頭皮が敏感ですという方のシャンプーの選び方

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

スキンケアもそうですが、ヘアケアで頭皮が敏感肌でシャンプージプシーという方がいます。

そういう方には大きく分けると三つのタイプが存在します。

 

 

先ず、頭皮にシャンプー剤が合っていなくてかゆみなどを感じる場合。

この場合は二つのケースが考えたれます。

 

一つは、頭皮が脂っぽくてその脂が洗いきれない洗浄力の弱い、または配合成分が残りやすいシャンプーを使っている方。

もう一つは、頭皮が乾燥気味なのにより一層頭皮の脂を取りすぎる脱脂力の高いタイプのシャンプー剤を使っている場合。

 

このふた通りの場合はシャンプー選びが間違っていますので、シャンプーを代えることで改善が見込めます。

 

次に、大分類の2個目ですが、これは洗い方ができていな方。

多分、このパターンが非常に多い様に思われます。

 

特に自分は頭皮が敏感と認識している方は洗浄力が弱そうで、肌刺激が少ないタイプのシャンプーを選びがち。

こういうタイプのシャンプーは保湿力が高い、または洗浄力の穏やかな界面活性剤を使ったシャンプーを選びがちになります。

 

そして、こういうタイプのシャンプーは残りやすいシャンプーが多いので、頭皮に残りやすく、それが頭皮の刺激物になり頭皮に痒みを与えている可能性があります。

 

こういう方はどうしても頭皮をしっかり流すことを心理的に控えめにし易く、逆効果を招いています。

つまり、洗い方に原因があるため、どんな頭皮に優しそうなシャンプーを使っても痒みが出てしまうという悪循環から抜け出せなくなっています。

 

ですので、恐れずにしっかりとシャンプー剤を流すことを心がけると痒みが出にくくなる場合がありますので、自称敏感肌の方は洗い方を見直して見てはいかがでしょうか?

 

そして最後3つ目は、頭皮自体が弱い方。

こういう方は、シャンプー剤を変えようが、洗い方を改善しようが痒みが出てしまうケースがあります。

 

その場合は、頭皮を綺麗に育てる食事に入り変えることがベターです。

頭皮は食べたもので作られますし、敏感肌は体質から起こってくる場合があるためです。

 

そのためには、一度炭水化物や糖質、シリアル系等を摂る量を減らしてみると良いかと思います。

これだけでも頭皮が正しく作られ、敏感肌が徐々に落ち着いてきたりします。

 

世間では頭皮の痒みをシャンプー剤に考えがちですが、どちらかといえば本人のヘアケアの質に問題が隠されている場合が増えている様に感じています。

 

ですので、自称頭皮が弱いと思われている方はこの記事を参考に、一度ヘアケアを見直して見てはいかがでしょうか?

 

 

 

 

分子栄養療法(オーソモレキュラー)の美容編の2018年2期生募集開始↓

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

 

シャンプーソムリエ集中コースはこちら↓

関連記事一覧