今の「自分価値」に料金を設定し直して欲しい

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今日の記事は「自分価値」というテーマです。

自分価値とはこのブログでは自分の仕事や顧客に対する価値という意味を持たせています。

 

自分価値が低いのに、給料が安いとぼやいていませんか?

自分価値が低いのに、指名が取れないのはお店のせいとか、お客様のせいにしてませんか?

自分価値が高いのに、自信を持てないでいませんか?

自分価値が高いのに、メニュー料金安くしていませんか?

 

こんな感じで何となく、今日のテーマ「自分価値」のイメージがつかめたでしょうか?

 

ではでは・・・

 

もう来月には消費増税が控えています。

この機に料金改正(料金UP)を考えている美容室も沢山あります。

 

僕はそれに大賛成です。

 

 

いやいや関川さん、料金あげるのって結構怖いんですよ〜。

 

確かに、値上げに踏み切るのは怖いと思う方もいると思います。

 

でも、信じて欲しいです。

自分が今までどれだけ勉強して、お客様に最高の技術やサービスを提供できるように努力してきたのか?

 

お客様の反応も都度良くなっている・・・でしょう?

 

僕は表参道の美容室BLESSさんという美容室へ行っています。

担当はオーナーの武田さん。

 

 

美容室の帰りの一枚

 

行けばカット、カラー、パーマの複合メニューがほとんど。

料金も表参道ですので決して安くは無い方だと思います。

 

でも、そこに行くには沢山の理由があります。

つまり、料金以上の僕にとっては価値があるってことです。

 

多分、武田さんがカット料金1000円あげても全然行くくらいの価値は感じています。

なぜなら、きっとよその美容室でも上手なのかも知れませんが、一から行くと当たり外れもあるので面倒。

 

さらに、武田さんとは色々な経験を共にしているし、勉強しているのも知っています。

さらに、僕の骨格、髪質、似合うバランス、職業、イメージetc・・・色々わかってくれています。

 

だから、安心してお願いできるんです。

そういう色々な僕にとっての価値があるので、1000円の値上げ程度では全然行けるって言えるんです。

 

言いたいのは、お客様側からしたら信頼できる人が少しばかり料金をあげても何とも思わないってこと。

それも1000円以内であればOKゾーンじゃ無いでしょうか?

 

ですので、例えば凄く勉強してて、現場で学んだことを活かせてると思える方は値上げしましょう。

その努力には価値があって、その価値が高くなっていれば、その価値にあった料金設定があって当然だと僕は思うんです。

 

海外で稼いでいる美容師さんは皆んなそうしてきたと思うんです。

でも、日本では何故か安い。

 

ところが、カット料金で10000円取れたらな〜?

客単価20000円取れたらな〜?

 

なんて話を耳にすることがあります。

だったら、それに向けて高付加価値美容師を追いかけて行って欲しいんです。

 

きっと、それは日本の美容業界を変えることにもゆくゆくは繋がると思うんです。

やっていることは相当なことをやっています。

 

・・・でしょう?

 

きっと、自分価値を上げる為に色々な勉強をしていると思うんです。

お客様の笑顔の為に自己投資されていると思うんです。

 

 

投資が成功したら配当が入って当然です。

 

その配当が客数なのか、客単価なのかは場合によって違うと思いますが、今回はせっかく消費増税のタイミングですので、料金設定の見直し、つまり自分価値の改定のタイミングでもあるかと思うんです。

 

カット料金を500円とかあげたら来店しなくなるお客さんがいたとします。

人生かけて美容師しているのであれば、そこは割り切りも必要なんじゃ無いでしょうか?

 

先日もTVにクライアントから毎月500万円〜1500万円のお小遣いをもらっている整形男子アレンさんが出ていました。

信じられないかも知れませんが、それは彼が自分価値を上げ続けて行った結果だと思うんです。

 

金額的に次元が違いすぎますが、自分価値を上げてそれに見合った料金設定は必ずあるはずです。

 

シャンプーソムリエブラシだって、たかがブラシで6800円(税抜)ってめちゃ高いですよね〜。

でも、4月15日に市場にリリースされて8月までの4ヶ月で13000本も売れているんです。

 

 

こういうことを、自身に置き換えて自分価値を見直して欲しいんです。

本当のファンのために自己投資を続ける意志があるのであれば料金をあげて下さい。

 

投資にはお金も時間もかかります。

でも、担当美容師さんにはそうあって欲しいと思うお客様は少なく無いと思います。

 

 

自己投資を続けないのであれば、値上げは危険ですが・・・。

 

だから、安売りを価値とするビジネスモデルはこれ以上勉強しませんけど安くしますからいいでしょう?

という意思を感じませんか?

 

そういう価格になびくお客様はそういうお店が身だしなみを整えてくれます。

しかし、勉強している人に髪をお願いしたいお客様は身だしなみを整えるだけじゃ無いはずです。

 

もっと綺麗に、もっと可愛らしく、もっと艶やかに、もっともっと・・・。

そんな、美意識を持ち続けるお客様を相手に美容師をやっているのであれば、努力と成長にあった自分価値がありますよね。

 

その自分価値が上がっていると自分を信じれる方は何度も言いますがあげましょう。

 

カット料金1000円アップとかは驚かれるかも知れませんが、500円くらいなら全く気にならないです。

(僕だけかも知れませんが・・・)

 

あのおばあちゃんが・・・とかあるのであれば、シルバー料金を設定したりとやり方は色々あると思うんです。

 

何度も言いますが、消費増税のタイミングで勉強している方は、過去の自分価値とさよならして、今の自分価値に設定し直して欲しい。

 

・・・僕はそう思います。

 

 

関連記事一覧