2019年は酸性トリートメント(酸熱トリートメント)の進化の年

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

先ずはじめにこれから酸性トリートメント、または酸熱トリートメントと言われる新しい視点のサロントリートメントが進化します。

 

そうお伝えしておきます。

 

昨年から美容業界では酸性トリートメント関連のセミナーが各所で開催され、サロン現場で様々な結果を招いています。

成功も失敗も含め今後美容業界で定着しそうな動きを見せています。

 

アイロンを使った縮毛矯正が出た頃のような感じもします。

 

この酸性トリートメントに関しては各社それぞれの理論や考えがあって、ヘアカラーダメージを軽減するタイプや、髪の保水力を高めるタイプ、そして癖を緩めるタイプなどその成分特性で酸性トリートメントと言っても様々。

 

そのため現場の美容師さんは何を使おうか、何がどういいのか今だに迷われている方も少なくないようです。

僕は昨年全国で美容専門誌にも酸性トリートメントの情報提供をされてる(株)イングラボの中谷教授とSSA主宰の有本さんと、酸性トリートメントのセミナーを開催させて頂きました。

 

 

そこから、多くの美容師さんが現場で酸性トリートメントを行いながら様々な特性を感じられています。

特にいっとき期待されていた「癖を伸ばす」のはやっぱり無理があるようです。

それよりも、矯正技術のサポート剤としては有効かも知れません。

つまり、後処理とか還元剤との併用です。

これ、様々な薬剤の特性を知れば知るほど、あれ?
何でこのお客様の癖を酸性トリートメントで一生懸命伸ばしているんだ・・・?

って、我にかえると難しいことをやっていることにも気づきます。

 

ここ一年、多くの美容師さんの意見を聞くとそうなんだろうな〜って思うようになってきました。
きっと、仕上がりとリピート時点での癖の戻りなどを見ているとやっぱり伸びないかもな〜って感じている方もいるかも知れませんね。

有本さんや中谷教授がセミナーで

「癖を緩める程度でストレッチトリートメントとして捉えた方がいいですよ。」

と説明されていたのでそうなんだろうな〜って思っていましたがなんか確信に変わりました。
やっぱり癖を伸ばすのは還元剤が何かしら必要で、それで十分結果を出されている美容師さんもいます。

そんな酸性トリートメントには優れた特徴もあり、成功した時はかなり感動モノです!
その成功率をあげ、さらに仕上がりのクオリティーを上げるにはいくつかのアイテムと組み合わせると可能なことがわかってきました。

つまり、昨年までは酸性トリートメント単体での施術が中心でしたが今年は他の薬剤との併用によって、酸性トリートメントが進化を遂げる年となります。

 

 

その一つがなんと水素&ケイ素パウダーの「ハイドレイヴ 」が選ばれました!
また、ハイドレイヴ ブースター(仮名称)を使うとさらにクオリティーが上がります。
これは、まだ製品化していないので内緒(笑)

そして、酸性トリートメントの仕上がりを高め、持続性も高めるあるアフター剤もあるんです。

要するに、水素+酸性トリートメント+アフター剤で進化した酸性トリートメントが出来るんです。

でも、まだ酸性トリートメントさえ使いこなせていない・・・。

そんな方もご安心ください。

 

酸性トリートメントを熟知した故に完成したトリートメントシステムですので、デメリット・・・つまりより失敗の無い酸性トリートメントが可能となるからです。
でも、うちでは人気のトリートメントシステムがあるし・・・。

酸性トリートメントって必要なのか?

 

確かに人気トリートメントがあるのであれば必要無いのかも知れません。

そこで考えていただきたいことが・・・。

常に修復効果を期待されるトリートメントがこれまでのトリートメントだとりたら、酸性トリートメントは徐々にその修復が要らなくなっていきます。

言い方をかけるなら、回数を重ねるごとにダメージに強い髪質になって行くんです。

これが、酸性トリートメントの個性です。

これまでのトリートメントは乗せて乗せて髪をコートするものでした。
中にはこの途中で髪に栄養分を補給するものも・・・。

ただ、どれも同じようなシステムトリートメントでした。

しかし、酸性トリートメントは全く違うタイプのトリートメントです。

そして、その酸性トリートメントを中心にした進化系酸性トリートメントはそれとは考え方もシステムも全く違ってます。
このトリートメントシステムを考案したのがSSAや有本塾主宰の有本さんでした。

既に、現場での結果は確認済みなので、このシステムを全国の同志に伝えたい!
そういう思いで、全国各地でセミナーを行なっていきます。

会場の関係でまだ確定しているのが沖縄エリアと名古屋エリアです。
沖縄は4月16日、名古屋は6月10日に開催します。

 

ハイドロゲン・アシッドト・リートメントシステム「H.A.T」とつけましたが、有本さんが選んだ3社の製品を使っていきます。

そのため3社コラボレーションによる開催という特殊なセミナー形式となります。

(株)イングラボ+(株)フォーフルール+(株)マイクロバブルパートナーズ

この3社製品を使ったトリートメントシステムです。
初公開が4月の沖縄の地からスタートです。

 

ハイドレイヴ を使いますが、昨年TVで話題となった水素トリートメントとも違います。

何度も言いますが、これまでのトリートメントとも違い、酸性トリートメントとも違います。

 

お客様の髪質に対して最前を尽くしたい!
ヘアデザインをより再現できる髪質だったら・・・。
そいう思いのある方は是非ご参加ください!

 

日本で一番先に知りたいかたは沖縄会場へ足を運んでください。

◉今なぜ毛髪に「水素処理」が必要なのか?
◉酸性トリートメントでリピートさせるポイントとは?
◉酸性トリートメントの後処理で何を使うといいのか?

【セミナーコンテンツ】
・水素処理の重要性
・酸性トリートメントのクセを知る
・モデルデモンストレーション

関連記事一覧