美容室経営者が一番悩んでいるスタッフ問題

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今の若い子には通用しない!

 

これって、現場で叩き上げて育ってきた大人の叫び。

・・・かも知れませんね。

 

今美容室の現場では技術教育、知識教育、接客マナー教育、モチベーション教育などが盛んに行われています。

それは、お客様のためにより良いサービスを提供するためですよね。

 

それぞれに重要な要素が含まれていて、どれもサロン現場では欠かせない勉強です。

 

ところが、そこまで勉強をしても、どうしても個人差というものが生まれてきてしまいませんか?

この個人差がもう忘れたいけど、でも今直ぐ解決したい経営者や教育者の悩みの一つかと思いますが、いかがでしょうか・・・?

 

そう、人材育成ってとっても経営者にとっては大きな壁なんですよね〜。

育ったと思ったら辞めていくし、ずっと働いてくれているのは可愛くて仕方ないけど期待通りに成長してくれない・・・(涙)

 

そして数名いると格差がでると経営者は悩むんですよね〜。

 

スタッフAさんは、お客様にも人気があって、指名客数も売り上げも伸びている。

ところが、年はスタッフAさんと変わらないスタッフBさんは、勉強も熱心にしているのに、お客様がなかなかつかない・・・。

 

色々アドバイスをし続けても何年経っても・・・。

 

お店でお客様に必要なヘアケア剤を広めようとイベントを企画しても

スタッフAさんはとても沢山のお客様にヘアケアを購入して頂けたのに、スタッフBさんはイベントとは思えない程度のヘアケア購入者数・・・。

 

2年、3年経ってもスタッフBさんは相変わらず。

もしかしたら美容師向いてないんじゃないか?

 

・・・でも、いい子だし頑張ってる。

 

そんなスタッフBさんが経営者の望むことを100点としたら、70点位まで成長してくれたらどうでしょう?

これは確率論になってはしまいますが、だいたいそこまでは行ける教育マニュアルがあるとしたら欲しくないですか?

 

色々なセミナーやマニュアル的なものをやってきたけれど無理だった・・・と思う教育熱心な経営者の方もいると思います。

 

評判のセミナーにも散々行かせたけれどスタッフBさんは変わらなかったからもう無理じゃない?!

そんな思いを持たれている経営者の方もいるかと思います。

 

そこで、そういったサロン問題を改善すると言われる第四の技術といわれるマニュアルのモニター研修を2軒のサロンお方にご協力いただき昨年から行なっています。

 

 

先日はその2回目の研修が先日行われました。

だいたい、この研修は2回〜3回の研修ですが効果が高ければ1回の長時間か、2回以内で完結する研修にブラッシュアップをしていく予定です。

 

対象となるサロンはシャンプーソムリエがいるサロンとキュベシノブ取り扱い店です。

一応(株)マイクロバブルパートナーズが主催となるシャンプーソムリエ、オーソモレキュラービューティーマスターに次ぐ第3のアカデミーにしたいと考えていたからです。

 

今回の2回コースのモニター研修を通して「お客様に寄り添い、お客様のことをとことん心配する」という講師の本谷さんの言葉が全てを物語っていると感じました。

 

 

この研修はお客様のことを参加者全員で真剣に考え、そして2店舗で情報の共有をしていきます。

 

 

 

2回目はお客様の心配事を様々なサロンシーンにおいて考えどんどん出していきます。

すると出る出る、とっても沢山の意見が出てきました!

 

また、こうしてお客様に対して考えることを書き出すことで美容師の一人のお客様に対する仕事量の多さに改めて驚きます。

 

良く一流ホテル業のことなども勉強される経営者の方もいらっしゃると思いますが、ホテルは部屋にお客様が入っている時はそれほど考えることはありませんが、美容室の場合入店から退店までずっと考えていなくては行けません。

 

そして、皆んなが思ったことは美容師は凄いことを同時にこなしているってこと!

受付の気遣い、背術時の気づかい、放置時間の気遣い永遠にお客様のことを心配していますよね〜。

 

さらに、次回来店までのことも・・・。

 

 

そして、2回のモニター研修を終えた後に各オーナー達からは・・・

「素晴らしいノウハウだった」

「今まで伝えられないことがマニュアル化できる」

「参加したスタッフもそれぞれ沢山の気づきがあったので明日から変わるだろう」

「この部分は私たち世代が学んでこなかった正に技術です」

 

との感想を頂きました。

 

そうなんです。

このノウハウはシャンプーソムリエ主宰、キュベシノブの開発者の責任として教育や商品ばかりではなく、サロンの問題解決のためにずっと温めてきた教育です。

 

色々な勉強してきたことや、使って欲しい商品、メニュー、スタッフの魅力、サロンの魅力etc・・・をお客様に伝え繋げることが平均点70点でスタッフ全員ができるための技術マニュアルをサロンで完成させる研修なんです。

 

 

この技術を構築した本谷さんの右腕の坂元さんからも日々のサロンでのお話もしていただき、その後は実践さながらのロープレです。

 

 

今回は様々なお客様にあったキュベシノブのアプローチ。

 

頭で分かっていても、自分で使っていても伝えるタイミングや伝え方はそれぞれ。

 

途中でしどろもどろになる人、話がいつもより盛り上がる人。

それぞれが、自分のできているところやできていないところの発見があったようです。

 

このような事を各サロンのマニュアルに落としこんで行ってもらいます。

つまり、研修を終えてからが本番といっても過言ではありません。

 

ですので、これからは毎日の反復練習や定期的なお客様に対する心配事の解決法の会議が必要になってきます。

 

この技術どんなことが期待できるかは以前のブログを参考にイメージしてください。

↓↓↓

アシスタントの生産性、売れないスタイリストの客単価が上がる仕組みを伝授

 

今後はこの優れた技術をパッケージ化し、より使いやすいものにブラッシュアップしてシャンプーソムリエフォローアップ特別セミナーとして開催していきたいと思います。

 

可愛いスタッフさんの伸び悩みで頭を抱えているサロン経営者の方楽しみにお待ちくださいね〜!

関連記事一覧