シャンソムブラシが大好評!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

4月に発売させて頂きましたシャンプーソムリエスカルプブラシ、略してシャンソムブラシが大変好評を頂いております。

 

そこで、沢山の喜びの声やブログやFacebookでのよかった〜って声をまとめた、シャンソムブラシで体験できるコトをご紹介したいと思います。

 

 

先ずは、開発秘話から・・・

 

僕たちシャンプーソムリエはお客様にマッチングしたヘアケア剤をご紹介するプロフェッショナル。

そのため、日々お客様のヘアケアのご相談にのって様々なアドバイスをさせていただいております。

 

そこで気づいたことが、適切なヘアケア剤も使い方が間違っていると効果が出ない。

逆に、逆効果ってこともあるってことです。

 

頭皮が敏感で、髪も傷んでいる場合アミノ酸系界面活性剤や両性界面活性剤などを主剤としたシャンプー剤をお勧めする場合があります。

 

通常ならば頭皮環境や髪のコンディションが改善されていくはずなのですが、頭皮がベタついたり痒みがひどくなったりされる方がいます。

 

何故なら、保湿力が高い界面活性剤は残りやすい。

 

美容師さんの中でもそういう界面活性剤を主剤としたシャンプー剤を

「あのシャンプーはベタつくから」

 

と説明される方も沢山います。

 

しかし、ベタつく程のシャンプー剤は界面活性剤というより保湿成分が多量に配合されたシャンプー剤。

例えば「グリセリン」「〜油」という成分が多く配合されているものがその代表的なもの。

 

アミノ酸系もベタインを代表とする両性系も保湿性はありますが、ベタつきまではまずあり得ません。

 

では、何が原因なのか・・・?

 

その原因が流しが足りていないってことです。

つまり、そういうお客様も、そういうシャンプー剤をベタつくと言い切ってしまう美容師さんも、流しの大切さを知らないんです。

 

最近はヘアケアを重視し始めている美容師さんはお客様に、シャンプー剤を勧める以前に洗い方をしっかりと伝えるステップを大切にされています。

 

でも、そうは言ってもなかなか流しって時間が必要ですし、腕も疲れます。

だって、3分くらいやらないとダメだから(苦笑)

 

そこで、もう少し時短ができて綺麗に流せる方法を考えた末に生まれたのがシャンソムブラシというわけです。

 

 

正に美容室で髪を洗ったような頭皮と髪のコンディションを毎日自宅で再現できる美髪ツールです。

 

では、実際にシャンソムブラシを使われた方達の声をご紹介します。

 

【シャンプー担当の美容師さん】

お客様の髪をとかしていくとツルツルとした滑らかな髪質になります。

トリートメントをつけてとかすと、今までのトリートメントよりも手触りが良くなっていきます。

自分の頭皮を丁寧にとかし続けると、数日後には頭皮が柔らかくなっていきます。

 

 

【一般の方】

気持ちがいい。

とかしていると髪がトゥルン、トゥルンになる。

数日使っていたら髪質が変わった。

夕方まで頭皮がべたつかなくなった。

頭皮のボリュームが出るようになった。

頭の匂いが気にならなくなった。

ブローで使うと髪の収まりがいい。

 

【その他】

顔が上がる。

肩こりが無くなった。

 

と様々な変化を実感されている方が現在急激に増殖中です!

 

シャンプー剤を選ぶ、またはお勧めする前に先ずはこう言ったシャンプーの基本ができてこそ、マッチングしたシャンプー剤やトリートメント剤が活きてくるというもの。

 

・・・ではないでしょうか?

 

ピンの形状、硬さ、そして究極のテラヘルツ加工(P-UP®︎)を施した、シャンプーソムリエが真面目に考えたシャンソムブラシ。

 

6800という価格は伊達じゃない・・・かもしれませんよ。

 

因みに、新規のお客様で「シャンソムブラシ」を目当てに来店された。

なんてことも耳にしますので、意外と話題の商品になるのかも知れません。

 

その話題を自らも広げるためにTSUTAYAさんのイベントのシャンプー教室でもシャンソムブラシはご紹介していく予定です。

 

 

沖縄、福岡で6月、7月で開催が決まっていますので、近隣のシャンソムブラシ取扱店さんはご紹介させて頂きますので、うちでよければ!

 

という方は

エリア(沖縄or福岡)

サロン名

住所

連絡先

を僕までFacebookのメッセンジャーで教えてください。

 

もちろんシャンプー教室ですので、シャンプーソムリエ在中の美容室もご紹介します。

(本部に名簿がありますので、ここはご連絡不要です。)

 

関連記事一覧