頭が良くなるファスティング術

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

2日間に渡る日本オーソモレキュラー医学会第一回総会が大盛況に先日終わりました。

この総会に出て改めて、根拠のない都市伝説を信じている医師に命や人生を預けられますか?

 

僕はそう言いたいと思った。

 

本来病気の原因は自分の体質とか遺伝とかもあります。

生活習慣もあります。

 

しかし、それを具体的に修正してくれる医師があまりいない。

手術は上手、薬剤による治療はガイドラインに沿ってミスのない治療をする医師はたくさんいます。

 

しかし、このガイドラインは実は製薬会社が医師にお願いし臨床を行い作り上げるもの。

本来の医療は医師が現場で患者と向き合ってそこに必要な薬剤や術式、そして治療法のアイディアがあり、企業がそれを手助けして作り上げられるべきもの。

 

今の医療は製薬メーカーにとって都合のいい新薬作りの甘〜いフィールド。

いらない薬を大量に作り、そして医師に売り込みお金を儲ける。

 

そこには患者の姿が非常に薄い。

そういう医療の枠を超え、患者にとって最良の治療法を研究する医師の集合体がオーソモレキュラー医学会。

 

僕はそう思っています。

そのため、いらない薬は排除して、出来るだけ体に負担の無い栄養素によって積極的な治療をする。

 

この治療は、病気の原因の根本治療でもあり、治療後は治療前よりも体調も精神状態もいいのが特徴です。

 

こんな治療法があったのか?!

信じがたいことだ!!

 

なんて、思う方もまだまだ少なく無いことは僕もわかっています。

しかし、僕たちは食べたもので未来が作られていることは100%断言できますし、誰も否定できないのでは無いでしょうか?

 

自分のカラダにとってプラスになるものを口にしているのか?

それともマイナスになるものを口にしてるのか?

 

はっきり言って、今の食事習慣はマイナス要因が非常に多いと思います。

それがいつの間にか主食と言われる“あまり食べてはいけないもの”に主役を取られているからです。

 

今回の学会でも様々な分野の専門医が講演されてましたが、共通するのは僕たちは食べ過ぎてはいけ無いものを大量摂取しているってことです。

 

食産業にとっては面白く無い情報ではありますが、命がかかると、きっと受け止めてくれると思います。

何故なら、僕たちのカラダってそうできているから。

 

2日目の講演では初めて聴いて非常に面白いと思ったのが、脳神経の発達、維持、保護および機能向上について「ブレインヘルスと神経栄養因子」と題して、アクアメディカルクリニック 院長/HARU JUICE総監修医の石黒 伸先生の講演でした。

 

キーワードは「Hello BDNF」

 

BDNFとは脳由来の神経栄養因子。

つまり、脳が作り出している脳機能向上のために絶対的に必要なシグナル伝達化合物だそうです。

 

要するに、少し乱暴な表現で言えば、この物質が沢山作られれば頭が良くなり、減っていくと頭が悪くなるってことです。

今このBDNFの研究が始まり認知症などを代表とする脳機能障害の原因と対策がわかってきています。

 

そこに必要なのはやはり食事の最適化!

そして、炎症物質と有害物質の摂取を限りなくゼロに近づけることでした。

 

僕もOBM-FCでここは授業中かなりお伝えしてきました。

 

 

そして、実は脳が僕たちの寿命にまで大きく影響していることがわかってきました。

 

「脳が寿命を制御し得る」という

確かな証拠がある。

 

脳はエネルギー代謝・ストレス耐性・細胞再生能力を

調整するホルモンレベルを制御しており、

寿命に大きく影響する。

 

BDNFのアップレギュレーションは、

ニューロンの老化抵抗性を増加させる。

 

このBDNFを増やす栄養素のお話も沢山ありましたが、ここで誰でも出来る一つの方法をお伝えします。

 

 

その一つがショートファスティング!

例えば、21:00くらいに夕食を済ませて、翌日の13:00くらいに昼食を摂るイメージです。

 

何気に僕はこれに近いことを3年間続けていました。

ただし、16hの時もあれば12h程度の時もありますが、僕の日々の食事パターンは大体こんなものです。

 

多分、3年以上前の時よりはBDNFは増えていると思います。

つまり、3年前より僕の脳は若返っている!

 

・・・そう思いたい(苦笑)

 

よく朝ごはんをしっかり食べることがカラダにとって良いこと。

という習慣がありますが、朝07:00に朝食をしっかり摂ったのなら、23:00に食事が摂れる感じです。

 

これだとなかなか難しいですね。

 

であるならば、夜食べて朝抜きの方がカラダにとってはいい食事のリズムってことになります。

 

講演をされた先生の中にも1日1食で、間食も適度な栄養素を少量摂られている先生がいらしましたが、僕たちのカラダってそれでも十分動けているし、逆にケトン体質になって疲れにくくなるのかな〜?

 

なんて思いました。

 

夜と昼の1日2食が僕のパターンですが、1日のどこかで16h程度のショートファスティングを入れてみてはどうでしょうか?

当然、摂らなければいけない栄養素はしっかりと摂ってのことですけど・・・。

関連記事一覧