肌老化の大敵は糖化!!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

皆さん「糖化」ってご存知でしょうか?

もう数年前から美容の最大の敵は活性酸素による「酸化」よりも「糖化」とも言われています。

 

では酸化と糖化の違いって?

 

簡単に言ってしまえば

酸化は「サビること」

糖化は「コゲること」

 

まあ、パンを焼くと小麦色になりますが、あれも一種の「糖化」です。

 

では、焼く前の真っ白でもっちりふわふわパンが糖化すると・・・

茶色くなって硬くなりますよね。

 

 

これを肌に置き換えると・・・

赤ちゃんの真っ白でプリップリの肌が、くすんでシミだらけになって、弾力がなくなり硬くなる。

 

 

そう言う事です!!

 

えっ!!肌ってパンと同じなの?!

って思うかもしれませんが、ズバリ!

 

肌がくすんでいたり、シミが増えて、弾力も無い感じが・・・って思う方はお肌が糖化しています!

 

 

続いて糖化がどうして起きるか?

 

糖化とは体内で不要な糖とタンパク質が結びついて温度が高くなると「AGEs(最終糖化産物)」という老化物質を生成してしまう作用のことを言います。

 

つまり、糖の過剰摂取は不要な糖を増やしやすいので美容にとっては良く無いんです。

よく、肌荒れで悩む方からのご相談を受けますが、ヒヤリングをすると大体の人は糖質を結構取られているケースが多いです。

 

トースターのような高温でなくても、体温程度でも糖化が始まります。

さらに、紫外線を浴びるとそれが加速します。

 

 

紫外線ではその他コラーゲン層を破壊してしまうので、より一層老けるスピードが速まっていきます。

 

そんな糖化をさせないためには先ずは糖質を控えめにすることです。

糖質とは「ブドウ糖」と「果糖」のことを言います。

 

ブドウ糖の元は砂糖と炭水化物です。

よく炭水化物ダイエットなんて聞きますが、実は肌に対してもプラスのことが多いんです。

 

砂糖や炭水化物は消化酵素の力でブドウ糖になって、エネルギー源になりますが、摂りすぎるとブドウ糖が余ってしまいます。

 

余ったブドウ糖の一部はいざという時の備えとして肝臓や脂肪細胞に貯蔵されますが、そこから溢れたブドウ糖は、タンパク質(特にコラーゲンやエラスチン)と結びついて糖化産物として老化物質に変化していきます。

 

「果糖」の方は、大量生産されて安く店頭に並んでいる野菜ジュースやフルーツジュースから摂ると、めちゃ吸収が早くってあっという間に細胞内に入っていきます。

 

 

実は果糖はブドウ糖の10倍以上の速さでタンパク質を糖化させると言われていますので、このブログを読まれた方は今から意識して欲しいところです。

 

と言うことは、果物って美容には良く無いの?!

って、思った方安心してください。

 

果物の果糖含有量はそれほど多くなくって、さらに食物繊維も含まれているので、少量を食べる分には問題ありません。

 

 

今日の記事に書いたことを意識して糖質を控えるだけでも数日で肌の透明度が変わってきますので、美肌を目指す方は是非やってほしいところです。

 

どんなに高い化粧品を使おうが、肌の老化を促進するものを日々食べ続けていたら美肌になりにくいので非常に勿体無いですしね〜。

 

 

 

関連記事一覧