商品なんてどうでもいい!もっと大切なことはコレだ!!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

究極のヘアケアについて考えました。

先ず初めに美容室で使う薬剤があります。

それらは、ある一定の水準を超えた美容師になると自由自在にコントロールできるようになうになります。

 

つまり、決して薬剤によって大きな結果のブレが無いってことです。

ここに究極のヘアケアのヒントがあります。

結果のブレとは、染まらない、染まりすぎ、パーマがかかった、かかっていない、傷んだ傷んでいないなどのブレです。

 

ではでは・・・

ヘアデザインを楽しみながらの究極のヘアケアって聞かれたら何と答えるでしょう?

 

「適切なシャンプー剤を使うこと」と答える方もいることでしょう。

「しっかりとトリートメントをすること」と答える方もいると思います。

「洗い方」って答える方もいるかも知れません。

 

でも、ヘアケアの相談って、シャンプー剤とかトリートメント剤について多くないですか?

「今●●ってシャンプー使っているけど・・・どう?」

「トリートメントは〇〇っていうの使って、毎日しっかりしているけど・・・どう?」

 

ってことになりませんか?

 

時には、使うドライヤーやアイロンも拘っていたりも。

 

でも、極論からしたらです。

やっぱり髪の素材から考え無くてはいけないので、美容室選びから考えるべきです。

つまり、パーマやヘアカラーでの施術ミスによる髪のダメージの進行スピードがポイントです!

 

この進行スピードが遅い美容室を選ぶ事からヘアケアはスタートします。

そこで一つの判断基準としてですが、「SSA」や「有本塾」という美容アカデミーに行っている人が働いているかどうか…?

は、あてになる基準だと思います。

 

 

そして、最近は一般の方にSSAや有本塾に関して聞かれることもあり、その時僕がお渡しする説明文をご紹介します。

少し固いですが、SSAや有本塾をあまり知らない方はじっくりみて欲しいところです。

↓↓↓

 

SSAは美容業界の未来を担う次世代の教育者を育成する、選抜された理美容師のためのアカデミーとして、熊本県の髪工房SOEN.LABO の有本氏を主宰に独立運営の教育団体として2011年に設立されました。

その後、全国の理美容師の知識レベルの底上げを目的としたSSA地方校が2015年から開校し、参加した理美容師は延べ2000名に達します。

美容室で起こるデザイントラブル、薬剤トラブルを起こす原因は、理美容師の知識と経験の少なさから来るデザイン設計ミスによるもので、たまたまではなく、トラブルは起こるべくして起きています。

そのため、美容研究員レベルのケミカル知識を徹底的に学び、デザイン設計ミスを極限までゼロに近づける知識を養う美容研究団体です。

現在は、SSA地方校の上級コースとして、有本自らが指導するARIMOTO ACADEMYも開校しています。

 

こんなハイレベルな勉強をしている美容室に行けば、ヘアケアのベース(素材美)が全然違ってきます。

つまりは、薬剤のコントロールスキルが爆発的に高くなるので、どんな状況でも適切な処置ができる対応力の高い美容師が誕生します。

 

今髪に対して非常に優しさ溢れる薬剤が開発されています。

しかし、現状はここ10年くらいの髪に対するダメージレベルは変わらず起こってます。

 

その原因が、薬剤に頼りすぎて適切な処置や使い分けにミスを起こしているからじゃないですか?

 

僕の会社の企業理念に

「大切な人に通ってもらいたい美容室を応援する」

 

という一文があります。

 

自分の大切な家族や恋人に行って欲しい美容室ってどういうところなんだろう?

こういう事が出来て、こんな事を考えてくれる美容室だよな〜。

 

って、僕なりの美容室像があって、そういう美容室の基準としては何度も言いますが、SSAや有本塾、そしてシャンプーソムリエを学んだ美容師さんが働いている美容室なんです。

 

こんな商品を取り扱っているとか、こんなメニューをやっているって、そんなのは二の次なんです。

大切なのはどんなスキルを身につけた人が担当してくれるのか?

 

だから、しつこくSSAや有本塾、そしてシャンプーソムリエのアカデミーの勧誘をしています。

ちなみに、僕の家族はSSAの講師であって、シャンプーソムリエの講師サロンに行ってもらっています。

 

僕は、家族が行っていない別のSSA講師サロンに行っています。

 

そんな、安心して大切な人に行ってもらいたい美容室を増やしていくためにまたお誘いがあります。

 

詳しくはしたのリンク先を是非覗いてください↓↓↓

https://ameblo.jp/soenscienceacademy/entry-12453330992.html?fbclid=IwAR1u348-qLlM_guJ8TDJbxj9sGHcqhujxvb955VvNG1B95sRw18edAa7mTM

 

 

 

 

関連記事一覧