件数の多い美容室は情報発信の質が選ばれる条件

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

本日より株式会社オーティアットRC社から発刊されました「デジタル販促読本G」を、美容室専用の会員制のサイト(アンビエンスプロフェッショナル)で販売することになりました。

 

美容室ではSNSの情報発信を得意とし収益を上げている方。

SNSは苦手でつい使わなくなってしまう方といます。

 

 

特に21万件もある美容室です。

当然、スマートフォンを使って情報をSNSで拾う時代になると、市場への価値の伝わり方が今までとは違ってきます。

 

 

この社会の変化具合って伝わってますでしょうか?

 

最近はTVでも番宣が盛んですが、これも新番組や公開する映画を見て欲しいから、出演している役者さんたちがあちこちのTVに出てその価値を伝えようと努力されていると思います。

 

芸能界も雑誌やTV-CMでは伝わりきれなくなってきているからでしょうね。

当然、SNSにも広告は入ってきますし。

 

それと同じく、今は美容室でもフリーペーパーだけとか、ホームページだけとか、口コミだけとかではなかなか伝わりきれなくなってきていると思うんです。

 

それが、先ほど伝えたスマートフォンを使って情報をSNSで拾う時代の流れですね。

 

僕も飲食店とか、ホテルとかよく検索するのですが、欲しい情報を載せているサイトって意外と少ないんです。

 

僕の場合は、写真も重要な情報なので、飲食店であれば店内の雰囲気各所10枚以上写真があると嬉しいです。

ホテルであれば室内やお風呂、エントランスや施設、そして飲食店もホテルも外観もなるべくしっかりと写真で確認する派です。

 

そして、顧客の評価。

 

以前、新宿で接待のために飲食店を探したのですが、一週間探し続けていい情報が見当たらなくって、結局はパーク ハイアット 東京のニューヨーク グリルにしました。

 

 

眺めも、雰囲気も食事も最高でしたし違ったシーンでまた利用したいと思いましたが、僕的には違った感じのお店に本当はお連れしたかった。

 

そんな時に、顧客視点で必要な情報がWEB上であれば当然、行くお店候補上位にきます。

(情報が検索条件に合っていればですが)

 

ということで、情報の質ってとっても大切。

そして、検索に引っかかることも大切。

 

ちなみに「シャンプーソムリエ」で検索すると約 806,000 件 もヒットしますが、その上位5個は自社サイトや僕のブログやTwitterがヒットしています。

 

これをオーティアットのまちゃ的に言えば、グーグル検索は世界ランキング!

つまり、世界のTOP5を占めているってことを意味します。

 

 

そして、その他今SNSツールが沢山ありますが、どれも使いこなすと便利な機能です。

 

でも、好きな人なら次々に遊びながら使い込んで、いつの間にかビジネスに繋げることができますが、美容師さんにそんな暇はなかなかありません。

 

特に、勉強をしている美容師さんほど・・・。

はなから、SNSで集客する!有名になる!というようなビジョンがある方はそれはそれで、努力されていると思いますが、どちらかと言えば苦手な方の方が多いかな?

 

そんな方が、時代も時代だしSNSでも頑張ろうかな〜なんて思っても何から手をつけていいのかわからないのが実情ではないでしょうか?

 

僕もホームページ〜ブログ〜FacebookというSNSの歴史があってそれを10年近くやって、その間にエクスマというマーケティング塾にも入門し、徐々にSNSを使い始めています。

 

もともと、SNSとか苦手な僕が必要に迫られて初めてます。

(僕も元美容師なので、SNSをいじっているのであれば検証や練習好きですから)

 

そんな僕と同じようなタイプの美容師さんに、少し顧客目線になて欲しい。

そう思ったんです。

 

なぜなら、探している人が僕の新宿で飲食店を探しきれず、情報がしっかり出てたホテルのレストランを最終的に利用したと同じことが美容室探しでも行われているからです。

 

自分に合った美容室を探していても情報が無いか薄いので、情報がしっかり出ていたり、名前を知っている無難なところに予約を入れてしまうお客様が沢山いると思います。

 

そのためには、ご本人、特に経営者自らがSNSを使い始めるのが第一歩。

 

その手引きになるのが、デジタル販促読本シリーズです。

 

フォロワー2,000人以下の方用ですので、これからSNSを使ってビジネスに活かしていこうという方には楽しくわかりやすく入り口を見せてくれるので非常に重宝します。

 

詳しくは僕の体験談を↓

https://ameblo.jp/izasekikawa/entry-12392546939.html

 

 

また、SNSに関してのまちゃの本は、前作のデジタル販促読本「改」もあります。

これは、スマートフォンが普及した中で、スマートフォンを使ったSNSの使い方が中心に解説されています。

 

例えば、SNS用の写真の撮り方。

インスタ映えとかありますが、写真って意外と重要ですね。

 

また、SNSの軸となるのはやっぱりブログですので、せっかくブログを書くのであれば販促効果のあるブログの書き方なんていうのも実践的に書かれています。

 

これは、僕の周りの美容師さんがまちゃにブログを習って売り上げを上げているのを間近で見ているので机上論ではなくリアルです。

 

その他、Facebookでリターン率をアップさせる方法やなんと、3大禁止事項とかも実はSNS場ではあるので、そういうミスをしないための情報も出ています。

当然、Instagram、Youtubeなどの活用方法も紹介されている正にデジタル販促時代到来を告げたテキストになっています。

 

 

ということで、実はこちらも取り扱っております。

(店頭には並べてないですが)

 

美容師さんが発信しているSNS情報の中には・・・

これだけ勉強しているのに、ブログの内容がね〜

Facebookにこんな情報ばかりでビジネスに繋がるのかな〜

って、いうのもあります。

 

そこには、「誰に」「何を伝えて」「どういう行動をして欲しいか」のエクスマ3原則のシナリオができていないと、やってはいるけど効果が・・・ってことにもなりかねません。

 

そういうことを、わかりやすく書かれているので、まだまだSNSをビジネスに活かしきれていないと思う美容師さんに知って欲しいから、取り扱いを始めたんです。

 

まちゃの販促読本はここに並んでいます。

 

 

あとは、デジタル販促教習所とかの集中セミナーに参加されると、より理解が深まり実践に活かせるかと思います。

 

 

 

多くの医師が推奨し始めた最新のインナービューティーが学べるセミナー↓

 

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

関連記事一覧