シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

数日前の夜、何かを食べて飲み込んだ瞬間。

・・・あれ?これは来るな〜って違和感を感じたんです。

 

するとその数秒後「ヒッ!!」

また数秒後「ヒッ!!」

 

そう「しゃっくり」が始まったんです。

 

 

しゃっくりの原因は横隔膜が痙攣を起こしその影響で声帯の筋肉も同時にキュッと閉じてしまう症状です。

余談ですが、焼肉の「ハラミ」はこの横隔膜です(笑)

 

 

声帯の筋肉が閉じると気管が狭くなるので、カラダが息をもっと吸い込もうと反応してしゃっくり特有の「ヒッ」っという音が出てしまうそうです。

 

この止め方にはいくつかの方法があります。

 

舌を指で30秒程度引っ張る

両耳の穴に人差し指を30秒程度入れ続ける

びっくりさせる

冷たい水を飲む

息を止める

 

まあ、だいたい人から聞いてもネットで検索してもこんなものでしょう。

 

さて、その後寝てもずっとしゃっくりが止まらなかったんです。

 

だいたい、長いと48時間くらいから1ヶ月くらい止まらないケースもあるようで、僕もこれは・・・。

 

って、覚悟していました。

 

翌朝起きるとしゃっくりは止まっていたのですが、会社に行くとまた始まってしまいました。

(一晩中しゃっくりが止まらないと喉が痛くなります)

 

会社では、突然後ろから「ワッ!!」なんて驚かされましたが、全く止まりません。

もうしゃあないな〜って僕は気にしていなかったのですが、周りが気になるらしく、色々心配してもらいました。

 

昼食をとると止まりました。

治ったかな〜って思いきや、しばらくするとまた再開!

 

流石にその後セミナーがあったので、しゃっくりで病院に行くと医者がやるという舌を思いっきり引っ張るという止め方もしてみたのですが、全く効かず・・・。

 

その他、冷たい水も飲みましたが効かず・・・。

 

どうにも止まらずにセミナーのため会社を出たわけです。

 

そこで、なんとか止めようとある方法を思いつきコンビニへ!

 

 

そこで購入したのが炭酸水です。

先ずは、炭酸水を口に含んで下を向きながら一気に喉に流しこんでみました。

(薬を飲む時の水の飲み方です。)

 

これは、残念ながら効きませんでした。

・・・ダメか。

 

続いて、姿勢を正して炭酸水を口に含んで正面を向きながら一気に喉に流しこんでみました。

すると、数秒後にくるヒッ!!が来ません。

 

お〜!!止まった。

 

これで約18hのしゃっくりは止まったかに見えましたが・・・その数時間後にまた・・・(汗)

そして、また姿勢を正して炭酸水を口に含んで正面を向きながら一気に喉に流しこんでみました。

 

すると、数秒後にくるヒッ!!が来ません。

これは効き目があるな〜と思い今度はきそうな感じの時に同じことを繰り返してみました。

 

これで、その後24h以上しゃくりが出ることはありませんでした。

 

炭酸水による血管拡張効果なのか理由は定かではありませんが、しゃっくりでお困りの時には是非炭酸水も試してみてください。

 

 

関連記事一覧