効くヒト幹細胞培養液コスメを求めて

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今スキンケアや頭皮ケアに新たな可能性を示しているのが「ヒト幹細胞培養液コスメ」。

医療行為ができない美容業界では最新の原料に当たります。

 

様々なヒト幹細胞培養液コスメが発売される中、様々な原料流通から調べあげ市場調査をした結果2社の原料にたどり着きました。

その1社は現在商品開発中で5月〜6月に発売予定の「ヒト毛根幹細胞培養液」を使った頭皮用ローションと、「ヒト色素幹細胞培養液」を使った白髪対策に向けた頭皮用ローションです。

 

ブランド名はemu(エミュー)というブランドで発売準備をしています。

 

そして、もう一つはASC-H(ヒト羊水由来幹細胞培養液)原料。

 

 

こちらは再生医療ベンチャーと大学研究機関の共同開発で誕生した高機能性複合バイオ資材です。

この国内流通の権利を持っている商社さんとご縁あって仲良くさせていただいています。

 

そのご縁から、商品流通以前の準備段階から話し合いをもって頂いているナノウォーターミストが今沢山の美容室で高評価をいただいております。

 

 

一度使ったら手放せないほどの効果を実感されている方が多く、ヒト幹細胞培養液の凄さ、そしてヒト羊水由来幹細胞培養液の素晴らしさを実感しています。

 

ところが!!

これだけでも十分と思えるくらいの効果を実感されている方も当然いますが、もっともっと〜!!

 

って、方のためになんと5倍の濃度のほぼ業務用レベルの商材開発のお話を頂きました。

それが、これです。

 

 

試しに触ってみましたが、ヒト羊水由来幹細胞培養液5倍濃度です。

かなり濃い感じがダイレクトに伝わってきます。

 

ここまで必要かな〜?

って思いますが、濃度が濃い方が当然効き目も顕著。

 

商品としてどうリリースするかは商社さんと思案中ですが、現在テストをしているエステサロンでは月に2回の3ヶ月(6回来店)コースで30万円メニューで施術をされているようです。

 

30万円も出しても来店されるほどのメニューですので、相当な結果が求められるはずですし、結果が出なければかなり痛い(汗)

 

そんな高額メニューが継続して行われているので、それなりの効果を期待していいのではないでしょうか?

というか、高額でも継続的にサロンで施術が行われているので商品価値があるという裏付けがあるので、期待しても良いかと思います。

 

そして、気になる流通価格です。

いくらになるのでしょうか?

 

少しでも美容室で手の届きやすい価格帯で落ち着かせたいな〜って考えています。

詳細が決まりましたら、詳しい情報はアンビエンスプロのFacebookフォローページにてお知らせさせて頂きます。

 

 

何故か今年前半はヒト幹細胞祭りのような気がします。

 

関連記事一覧