業態変化は考えすぎるときっかけを逃す!?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

本日で会社の夏季休暇が終わります。

その間、お台場の会社へは2日ほど出てました。

 

結局、お寺やお盆の習慣でゆっくりできるのは今日だけかな〜。

まあ、来週はプラベートの夏休みなので家族とゆっくり過ごしますが(笑)

 

 

めちゃ休みすぎ〜!!

でも、日頃家族との時間をぶっ潰しまくっているので許してください。

 

会社をお台場に移したのは新しい事業をいくつか始めるからです。

 

こういうのって、発想から実行までには数年間の期間はありましたが、発想した段階で準備してきたからこそできるもの。

 

今会社は3つになります。

事業でいえば10個くらいになるかと思います。

 

そして、どれも確実に形ができつつつあるし、投資もしています。

 

僕や役員達はほとんどが口に出したら実行に移す人ばかり。

更に、スピードも速いし、人を巻き込むのも速い。

 

だから、前に進めると思うんです。

色々な人との関わりによって更に次の展開も見えたりもします。

 

 

もう、10年前の業態とは全然違ってきています。

たった10年でこれほどまでに変わるかと思うくらいです。

 

でも、逆に変わらなかった場合を考えるとちょっと怖くも感じます。

 

世の中、やりたいことがある方はたくさんいると思うんです。

やりたいことを人に公言している人も沢山いると思います。

 

 

でも、行動に移せている人とそうでない人が必ずいるのも事実。

僕は思うのですが、早く動かないとタイミングを逃すケースが怖い。

 

自分の年齢や関わる人たちの熱量や状況、更には時代の流れとか、顧客の状況とかそういう色々なしがらみとか条件とかがあるかと思うのですが、先ずは自分はどうしたいのか?

 

そこが一番重要なのかな〜って思うんです。

 

僕はここまでの業態を変えた時に、離れた人もいます。

縁切りをした会社もあります。

 

でも、それで良かったと思えるんです。

僕の人生に必要なかったって割り切れるくらいスッキリサッパリです。

 

最終的に、足かせがなくなり、価値観や目的を共有できる仲間が集い始め今がある。

この先どうなるかわかりませんが、自分の人生を逆算して考えるとゆっくりもしていられない。

 

・・・そんな方もいるのではないでしょうか?

 

業態を変え始めてある程度の形になるまでに何年かかるか?

僕の場合は常に3年後には!

 

 

って思いながらやってきましたが、3年たたないで出来たこともありますし、5年かかったものもあります。

そして、今は1年でできるメンバーが揃い始めています。

 

それは自社のメンバーも、外部のビジネスパートナーもです。

構想はいくらでもできますが、やっぱり実績というか結果どうなの?ってことです。

 

1年前に決めたことが今どこまで進んでいるのか?

10%程度なのか、50%程度なのかでも、大きく人生が変わってくると思います。

 

それは、「人生は有限」だから。

僕は、構想がイメージ通りにできた後、10年間はそれを豊かに楽しみたい。

 

と思ってやっているので、今がそれだとしたら60歳までのことを考えています。

それが後5年経つと65歳。

10年後に満足する業態になっていたら70歳まで。

 

50歳で10年楽しむのと、60歳で10年楽しむのとではやはり体力的にも変わってきます。

楽しむ仲間の年齢も考えると、やっぱり早くに実現した方が楽しめる幅が違ってくるかな〜って思います。

 

迷っている方は、集中して動くべきです!

もし、のらりくらりで動いていないようであれば、それは心からやりたい事ではなかったと諦めるのもあり。

でも、後で悔いが残りそうならやるべき!

…だと思います。

関連記事一覧