最新の分子栄養学の専門医達と一緒に栄養学を学ぼう!!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今日は美容業界では滅多にない貴重なお誘いを記事で書かせて頂きます。

 

先ず、これから先あなたや、身内の方の健康状態に不安を抱えていますか?

それとも、不安はないけれど、気は使っていますか?

逆に、リアルにボケやガンなどの病気にはなりたくないと思っていますか?

 

そんな方は、当然栄養バランスが健康に影響しているということはご存知かと思います。

 

この栄養学には様々な分野があり、それぞれの個性があると思います。

 

だいたいはこの表のどれかに属した考えで健康的な生活を維持、または取り戻そうと考えていることでしょう。

 

 

これらの栄養学の考えは今現在多くのクリニックに導入され目まぐるしい発見と、効果を出し始めています。

 

ということは、あなたが栄養バランスに興味を持たれ、そして少なからず実践していることは非常に正しい判断でもあると言えます。

 

ただし、医師も日々研究し、そして学ぶ新しい治療法のため日進月歩でその正しい基準が変わっています。

つまり、5年前の栄養学もあれば、ついこの間分かった最新の栄養学もあり、最近の栄養学が5年前の栄養学を凌駕する発展を遂げ始めています。

 

この栄養学の研究はより効果的に、そしてシンプルにあなたや、ご家族、そして知人の健康を守るために1960年代にビタミンやミネラル等の栄養素を正しく取り入れることで、病気の予防や治療を行う医療として、欧米を中心に発展してきました。

 

これを「オーソモレキュラー療法」といい、上記図の全てをまとめ上げた分子栄養療法です。

 

最近流行りの「糖質制限」「水素」「腸内フローラ」「スーパーフード」「ケトン体」etc・・・。

 

きっと、どれかは耳にしたり、ご自身で実践されている方もいることかと思います。

 

それらの各分野を深掘りし続けると、このオーソモレキュラー療法にたどり着くことが多々あります。

 

そして、このオーソモレキュラー療法は医師のみに与えられた栄養学ではなく、多くの方が学ぶ事のできる開かれた栄養学でもあります。

 

11月11日にこのオーソモレキュラー医学の公開セミナーがあります。

あなたの席の横には日々多くの患者さんの健康を取り戻すために従事されている医師が座っている。

 

そんな、医師と共に学ぶ貴重な講義です。

 

クリニックに行けばドクターですが、この会場では同じ学ぶ聴講者。

医師と同じステージで最新の栄養学を学んではいかがでしょうか?

 

 

Lecture1

栄養精神医学における糖と鉄代謝の理解

 

講師:奥平 智之 先生
精神科専門医、漢方専門医、認知症専門医

日本栄養精神医学研究会 会長・食事栄養療法俱楽部 代表・埼玉メンタルヘルス交流会 会長・日本うつ病学会 評議員・双極性障害委員会フェロー・日本心身医学会 代議員・日本プライマリ・ケア連合学会 代議員・日本スポーツ精神医学会 理事、日本体育協会公認スポーツドクター・日本女性心身医学会 認定医・埼玉県西部地区東洋医学研究会 世話人・東京若手漢方医会 代表・埼玉若手漢方医会 代表・川越市医師会学術委員・埼玉県公安委員会指定医(認知症専門)・精神鑑定業務・県立特別支援学校校医など

 

 

 

Lecture2

スーパーフードとその活用

 

講師:井手口直子 先生

(一社)日本スーパーフード協会 理事

帝京大学薬学部教授・薬学博士・薬剤師

帝京大学薬学部薬学科卒業。新医療総合研究所代表取締役

日本大学薬学部専任講師を経て2010年より現職

日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会常任理事

日本地域薬局薬学会理事、日本緩和医療薬学会評議員

ラジオNIKKEI「井手口直子の薬剤師Go!」パーソナリティ

帝京平成大学薬学部 教授 博士(薬学)
株)新医療総研 顧問

 

Lecture3

ケトン体、敵か味方かー最近の知見

 

講師:宗田哲男 先生

 

2009年より妊娠糖尿病、糖尿病管理に、糖質制限食を利用した効果を日本産婦人科学会、糖尿病妊娠学会、病態栄養学会で、発表。
妊婦、胎盤、新生児に高濃度のケトン体が存在している事実を論文発表。
2016年「Ketone body elevation in placenta, umbilical cord,newborn and mother in normal delivery」  Tetsuo Muneta etc. Glycative Stress Research 2016; 3 (3): 133-140

日本産婦人科学会、日本糖尿病妊娠学会、日本病態栄養学会、日本生殖医学会、日本母性衛生学会、日本思春期学会、日本IVF学会、日本受精着床学会

 

 

Lecture4

ビタミンCによる疾病予防と治療〜最新動向

 

講師:柳澤厚生 先生

 

米国ジェファーソン医科大学リサーチフェロー、杏林大学医学部内科助教授、杏林大学保健学部救急救命学科教授、国際統合医療教育センター所長、第10回国際統合医学会会頭、国際オーソモレキュラー医学会会長(カナダ)、国際オーソモレキュラー医学会殿堂入り(カナダ)、アントワーヌ・ベシャン賞(フランス)、パールメーカー賞(アメリカ)、事業構想大学院大学研究所客員教授、世界神経療法会議最優秀アカデミー会員(エクアドル)、国際オーソモレキュラー医学会第47回世界大会(東京開催)会長、米国先端治療会議認定キレーション療法専門医(CCT)、アメリカ心臓病学会特別正会員(FACC)、米国オゾン療法学会会員

 

 

Lecture5

統合ホルモン療法の実践

 

講師:上符正志 先生

専門領域
米国抗加齢医学会専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本抗加齢医学評議員
主な所属
米国抗加齢医学会(A4M)
米国先端医療学会(ACAM)
日本抗加齢医学会
日本内科学会

と、どれもこれも栄養学には欠かせない情報でです!

 

フリー参加でも15.000円とお得な価格で参加できますので、医師たちと共に学んでみませんか?

え〜医師と同じ勉強って難しいでしょう〜?

 

って思っているそこのあなた!!

 

大丈夫です。

健康や栄養に興味があってTVの健康番組が理解できれば問題ありません。

 

日時や会場は・・・

 

 

あなたは、本気で栄養学を学んでみたいと思いますか?

あなたは、本気で身内の方の健康を守りたいと思っていますか?

あなたは、本気で栄養学をビジネスで活かしたいと思いますか?

 

どれかにYESと答えた方は↓↓↓からお申し込みしてください!

当日は僕も参加しています。

オーソモレキュラー医学の最新動向2018-秋-

主催:一般社団法人日本オーソモレキュラー医学会
お申し込みフォームはこちらから
FAXでのお申し込みはこちらから

 

 

 

分子栄養療法(オーソモレキュラー)の美容編の2018年2期生募集開始↓

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

 

シャンプーソムリエ集中コースはこちら↓

 

関連記事一覧