スプーンネイルは治る!?

カラダの中と外から美肌&ヘアケアを考える

シャンプーソムリエこと関川忍です。

 

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日は仕事始めでした。

そして、年始早々社員さんから素敵な報告があったんです。

 

入社して3年になる50代の女性の爪が良くなったと。

その爪は長年スプーンネイルと言われる変形した爪だったんです。

 

このスプーンネイルの原因には

・ストレス

・鉄欠乏性貧血

 

だと言われています。

 

本人はそんな事も知らず、ジェルネイルでそれをカバーしていました。

 

そうそう、うちの会社に入社したら健康、ダイエット、ヘアケア、スキンケアなどのアドバイスを僕が会話の中で常にしているので、皆美意識が勝手に上がって確実に入社時より綺麗になります。

 

また、必要なものは全て社販で安く購入できるので、まあまあ皆買っています。

そんな中、特にサプリメントはそれぞれに合ったものを定期的に摂取しているようです。

 

これは、僕的に嬉しい社内風土になっています。

そして、購入者はその効果をまた社内で情報交換していますので、女子トークを聞いているだけでより商品の効果が分かります。

 

そんな環境下ですので、スプーンネイルの彼女もサプリメントをいくつか定期的に摂っています。

ビタミンB群、水溶性ケイ素(Zip umo)、コラーゲン等を定期的に購入しているようです。

 

また、家庭的にもストレスなどある様子もなく幸せそうですし、会社はノーストレスに近い雰囲気ですし、鉄を摂っていたわけでも無いんです。

 

つまり、ネットなどに出てくるスプーンネイルの原因はそこでは無いような気がします。

今回彼女が定期購入しているビタミンB群、水溶性ケイ素(Zip umo)、コラーゲンにどうやら原因改善の鍵だったのではと思うんです。

 

では、どうして?

 

先ず爪の出てくる爪根付近ですが、ここが健康であるかどうか?

もう少しいえば、ちゃんと代謝できているのか?

代謝が正常であれば変形はしにくいのでは無いかと思うんです。

この代謝を促すには細胞まで血液の循環ができていることが大前提です。

 

ここは血管の健康状態が重要になってきますが、「ケイ素」は血管の健康維持に重要な微量ミネラルです。

 

また、爪根には爪母基という部分があり、イメージするに真皮層にあります。

真皮層はコラーゲン層ともいける部分ですので、「コラーゲン」の摂取は爪を作る原料補給ともつながってきます

 

また、コラーゲンにはケイ素が必要なことがわかっています。

 

そして、ビタミンB群ですが、肌の代謝などに必要な補酵素ですので、この3種を撮り続けることでスプーンネイルが改善されたのでは無いでしょうか?

 

 

 

 

 

ヒト幹細胞培養液の有用性と原料における違い
ヒト幹細胞培養液が非常に流行ってきています。特に美容クリニック業界やエステ業界ではどこもかしこもです。

ヘア業界はまだまだこれからではありますが、重要なのは高額商品なだけにその製品がヒト幹細胞の特性を活かしているかを見極めることです。

ですが、その見極め方は実際には販売メーカーさん自体あまり知らないのが事実です。

国内で様々なヒト幹細胞培養液の原料を開発し沢山の特許を取得されている株式会社コレイン代表の小林氏がヒト幹細胞培養液の原料レベルからそれぞれの特性を丁寧にレクチャーしてくれます。

【講師】
小林裕司氏
株式会社コレイン代表
 

善玉菌の要となる乳酸菌の働きと腸内環境に及ぼす影響

腸は第二の脳とまで言われるほど私たちの精神や健康に大きな影響を与えています。

美容では肌あれなどにも影響してしますが、その腸を元気にするのが腸内細菌です。

腸内細菌の善玉菌は乳酸菌が主ですが、乳酸菌についての理解を深めるセミナーです。

病院の治療でも使われている乳酸菌原料などのお話や最近話題の痩せ菌につて理解を深める内容です。

【講師】
阿部聡氏
ユニライフジャパン株式会社
ヘルス&ビューティー事業部 部長

シャンプーソムリエを店内に育成し販売力を高める仕組み
そして、田中さんの講演となります。

詳しくは↓

 

https://ameblo.jp/izasekikawa/entry-12559994612.html

 

一人でも多くの方に聞いて欲しいと思いますので、シャンソムやOBMメンバーは是非参加してください!

(シャンソムやOBMメンバー以外の方でも参加可能です。)

関連記事一覧