アナーニャの香りを模倣したシャンプー

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今回は、「このシャンプーホント香りがいい!」

と、褒められるキュベシノブシャンプーフレの香りについて記事を書きたいと思います。

 

先ず、シャンプー剤の香りはとっても重要視される方はかなり多い。

更に、よその香りと同じような香りをつけるのは僕的にNG。

 

そのため、常に香りのリサーチを繰り返し、毎月1個くらいは香水を購入しています。

それだけ、シャンプーの香りって難しい。

 

そんな中、フレの香りはかなり当たったと思います。

 

このフレボ香りは唯一無二の香りとも言われ、プチプラ香水の伝説の香りとなったボディーショップのアナーニャの香りを模倣しています。

 

 

香りの特徴は・・・

 

女性らしさの中にも情熱さを感じさせる、爽やかなスミレをはじめとしたみずみずしく香るフルーティフローラルから、スパイシーなアクセントを利かせつつやわらかなムスクとバニラがとけあう凛とかがやく香りです。

・トップノート…ピーチ、コリアンダー、プラム、ベルガモット
・ミドルノート…スミレ、ローズ、フリージア、チュべローズ、スイカズラ、イランイラン
・ベースノート…サンダルウッド、シダーウッド、バニラ、ムスク、ベチバー

 

 

こんな感じの女性像の香りですかね〜。

 

この香りは熱狂的なファンがついていますが、現在絶版のため、オークションなどで祐一手に入れることができる・・・かも知れません。

 

ということで、フレを作るときに一番時間をかけたのがこの「アナーニャ」の雰囲気を出す調香でした。

 

 

もちろん界面活性剤の組み合わせも自称傑作品の一つに仕上がっていますが、一般的なシャンプーのように香りで買ってくれたらいいな〜なんて遊び心でこの香りをつけています。

 

結果的に、香りで購入されるお客様も結構いるようで、嬉しい限りです。

ちなみに、フレは頭皮が油っぽく感じる脂性肌の方や、脂漏性皮膚炎でお悩みの方に使って欲しいシャンプーです。

 

こういう方の場合、洗浄力が高めのシャンプーが勧められるのですが、髪がギシギシにキシム問題がありましたので、そのキシミが感じられない工夫をしています。

 

さっぱり感をシャンプーに求めている方にもお勧めです!

 

そして、アナーニャの香り好きの方には是非お試しいただきたいと思います。

(全く同じでは無いですが・・・)

 

 

関連記事一覧