医薬部外品や医薬品に頼らないスキンケアがオススメ!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

このブログ読者の方でしたら記憶に新しいかと思いますが、9月15日にあげたこの記事

↓↓↓

娘の肌荒れを本気で治しに入ります!

思春期の高3の娘の絢香がニキビができたので皮膚科に行ったのですが、その時出された医薬品で肌荒れ(副作用)で顔中に湿疹ができてしまい、学校にも行きたきたくなくなるほど悩んでいました。

 

そんな娘の絢香を父親としてはもう皮膚科医には任せられない!

(皮膚科医は医者の中で一番勉強してい無い医師が多いと耳にするから余計です。)

 

そして、これまで手荒れ撲滅のために構築してきた薬に頼らない美肌づくり理論を総動員して僕が治してあげようとチャレンジしました。

 

最初の状況はひどい痒みに加えて赤く炎症していましたので、ニキビなのか薬の副作用なのか見分けがつきませんでしたので、カラダの中と外から攻めようと考えました。

 

そんな状況から約2週間経過しましたので状況報告します。

先ず、最初の頃はどうしても痒みが出てしまうので、都度化粧水をつけてもらっていました。

 

初めは高酸化水を使用していたのですが、途中からP-UPウォーターに切り替えました。

 

何故なら、(株)フロンテの吉田社長(30代の美人社長さんです。)も時折ストレスで(多分浜崎君が原因)吹き出物がドカンと出てしまうそうで、その時にP-UPウォーターを使うと意外と早く赤みが引いて吹き出物が消えるということを聞いたからです。

 

実際に絢香に痒いときにこまめに使わせてみると痒みが治まるし、赤みも引いてきました。

 

自宅では、ケイ素石鹸ヴヴアナソープでの洗顔の後はP-UPウォーターとハイドレイブを溶かした水でパックをしてもらいました。

洗顔後は、世界最大の多糖体「サクラン」が超高濃度(日本一)で配合されてるマイコプレミアローションをつけて、外気を遮断し肌を守りながら超保湿をするようにしました。

 

これらは常時自宅で使用しているので買い足しはなかったです。

 

そして、カラダの中は食事は当然低糖質食に!

それでも女子高校生です。

 

友達と遊びに行ったりする時は、まあまあ糖質は摂ってしまうのでそこはファスラボで減塩ならぬ減糖です。

 

水筒のお茶に混ぜて持ち歩かせました。

 

今回は、通常の吹き出物ではなく、薬品によるかぶれも重なった症状のためその他も徹底しました。

 

ガンマリノレン酸

代謝の過程でプロスタグランジンE1という炎症を 抑える物質に変換されます。 アトピー性皮膚炎やニキビなどの 皮膚の炎症を抑えるだけでなく、肌のバリア機能も保ちます。

 

ビタミンB群

皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生を活性化したり、脂質分泌の調整なども行います。

 

ビタミンD

免疫機能を調整してくれます。

 

ビタミンC

美白やコラーゲン生成に欠かせない働きをします。

副腎疲労を軽減するため、ホルモンバランスが整います。

 

フルボ酸(フミン酸0%)

有効成分を必要なところへ選択的に運び、不必要なものを排泄する働きをします。

 

も積極的に摂取!

 

 

そして、赤みも引き始め痒みも治まった7日目以降は肌ずくりのためにレスベラトロール&コラーゲンドリンクを1日1本飲むようにしました。

 

一気に真皮層へ栄養を送り新しい肌を早く作り出したかったから!

ハイドレイヴ (水素) やビタミンCとも相乗効果があります。

そして、あれから約2週間が過ぎましたが、今の現在の状態です。

 

おでこの部分しかお見せできませんが、顔はもうほぼ元どおりです。

おでこはどうしても前髪を学校に行っている時は下げているので髪による刺激もあってやや遅れ気味です。

 

ただし、今は全く痒みもなくなって、前髪を下ろしてしまえば肌荒れは全く気づかれなくなったので、絢香的には一安心と言ったところです。

 

これは全てシャンプーソムリエとオーソモレキュラーの基礎知識があったからこそ。

皮膚科でお手上げだった症状を栄養素と化粧品だけで回復させることができました。

 

昔は栄養なんて・・・って思っていた僕と今の僕は真逆です(笑)

 

知らないのは罪って言いますが、知っていることで大切な人の悩みを取り除いてあげられる事って、とっても素晴らしいことではないでしょうか?

 

これが、美容室に来られているお客様の悩みであったりもしませんか?

肌の調子が悪いとか、最近太っちゃって・・・とか。

 

そういう悩みに向き合える美容師ってお客様的に不必要でしょうか?

 

僕は美しさのお手伝いをする職業であるからこそ、こういう知識も絶対にお客様の綺麗に役立つと思っています。

だから、分子栄養療法(オーソモレキュラー)を応用した美容版教育「オーソモレキュラービューティーマスター」を開講しました。

 

少しでも、栄養学の基礎知識を身に付けたい!

お客様の肌や体の悩みにまで手が届く美容師になりたい!

 

そう思う方は、11月4日(月)に大阪で今年最後となるであろうコースがあります。

1日で基本を学ぶコースですので無理にでもきた方がいいかな〜って思います。

 

 

 

分子栄養療法を美容の世界で役立てるオーソモレキュラービューティーマスターファンデーションコースin大阪募集開始です!

お申し込みは↓↓↓

 

 

関連記事一覧