界面活性剤フリーのシャンプーについて

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

頭皮や髪に対して気を使われている方の中に変わったシャンプーを使われている方がたまにいます。

何が変わっているかって・・・?

 

シャンプー剤なのに「界面活性剤」が使われていないシャンプーなんです。

「この商品は界面活性剤を使っていないので安心してお使いいただけます!」

 

界面活性剤を使っていないシャンプー?

不思議に思って聞き返すと殆どの方が同じ様な説明を受けたと返事が返ってきます。

 

怪しさもあって、なんとも興味深いのでしょう。

 

そして、全ての方に成分を見せてもらうのですが、100%界面活性剤が使われているものばかりなんです。

こういう説明をしてシャンプーを販売しているメーカーさんに直接聞きたいくらいです。

 

以前もパーマ液でGMTという還元剤を配合した商品を、完全剤フリーと言って商品講習をしていた方と話をしたことがあったのですが、僕がどうみてもこの成分は還元剤なのですが・・・。

 

って質問しても、これは還元剤じゃない!

 

と一点張りで、結局それっきり業界でもその商品を耳にすることはなかったのですが、まだまだメーカーさん自体が営業トークのスキルというか、正確性がかけていることがあるんですね。

 

界面活性剤は様々なものに使われていて、料理だって、塗粧とかコーティング剤だって使われています。

界面活性剤の大きな特徴は相反するものの境界領域をなじませるものです。

 

例えば、植物の葉にお水をかけると通常はそのお水は水玉となって弾かれます。

 

これは、水と相反する油の成分があるために弾くのですが、この水と葉っぱの境界をなじませるのが界面活性です。

つまり、界面活性剤が入ることで水を弾かなくなります。

 

これを僕たちの洗浄(洗うこと)に置き換えると・・・?

 

頭皮や髪やカラダの油汚れ。

これも全く同じで、シャワーだけでは油汚れやメイク(殆どが油を使っています)を落とすにはちょと難しい・・・。

 

そこに油汚れやメイクとシャワーの水が馴染む界面活性剤があるとキレイに流れてくれるんです。

 

ですので、シャンプー(クレンジングも)には界面活性剤が使われているんです。

 

そして、それらが悪いと言われる理由ですが次のことが考えられます。

 

カラダに対して害になる。

→油に馴染むので流しが甘いと残ります。

 

乾燥する。

→油汚れの量によって洗浄力(シャンプー剤)は変えるべきですが、変える知識が無い場合は必要以上に油分(油汚れと、必要な皮脂)を取りすぎてしまう。

 

こういうことを正しくクリアーできたら恐怖するレベルでは無くなります。

 

ただし、理想は界面活性剤が無いシャンプーで洗うことには変わりはないです。

・・・ということで、本格的にそういう商品を作ろうと現在実験中です。

 

使い勝手や使用感などなど課題は満載ですが(苦笑)

 

 

関連記事一覧