生理前の下腹痛・頭痛・腰痛やイライラ・怒りっぽいって方の症状を緩和する方法

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

女子には生理という月経がありますね。

 

そんな月経前にいつもと体調が違う、精神状態も違うっていう女性は少なくない。

その症状をPMS(月経前症候群)と言います。

 

 

本人も辛いと思うのですが、周囲の人も気を使う期間でもあります。

そんなPMSの原因と対策についての記事になります。

 

PMSの症状が現れ始めるのが月経開始の3~10日くらい前。

 

そして、月経が始まるとその症状が無くなります。

 

その症状の一部をあげると・・・

 

[身体的症状]
下腹痛、頭痛、腰痛、にきび、便秘、倦怠感、むくみ、おなかの張り、乳房の張り、吐き気など様々です。

複数の症状が起きると結構大変かと思います。

[精神的症状]
イライラ、怒りっぽい、攻撃的になる、不安感など…。

見ててなんとなくそうかなぁ〜って思える場合もあります。

 

女子はこの辛い症状を和らげるためにロキソニン、ボルダレン、カロナールなどを服用したり、低用量ピルや漢方でなどを服用する方もいます。

 

その他にもこの症状を和らげる方法としては食事の工夫も挙げられます。

 

それが、コーヒーや糖質、アルコール類などの摂取は控えめにすること。

 

コーヒーなどに含まれるカフェインはイライラや緊張感を高めたり、下腹痛や乳房痛の原因になるそうですので、PMSが辛い方は意識して摂りすぎを避けることをお勧めします。

 

また、この時期は甘いものが食べたくなる人もいます。

 

甘いものの食べ過ぎは血糖値の急上昇や急降下(グルコーススパイク)につながり、低血糖に陥りやすくなって倦怠感や憂鬱感をもたらしますので我慢してください。

 

この時期に摂りたい栄養素としては、神経を落ち着かせる作用があるマグネシウムやカルシウム。

 

その他には女性ホルモンのバランスを整える働きがあるビタミンB6、ビタミンEはお勧めです!

 

そして、これらを手軽に摂取するサプリメントもあります。

 

それが…

 

BODY PURE マルチビタミン&ミネラル プロ

 

ビタミンA:680.9µg、β-カロテン:8982.4µg、ビタミンC:390mg、ビタミンD:4.9µg、ビタミンE:110mg、ビタミンB1:46.9mg、ビタミンB2:20mg、ナイアシン:78mg、ビタミンB6:46.9mg、葉酸:315.6µg、ビタミンB12:70µg、パントテン酸:154.3mg、カルシウム:32.5mg、マグネシウム:189.3mg、ヨウ素:29.8µg、亜鉛:8mg、セレン:78.1µg、銅:0.8mg、マンガン:2.3mg、クロム:90.3µg、シトラスエキス:50.8mg、黒胡椒抽出物:5mg

 

肌にも効果的なビタミン類もバランスよく配合されているのでこの時期ニキビなどが出やすい方にも勧めです!

 

そして外出の時は1日分(7錠)が小分けされた携帯用もありますので安心です。

 

 

OBMフェンデーションコースにご興味のある方は↓

 

TSUTAYAイベント情報

 

7月には僕と一緒に日本オーソモレキュラー医学会の第一回の総会で最新の栄養学情報をGet!!

しませんか?

ヘルスケア従事者の一般申し込みで15,000円です。

2日間でこれだけのボリュームで15,000円はかなりお得!!

申し込みは↓↓↓

関連記事一覧