self P-UP®︎加工ができるキットが出るらしい

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

商品やメーカーが信用されるってこういうことなんですね〜。

色々なご縁があって、美容業界に広げようと1年半前に情報発信やセミナーを各地で開いたP-U P®︎製品。

 

今はあ〜あれね!

 

なんて、軽く受け留めて下さるケースが増えてきましたが、当時はP-UP®︎???

よくわからないけれど・・・ってお付き合いでセミナーに足を運んでくださった方がほとんど。

 

信用って大切ですね!

 

そんなセミナーでの商品体験で皆さん

「これっていいかも?!」

 

 

って、理屈よりも体感で認めていただけたのがこのP-UP®︎の代表的商品であるテラアクティブ ステッカー。

 

 

最近美容師さんのセミナーに足を運ぶといろいろなところにこのステッカーを貼られている方がちらほら見受けられる様になりました。

 

このステッカーの特徴は、テラヘルツ波という1秒間に38兆回の振動を転写されたステッカーです。

 

もうこの段階で

・・・テラヘルツ波?

・・・1秒間に38兆回の振動?

・・・それを転写?

 

もうこのワンフレーズだけでもよくわからない言葉が出てきます。

 

そのため、この商品を広げるために各地で美容師さん方に集まっていただき体験中心のP-UP®︎セミナーをレアキャラの吉田社長に出張っていただき伝えてきました。

 

 

記念すべき第一回目は昨年の2月に滋賀県のシャンプーソムリエ講師サロンであるブルーさんでした。

 

 

懐かしいですね〜。

 

こういったセミナーを通じてとってもいい商品だよね〜って、美容業界での認識が変わって僕も信用を落とさずに済みました。

 

更に僕自身も商品に対する自信が持てる様になりました。

 

そして、最近ではファッション誌などにもこのステッカーが紹介されるようになったりと社会的にも認知され初めています。

 

また、近々女性ファッション誌で取り上げられるそうですよ〜。

 

このP-UP®︎はあらゆるものを加工できるそうです。

これを考案された松村会長は非常にアイディアマンで、公共事業でも松村会長のある発明品が使われています。

 

現在は目に見えないP-UP®︎波の特許も取得されましたので、さらに安心しておすすめできる様になりました。

 

そして、今かなりの勢いで売れているシャンソムブラシもこの加工を施しています。

 

 

デザインとピンの硬さや構造自体でもかなり評価は高いのですが、そこに隠し味でP-UP®︎を施しています。

 

 

また、洗顔ブラシもブラシづくしですがかなりのヒット商品として売れ行き好調です。

 

P-UP®︎加工を施すことで体調にプラスの変化が起きることがデータうんぬんよりも使われた方の声で確実に感じる事ができます。

 

 

という事で、ステッカーをくつの中敷に貼っても効果が出ますので、セルフP-UP®︎加工シューズが出来ちゃいます。

 

って、これがselfP-UP®︎加工のご紹介ではありません。

ステッカーを貼るのも限界があります。

 

P-UP®︎は体に触れている間は、半永久的にその効果があると言われています。

 

例えば・・・

・マッサージを受けたような血流促進やリンパの流れを良くする効果

・電気機器の電磁波カット

(僕は携帯やPC、電源などに貼っています。)

・ケイ素や炭はもともとテラヘルツを持っているので、それらとP-UP®︎が触れ合うと共振共鳴現象によってパワーが増幅

etc・・・。

 

こういう効果があるので、身につけるものはなんでもP-UP®︎加工したくなってしまいます。

インナーとかも欲しいな〜って思っていたのですが、昔やっていた事があったそうです。

 

そこで、身の回りのものをステッカー以外でselfP-UP®︎加工ができる商品が開発された様です。

 

selfP-UP®︎加工を例えばハサミにすると、傷つきにくくなったり、汚れにくくなったりしながら、上記でご紹介したP-UP®︎の効果がハサミに宿ります。

 

メガネの場合は、レンズが傷つきにくくなり、かけていたらP-UP®︎を頭部で感じる事ができ目の疲れがないとか聞きます。

うちの濱ちゃんはやってます。

 

時計やネックレス、指輪なんてかなり体に密着しますので、効果が楽しみなくらいです。

 

携帯なども落としても壊れにくくなるほど強度が上がりますし、電磁波も当然カットしてくれるので携帯の加工をするならP-UP®︎加工しちゃった方が付加価値が高いかな?

 

ちなみに僕の携帯とPCはステッカーを貼っていたのにも関わらずselfP-UP®︎加工をしています。

ブルーライトによる障害も減らしてくれるそうなので。

 

すでにP-UP®︎商品になっているものも良いかと思いますが、オリジナル性に興味がある方は自分だけのP-UP®︎製品を作ってみるのも面白いかと思います。

 

商品名はちょっとここまでの説明とイメージが違いますが「MAMORU」って言うそうです。

 

そうそう、selfP-UP®︎加工は5分で完了です。

まあ、僕は慣れてなかったので10分はかかりました(汗)

 

・・・でもメチャカンタンです。

 

 

selfP-UP®︎加工のポイントはコレ!!

・・・と他1アイテムです。

 

まあ、このサイズで①メガネ、②指輪、③ネックレス、④時計、⑤携帯くらいは加工できると思います。

ややコストはかかりますが、半永久的にP-UP®︎製品となるので、大切なものならアリかと思います。

 

僕は、指輪とか貴金属にP-UP®︎加工してプレゼントするのをやってみたい!

って思いました。

 

 

まだ、順調に販売できる段階ではなさそうですが、詳しい情報はそのうちWEBサイトかfacebookのP-UP®︎グループページで公開します!

 

 

 

 

 

 

 

7月には僕と一緒に日本オーソモレキュラー医学会の第一回の総会で最新の栄養学情報をGet!!

しませんか?

 

申し込みは↓↓↓

関連記事一覧