腸内環境を整えたければ口内環境を整えなさい!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

僕たちの健康は腸に支配されている!

って、言っても過言ではないくらいなんですよね。

 

知ってました?

例えば免疫力を高めようって、体温を上げようとしたりするじゃないですか!

 

その免疫細胞って実は小腸に70%もいるそうです。

なので、小腸の環境が悪ければ免疫なんてなかなか高まらないと思いませんか?

 

また、腸内細菌(腸内フローラ)によって僕たちの健康状況も変わるようなのですが、この腸内細菌たちは大腸に沢山住んでいます。

 

これが、いわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類されて、善玉菌を増やすために乳酸菌を摂りましょう!

なんて、言われる所以ですね。

 

また、腸内細菌のバランスが良いと痩せることもできるので、少し太って来ちゃった・・・って方はダイエットの軸を腸内環境を整える食事を中心にすると良いのかも知れませんね。

 

そして、腸活なんて言葉も出て来て、より腸に関する意識が高まって来ているのではないでしょうか?

 

ところが、実は最近わかって来たことが、いくら腸内環境を整えようとしても良くならない人がいるそうです。

それの原因が口内環境。

 

 

お口の中の環境って言っても???

ですよね〜。

 

話によると、口の中にも腸の中と同じく善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在しているそうなんです。

 

例えば、お口の中が悪玉菌が多い人は、その悪玉菌が腸へ行くと腸の悪玉菌が増えてしまうそうなんです。

つまり、腸内環境を整えても、お口の環境が悪ければいっこうに改善されないってことです。

 

じゃあ、何をしたらいいのでしょうか?

 

先ずは、お口の消毒かな〜?

って、思う方は早とちり!!

 

ちょとまった〜!!

って感じです。

 

お口の中を清潔にしようと除菌効果のあるもので綺麗にすると、大切な善玉菌までなくなってしまうそうです。

 

そこで、最近の研究で見えて来たある物質が登場します。

 

それが、乳酸菌・酵母菌・酢酸菌など100 種類以上の善玉菌が生成している

「バクテリオシン」というタンパク質なんです。

 

このバクテリオシンというタンパク質は善玉菌100 種類以上の複合醗酵で、悪玉菌に対する攻撃力も高いと考えられています。

 

つまり、バクテリオシンは善玉菌を強くし悪玉菌の抑制をする善玉菌の武器みたいなものなんですね〜。

 

 

要するに、カラダの玄関口を綺麗にすることが出口が綺麗になるってことらしいです。

めちゃめちゃ最新のインナービューティー情報なのでまだまだこれから考えられることらしいですが、お口の中って意外と重要なんですね〜。

 

そして、TVでも商品名は出ませんでしたが、ゲストの歯科医さんも言っていた現在唯一の口内〜腸内の悪玉菌を抑制するバクテロイシンを配合したサプリメントがあるんです。

 

 

それが、「フォローラビルダー」という錠剤のサプリメントで、乳酸菌の量はヨーグルトの150 倍以上!

 

 

売上1 位でシェアも30% ほどを持つと推測される明治乳業「ブルガリア」ヨーグルトの場合で、1.1 億個/g( またはml)とされ、1日の推奨摂取量100g でも乳酸菌は110億個くらいだそうです。

 

「フローラビルダー」は、1日2 粒でなんと、約1兆6,640億個分の働きで圧倒的な質量を誇っています。

 

また、殆どの乳酸菌は摂取した食物が、腸に届く前に必ず通る「胃」。

 

ここの空腹時のpHはpH 2.5~2.8 の強酸性で、胃液が活発に分泌される食後3時間でのpHはpH1.0~1.8 と塩酸と同程度の強酸性となります。

 

一般的な乳酸菌で、この過酷な酸性の環境を生き延びられないものも少なくないと言われています。

 

また、幸運にも腸にたどり着いた乳酸菌は、そこから「バクテリオシン」を生成して、腸内に常在している善玉菌を助けなければなりません。

 

ということで、一概に「乳酸菌◯◯億個」といったところで効果がまちまちなのが現状です。

 

ところが、「フローラビルダー」の主成分である「バクテリオシン」は、「善玉菌100 種類以上の複合醗酵で得られたタンパク質」なので、善玉菌そのものよりも胃酸に強く腸に届きやすいのが分かっています。

 

また、善玉菌ではなく「バクテリオシン」という武器そのものなので、届いてすぐに悪玉菌へ攻撃を始める“即戦力” の成分なのです。

 

お口の中も腸の中も善玉菌優勢になる特別なサプリメントなんです。

 

そして、写真にはもう一つ歯磨き粉も載せいています。

 

これは、P-UP加工された歯医者さんが考えた研磨剤・界面活性剤・鉱物油由来成分・旧指定成分・フッ素不使用の天然成分のみで作られた口腔内の健康歯磨きなんです。

 

この歯磨きは「バイオペースト」と言い、今年海外の学会でも口内環境改善に関する論文が発表された優れものなんです。

 

バイオペーストの主成分バイオミネラルには、独自の光技術によりテラヘルツ加工がなされています。その為、製品のバイオペーストからはテラヘルツ波が発生しています。

この技術は2018年9月に特許を取得しているものです。{特願2014-174604}

 

論文の一部抜粋

 

ですので、口内環境を整えるにはバイオペーストで歯磨きをして、その後にフローラビルダーを2粒なめて寝る。

これを数週間続けることで、口内環境は整いますし、口臭も消え、虫歯菌も無くなるそうです。

 

カラダの健康美を考えると、こういうところもケアすることが腸内環境を整える近道だったのかも知れませんね〜。

 

 

こんなお話も大阪で開催させていただきます11月15日インナービューティー導入セミナーでお伝えさせていただきます。

 

参加枠もうすぐ定員になりますので、ご興味のあるかたはお早めに参加表明お願いいたします!

 

 

 

 

 

分子栄養療法(オーソモレキュラー)の美容編の2018年2期生募集開始↓

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

 

シャンプーソムリエ集中コースはこちら↓

関連記事一覧