メーカーどうしの壁なんてちっぽけに感じる

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

既に僕は美容業界の常識は崩壊している!

なんのことかさっぱり分からない一言から今日の記事は書かせて頂きます。

 

先ず、はっきり言って日本の美容メーカー規模は海外のブランドメーカーからしたら非常にミニマムな規模だと聞きます。

どんなに背伸びしていても研究員の数からして国内メーカーの1メーカー、特に美容室専売品が中心のメーカーなんて全然追いつかないほどだそうです。

 

そういう中で、メーカー同士が競い合っているわけですが、結局は似たり寄ったりの狭い領域での競争。

その切磋琢磨する中で日本ならではのきめ細やかな商品が産まれています。

 

そして、僕は一体何者なのか?

美容師さんに教育をする団体の活動をしていたり、かたや美容室へ商品を卸したり、美容室向けのヘアケアを作るメーカでもあったり、そして、シャンプーソムリエや分子栄養療法を用いたオーソモレキュラービューティーなどのアカデミーを行ったりと、ポジションがどこ?

 

って感じにいつのまにかなっていました。

 

つまり、何者なのか誰も説明できない特殊なやつです。

 

そういうことで、既に美容師、美容ディーラー、美容メーカー、美容教育団体というカテゴリーの境界線が崩壊した状態で、美容業界に携わって6年が過ぎようとしています。

 

そして、そんな枠を超え、美容師さんがより豊かになるためのセミナーを先日東京で行いました。

メーカーからしたらライバルですが、ディラーからしたら僕がお客さんで、教育団体からしたら講師は先生。

 

そんな立場で今回はシャンプーソムリエのレベルアップを図る特別セミナーを株式会社イングラボの中谷教授にお願いしました。

 

 

今回は東日本エリアとして北海道から静岡県までの広範囲のエリアのシャンプーソムリエが24名集まり毛髪構造の再認識および、シャンプー開発の体験をしました。

 

 

 

中谷教授はプロ用の製品開発を手がけてきた経験豊かな研究の方であり、教育やマーケティングにも長けている方で、非常に柔軟な考えやさらには、若手研究員を教育される時に用いるコンセプトづくりのワークショップもしていだだきました。

 

各チームごとに様々な架空のシャンプーコンセプトを話し合いながら考えていくワークショップは非常に作り手の思考を擬似的に体験できるワークで面白いな〜って感じました。

 

 

 

そして、出来上がった架空のシャンプーやトリートメントを各チームが参加者へプレゼンを行っていきます。

 

 

この瞬間、シャンプーソムリエってすごいな〜って感心したとともに、なんだか胸が熱くなる思いが込み上げて来ました。

 

僕は、この人たちに何かを伝えて来たわけですが、それをみんなが考えながら自分に落とし込んでいってくれてたというのが、その内容を聞き感じたからです。

 

たんなる情報取りや、シャンプーソムリエという名前欲しさにアカデミーに参加されたのではなく、お客様に対するヘアケアを真剣に考えながら受けられたんだと今更ながら嬉しく思ったんです。

 

また、このセミナーの冒頭で僕は皆さんへ2019年のシャンプーソムリエが行う計画発表もさせて頂きました。

現在既に50%以上の準備ができている全て来年実行する4つのプロジェクトです。

 

やること満載ですが、時代の流れからして当たっていると確信できる4項目です。

 

また、その後の懇親会ではシャンプーソムリエを受けているメーカーさん方が集ってメーカーさん、サロンさんが壁を飛び越えぶっちゃけ情報交換会に発展!

 

非常に充実した意見交換がバンバンできたのがほんと楽しかったです。

 

本音で悩みや思いをその場で出し合って、業界のことを真剣に語り合えるとってもいい場ができました。

後は、各自が行動に移せるか?

 

そして僕たちはそれをまとめ上げることが出来るのか?

 

そんなことで、来年は4つのプランにプラスアルファのプランができるかも知れません。

時代が変わり、価値観もゆっくりと変化した今、過去の常識という枠から飛び出すことは非常に勇気がいることかも知れません。

 

でも、一度きりの人生、浮かんで来たアイディアに果敢に挑戦する生き方のほうが後悔のない人生になるんじゃないかな〜?

 

 

 

関連記事一覧