がん患者さんに勇気と希望を与える素晴らしい検査

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

昨日から日本オーソモレキュラー医学会第一回総会が東京で開催されています。

僕たちも当然参加して先生方の公演を聴かせていただいております。

 

昨日は日本オーソモレキュラー医学会 代表理事/国際オーソモレキュラー医学会 会長の柳澤 厚生先生のオーソモレキュラー医学未来構想宣言から始まりました。

 

その後の講演は

 

循環腫瘍細胞検査(CTC検査)とがん治療

喜多村 邦弘先生
医療法人喜和会 喜多村クリニック 院長

 

歯科領域における水素の活用

辻 直樹先生
医療法人医献会 辻クリニック 院長

 

アンチエイジング医療におけるホルモン・ペプチド療法

松山 淳先生
日本オーソモレキュラー医学会 理事/医療法人社団松寿会 松山医院 理事長
群馬統合医療センター センター長

 

口腔と全身 Gatekeeperの責務とは

森永 宏喜先生
森永歯科医院 院長

 

アルツハイマー病の個別化治療の臨床

今野 裕之先生
ブレインケア・認知症予防研究所 所長

 

精神科臨床における栄養精神医学の重要性

奥平 智之先生
日本栄養精神医学研究会 会長/医療法人山口病院 精神科 部長

 

とどれも興味深い内容で日本の医療、それも栄養療法の効果や僕たちの未来の健康に明るい兆しを十分感じる事ができました。

 

その中で、循環腫瘍細胞検査(CTC検査)とがん治療の公演について記事を書きたいと思います。

がんと診断され摘出手術を受けて、一応腫瘍を全て取り除き、手術は成功。

 

この場合その後は経過観察を行います。

患者さんからしたらこの経過観察の診療と、その後の説明がものすごく不安だと聞きます。

 

何故なら、再発という可能性を診療しているからです。

不安な日々を送る事は想像以上に精神的にも辛いかと思います。

 

このがんの再発には「がん幹細胞」が体の中に残っている事が原因になってきます。

これを循環腫瘍細胞(CTCs)と言います。

 

しかし、このがん細胞は血液中に流れているのでその後どうなるか分かりません。

 

そして、このがん幹細胞によって転移、再発が起きると治療は非常に困難を極めて非常な労力を要します。

 

このがんの再発をより積極的に見つけ、さらに積極的に根治を栄養療法で対処できる新しい検査方法がCTC検査と言います。

そして、転移、再発を未然に防ぐ対処ができるんです。

 

この検査で転移、再発する前にわかる事が

・進行が早いタイプのがんなのか、遅いタイプのがんなのか?

・どういう治療が最適か?

・増殖しやすいがんなのか?

・転移しやすいがんなのか?

・アポトーシス(細胞死)が困難なタイプなのか?

・炎症を起こすがんなのか?

・どういう治療に抵抗性が高いのか?

・・・etc

 

こういう細かな項目、多種のがん細胞を見分けその状態に合わせて積極的な対処が可能となる検査方法です。

 

実際に僕の身内でこの検査を受けて対処できているのですが、まあものすごい検査データです。

抗がん剤などの体力を消耗させ、命を削ってがんと闘う従来の治療法よりも遥かに合理的で、効果の高い新しいがんとの戦い方なのです。

 

1回の検査費用は40万円くらいと結構かかりますが、その後の転移、再発を考えたら安いものでは?

と僕は思います。

 

ただし、僕の場合はその検査データの分析力や対処力が頼りにならないクリニックを使ったので、心配で柳澤先生に相談し、検査データを見ていただき、適切な対処法を支持していただきました。

 

このCTC検査について講演された喜多村先生には懇親会でお話しさせていただき、より多くのクリニックでの導入のお願いと合わせて、解析力が高く正確な患者への説明、そして対処法を正しく伝えられる先生が増えてほしい事をお伝えさせていただきました。

 

中央女性:井手口先生、中央男性:奥平先生

 

その後は、日本スーパーフード協会の理事である井手口先生や「精神科臨床における栄養精神医学の重要性」公演をされた奥平先生とも美容業界とオーソモレキュラーの話で盛り上がりました。

 

奥平先生はこの様な分かりやすい栄養学の本も書かれています。

 

 

先生方も美容業界でのオーソモレキュラーの広がりに力をお貸しいただけそうで非常にワクワクした話ができました。

また、気さくにFacebookでもお友達として繋がりましょう!

 

と積極的に申請を希望されたので僕たちとしては大収穫です。

 

本日も10:00〜17:00まで素晴らしい功績を残されている先生方の公演を聴いて勉強させていただきます。

関連記事一覧