常用している常磐自動車道で起きた「あおり運転」事件について

  • HOME
  • BLOGs
  • ブログ
  • 常用している常磐自動車道で起きた「あおり運転」事件について

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日、いつも使っている高速道路(常磐自動車道)で最近NEWSでも取り上げられるケースが増えてきたあおり運転事件が起きたことを知りました。

 

僕も車を乗る機会も多いですし、そういう高速道路でのバトルも何度か目撃していますが、まさかご近所の高速道路で起きるなんて!!

 

今回はかなり悪質です。

完全に高速道路を利用する方々の安全を無視、かなり自己中心的な極悪歩道な道路交通法違反しまくりな乱暴な運転です。

 

TV の映像を見てても、頭いかれてるとしか思えない行動でした。

 

 

常磐自動車道は比較的空いてる渋滞知らずの高速道路なので、車はかなりスピードを出して走っています。

そんな高速道路の真ん中の車線に車を横に止める。

 

いくら、後続車に文句を言いたいからって身勝手すぎる気狂い行為です。

 

更に、そのまま車を止めて後続車の運転手を5発も殴るという行為。

流石に、こういう奴はヤバイ!!

 

世間的にもこのNEWSを見て、怖いと思う方、酷すぎると思う方が大半かと思います。

 

ではでは、なぜここまで逆上したのか?

 

後続車の運転手はこういう状況でイラついたのでは?!

あることないこと情報が出ていますが、後続してた犯人の車(オレンジ)。

高速道路を走っているとこんなことがあります。

追越車線を走っていくと、前に車(グリーン)が近づいてきます。

 

グリーン色の車はかなりスピードを落として走っています。

 

 

 

ゆっくり走るのであれば、後続車(オレンジ)は前を走るグリーンの車(今回の被害者)に早く左に退いて欲しいと思うはず。

しかし、一向に後続車が近ずいていることに気づきもしない。

 

 

車中の話が盛り上がって後ろに気づいていなかった可能性も。

事件が起きたのは昼間なので、ある程度車を近づけたら前走車の車中の雰囲気もなんとなく見えたりしますし・・・。

 

そのうち気付くだろうと思ってても、全くマイペースで走り続ける。

当然、後続車はイライラしてくるわけです。

 

 

 

そして、左に後続車(オレンジ)が車線を変更して、どこかのタイミングで追い越し車線に入ろうとするも、中央車線も低速走行をしていたら!!

 

きっと、前を走るグリーンの車に対して、進路を妨害していると思い違いをする可能性が出てきます。

こういう運転手いるでしょ〜。

 

全然、後ろを気にせずに車を走らせている人!

一般道でも、ノロノロ運転で後続車を渋滞させてしまう人。

 

 

ゆっくり走ることが安全運転と勘違いしている人なのかな?

って、思うことがあります。

 

道路を車で運転する時は前後左右に注意を払って運転するのが交通ルール。

しかし、今回被害者になった方は、このルールを犯していた可能性が考えられるのでは?

 

おまけに、夏休みという期間ですので、常磐自動車道も結構車が多かったので、多分、オレンジの車は車線変更をしても、決してグリーンの車の前には行けなかった区間が長かったとも考えられます。

 

また、内側からの追い越しも基本はNGですからね〜。

 

こういう経験は僕も多々あります。

なんで、後ろ見ないんだろうな〜って車、結構います。

 

また、デパートやスーパーの駐車場内に車の進行方向の矢印が路面に書かれて、安全と混雑防止をしていると思うんですが、その矢印を無視して、ある意味敷地内ではありますが逆走する車も結構います。

 

ウインカーを出しっぱなしで走っていたり、ウインカーを出している逆方向に曲がったり。

 

流石に、冷やっとします。

 

車を運転するということは、自分さえ良ければでは済みません。

人を巻き揉む、または巻き込まれる可能性が常につきまとうものです。

 

僕は、追突五回、助手席に乗ってての事故3回くらい経験しています。

ですので、周囲を走る車の挙動には常に不安を感じながら走っています。

 

ですので、車を運転される方は自分が他車に迷惑をかけていないか?

常に、注意を払って運転して欲しいものです。

 

ただし、あおり運転は絶対に良くないですし、今回の事件はいかにイラついても、大人や正常な思考の人はやらないな〜って思います。

関連記事一覧