウヨウヨと泳いでいます。

 

雑菌だらけのシャンプー剤で洗えないですよね〜

でも、知らずに使ってしまうことが多々あります。

 

特にタンパク質(ケラチン、コラーゲン、シルク)などをこう配合していたり、アミノ酸などが沢山使われているシャンプー剤で、防腐剤が極端に少ないものや防腐剤以外で防腐効果を出しているシャプー剤はその傾向にあります。

 

僕の経験では200mlサイズで高濃度にそれらを使用しているシャンプー剤は1ヶ月持ちません。

中には、2週間目にはタンパク質の腐った香りがシャンプー剤の香りと混ざった感じで臭う場合もあります。

 

タンパク質やアミノ酸を高濃度に配合しているシャプー剤は髪に対してとても優しくて良いのですが、それが一つネックとなります。

 

2014年に発売した自社製品のキュベシノブ シャンプープレミアムはシャンプー剤の中でもTOPクラスのケラチンを高配合したシャンプーです。

 

 

特にシャンプー剤では水の次に配合量が多くなる洗浄成分(界面活性剤)にケラチン(タンパク質)のものを大量に使っていますので1ヶ月お風呂場に置いておいても雑菌が繁殖しない方法幾つも考えました。

 

防腐剤を大量に配合すれば簡単でしたが、防腐剤が多すぎると肌刺激が起きる場合があります。

 

自社ブランドのキュベシノブシリーズは「子供でも使える大人のシャンプー」という基本コンセプトがありましたので、防腐剤は配合しますが極力少ない配合量に抑えなくてはいけません。

 

そのため、400mlサイズは問題外、200mlサイズも心配でしたので結果的に50mlサイズにしたんです。

 

50mlサイズですと使い切るのも1週間程度になりますので雑菌が繁殖する期間おお風呂場に置くこともなくなります。

 

このような事を検証して商品化されているシャンプー剤であれば良いのですが、これまでいくつものシャンプー剤を試していましたが、ここまで検証していないシャンプー剤も中にはありました。

 

ですので、防腐剤未使用で髪にとって栄養豊富そうなシャンプー剤は使い方はシビアになって欲しいと思います。

 

できれば、使う時にだけお風呂場に持っていくくらいが良いと思います。

 

髪に良いシャンプーの良し悪しになりますが、作り手の工夫も重要になってきます。

何故なら、どの様な環境でシャンプー剤が使われるか未知数ですので、できるだけ雑菌やカビが生えない工夫が必要です。

 

取り扱いレベルは

①ポンプ式シャンプー剤。

②ワンタッチ式キャップを開けて使うシャンプー剤。

③回転式キャプを開けて使うシャンプー剤。

 

の順番で取り扱いがシビアになっていきます。

 

シャンプーが水っぽい、依然と匂いが違ってきた感じがする。

そんな場合は雑菌やカビが繁殖し始めているかもしれませんので、使用はなるべくなら止める事をオススメします。

 

関連記事一覧