進化型水素トリートメントに注目

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

先月沖縄で進化型の水素トリートメント「H.A.T」のセミナーを開催させて頂きましたが、すでに導入されたサロンのお客様からはやって欲しいとの声が多々あるようです。

 

こういったお客様の場合はそのままH.A.Tを行う場合よりも、他店からまずは縮毛矯正などで来店し、その後のメンテナンスで月一で通いたいという方がほとんど。

 

これは、このH.A.Tで使用する酸トリの基礎情報セミナーを全国で開催した時に、クセを伸ばすのが酸トリでは無いと伝えてきた事がそのままサロンメニューで効果を出している証拠です。

 

 

酸トリはその薬剤の特性上最後にアイロンで熱を加えます。

この時に多少クセが緩む方が髪質上いるのですが、その効果をさらに求めたのが酸熱系と言われるストレッチメニューです。

 

しかし、あくまでもストレッチですので、矯正をかけたようには行きません。

それにもかかわらず、矯正と同じ効果を求めてしまうと物理的ダメージを逆に与えてしまいます。

 

 

まるで、矯正をやったかのような仕上がりにその時はなります。

しかし、経時変化でゆっくりと元のクセが出てきます。

(中には出にくい方がまれにいますが・・・)

 

その特性上、サロンベースではクセを伸ばすのは縮毛矯正。

ダメージが激しい場合はアルカリゼロでクセを伸ばしたりをする事で、ダメージを極小に抑える事が可能です。

 

 

こんな感じですね!

 

そのあとに、質感を維持するために酸トリが正しいセオリーになて来ます。

このセオリーに水素などを加えた酸トリの進化系がハイドロゲン・アシッド・トリートメント(H.A.T)なんです。

 

 

この理論とマニュアルを考案されたのがSSA&有本塾主宰の有本さん。

 

そして、この理論とマニュアルを伝える場が「H.A.Tセミナーです」

 

以後開催日をお伝えしますので、近くで開催される時は是非来場ください。

 

関連記事一覧