新型MacBook Pro購入までのエピソード

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先日の沖縄出張の最終日に2013年に西日本で販売機種代位一号として愛用していたMacBook Airが沈黙。

自宅に帰り再起動のあらゆる手段を行うも完全に沈黙。

 

仕方なく、新型を購入する時がいよいよきたかな〜。

 

この事件をFacebookに投稿すると、まずは僕の絶大なる信頼をくオーティアットのまちゃから

 

 

まちゃは僕のビジネススタイルを熟知してくれているので何かと助かります。

そして、MacBook Proの13インチ、512GBともアドバイスもらっていたので購入するにはこれしかない!

 

と思いつつApple Store表参道店に行こうかというFacebook投稿をしたところ、表参道の美容室BLESSの武田さんから工事中で混んでいると。

 

さらに僕が良いイメージを持っていない銀座店にも良いスタッフがいるからそっちの方が今回いいんじゃない?

の情報が・・・。

 

 

流石、Mac歴長い武田さん。

 

僕にとってMacは仕事の必須アイテム。

これがないと死んでしまいます(汗)

 

それだけ重要なビジネスツールのため、まちゃと武田さんのアドバイスを受けて早速アップル銀座店へ!

 

店内は相変わらず混んでしましたが、目があった定員さんを早速捕まえて事項を説明。

 

当然、Macが無いと仕事にならないので、沈黙を続けている2013年モデルのMacBook Airの修理の申し出もしつつ、後継機となる新たな相棒の購入を定員さんに告げるとものの10分で購入終了!

 

そういえば、2013年モデルもまちゃと大阪にいた時に買ったな〜なんて。

 

後継機のMacBook Proの購入後は4階にあるGenius Barへ。

 

 

銀座3丁目の歩行者天国を上から眺めること5分。

カウンターに通されて以前沈黙しているこいつを定員さんに見せると・・・。

 

 

どうも原因がわからないので、少し預かって中を見てきますとのこと。

 

どうなのかな〜なんて思って待っていると

「原因がわかりました」

 

「中が液体に侵食されています」

 

「修理するには8万円以上はかかりますが・・・」

 

やっぱり、あの時のアレが原因だったのか・・・。

 

以前、ホテルでコーヒーをこぼしてしまい、なんとか動いてくれていたようで、多分そのコーヒーに最後のトドメを1年くらいかけて刺されたのだと思いました。

 

そして、修理不可能ということで、アップル銀座店に引き取っていただきました。

 

このブログも早速新型で書いてみていますが、かなり使いやすい!

 

流石、6年も経つと色々と性能が良くなっているな〜なんて思っていたのですが、USB-C になっているし、大量のデータはこいつの中に収まってますが、刺すところが無い!

 

 

ということで、アクセサリーをネットで追加購入し、アダプターも自宅と会社ようで2個追加購入しました。

 

これでほぼ万全の体制に整ったかな?

 

今回はMac愛好者のまちゃと武田さんのアドバイスで無事緊急事態を回避できました。

お二人にはホント感謝です。

 

 

 

 

7月には僕と一緒に日本オーソモレキュラー医学会の第一回の総会で最新の栄養学情報をGet!!

しませんか?

 

申し込みは↓↓↓

関連記事一覧