新型キュベシノブ ハイドレイヴ開発中

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今日はキュベシノブ  ハイドレイブをご愛用の方へ事前のお知らせです。

 

ハイドレイヴが美容業界で多くの方へ、薬液施術による頭皮や毛髪への活性酸素の悪影響を認識していただけたかと自負しております。

 

従来までは、SODやカタラーゼといった抗酸化酵素を使ったアフター処理が美容室でできる最善の処置でした。

しかし、それらではまだ不十分な面もあり、SSA主宰の有本さんや(株)C.NEXTさんの力をお貸しりてハイドレイヴが誕生しました。

 

その間、同レベルの水素処理剤が次々に開発され、時にはコピー商品までも出回るくらいにまで認知度が高まってきました。

僕たちの元へはかなり多くの情報が舞い込んできます。

 

その中で、どうしても現行のハイドレイヴではクリアーできない諸問題があり、ハイドレイヴの進化を模索しておりました。

原料メーカーさんや工場の方の意見も聞いたり、様々な努力をしてきました。

 

それは、より使われている美容師さんにストレスなく使っていただきたいという思いがあったからです。

そして、いよいよですが新型のハイドレイヴの姿が見えてきました。

 

 

現在のハイドレイヴと比較しても遜色なく、メリットがいくつかプラスされそうです。

ただし、現行のハイドレイヴを廃盤に突然することはありませんのでご安心ください。

 

何故なら、選ぶのは現場でお客様にハイドレイブを使われている美容師さんだからです。

 

今回協力いただいている方から頂いたデータで見えている水素パウダーの一部をご紹介します。

 

過酸化水素による細胞内の活性酸素発生を抑制する。

通常の細胞核では過酸化水素を使用すると11.2%の活性酸素増加があるのに対して、0.3%にまで抑制しています。

通常の細胞では過酸化水素を使用すると47.2%の活性酸素増加があるのに対して、11.2%にまで抑制しています。

 

活性酸素による細胞死を抑制する。

通常の細胞では過酸化水素を使用(ダイレクトに細胞を漬け込むイメージです、)すると生存率は49.5%のところ、57.1%保持されています。

 

コラーゲンを増やす。

I型の場合約242%増加、Ⅳ型の場合209%増加した。

この実験いよって他のコラーゲンも同様に急激な増加の可能性が考えられます。

 

真皮層にダメージを与える紫外線A波によるエラスチン産生量低下を抑制する。

エラスチンが大幅に低下した細胞が48h後に約158%増加した。

 

毛髪の水分量が増加する。

通常の水に髪が濡らされると2%の水分が減りますが、1.2%増加しています。

 

【参考】

県立広島大学 名誉教授/NOP法人 日本抗老化防御医科学センター 理事長 医学博士 三羽信比古

 

これらのことから、NewHAIDRVEは肌のコンディションを大きく左右するコラーゲンやエラスチンを増加させたり、毛髪の乾燥を抑制する効果が出るのでは?

 

 

という可能性が見えてきました。

 

そして、ハイドレイヴを扱っている全ての美容師さんがなんでできないの?!

って、ずっとずっと思っている障害も取り除くことができそうなので、それも乞うご期待ください。

 

発売は・・・内緒(笑)

 

関連記事一覧