繰り返す力と受講動機を忘れない!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。

僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

昨日は東京SSA Round-6の授業に参加してきました。

 

 

Round-6はSSA Neo Basicコースの最終ラウンドになります。

 

これまでにウェーブパーマ、ストレートパーマ、ヘアカラーの授業があり、最後が毛髪理論やヘアケアに関する項目にボリュームが置かれたRoundになります。

 

 

また、このRoundではこれまで約半年間かけて学んできた様々な知識の再確認をするテストも用意されています。

 

 

このテストでは、参加者個人が学んできたことを復習し、現場で生かされているかの再認識をするチャンスでもあります。

 

僕は現在現場から遠ざかっていますが、この場に参加された方は、何かを求めて参加してこられていると思うんです。

 

例えば、たった一人のお客様に毎回思う様なパーマがかけられないから何故かけられないのかの原因を知り、そしてそれを克服しお客様により満足して頂きたいという思い。

 

ヘアカラーが思う様にいかないからそれを克服したいという思い。

 

今の自分の美容師としてのスキルの見直しをしたいという思い。

 

・・・etc。

 

それぞれが、様々な思いを持ってお金と時間をかけて今以上の自分をつくり上げる為に参加していると思います。

 

ですので、学んだことはそれなりに必死に理解し、自分のものとして早く吸収したい。

そう思っていたと思います。

 

・・・多分。

 

ですので、そういう思いが続いた方は復習もかなりやってきていると思います。

 

よくセミナーに参加してそれで満足。

という方もいると聞きますが、僕からしたら何故に?!

 

って、不思議でしょうがないときがあります。

特にSSAの授業に参加するには単なるノリとか、友人が勧めるから付き合いで受けに来るほどの金額でもないですし、授業内容でもありません。

 

ですので、確認テストは全員合格点を取るのが当然。

 

しかし、テストをすると基準値を超えた人と、超えられない人が出てきます。

超えられなかった方の話を聞くと、全然復習ができていなかった・・・と後悔の言葉を聞くことがあります。

 

義務教育で親にお金を出してもらい、仕方なく通ったアカデミーでもないのに、どうして復習をしなかったのでしょうか?

 

お店のことやプライベートのことで復習をすることが困難な状況があったのかも知れません。

 

しかし、そういう方以外は、様々な現場で使える情報を得たのですから、もう居ても立っても居られないくらい復習し、時には検証しそしてお客様に結果を出したいと思うはずです。

 

でも、テストでは基準値以下の点数を取ってしまい、反省をされる方がいます。

 

半年間という期間、この期間をどういう過ごし方をしたかがテストでは露わになります。

テストの点数はあくまでも自己確認で、基準値以上の点数を取ることが目的ではありません。

 

・・・とも言えますが、やっぱり基準値以上取れない方は、どこかに参加することで安心していた弱い自分がいたのではないでしょうか?

 

だって、目的は現場での自分自身の不安や不満を解決して、お客様に喜んでいただく事ですから。

 

厳しいことですが、それがセミナーに参加する基準だと思うんです。

そして、テストの合格点って最低限これだけは理解していて欲しい。

 

言い換えれば、これだけは現場で使えていないと変われませんよ。

・・・っていう、基準でもあると思うんです。

 

学んだらすぐに復習し理解し、そして現場で活かす。

 

何かを学ぶと今までの自分のルールを変えることもありますし、リズムも変わることもあると思うんです。

でも、今までの自分に足りないものを得る為にセミナーに参加しよう!

 

そう自分自身で決めて参加しているので、変わって当たり前でもあります。

そして、何かを変える時には習慣化するまでやり続けなくてはいけない時が必ず来ます。

 

ですので、セミナーに参加する方、または現在参加している方は復習という大切な事。

そして、習慣化することを念頭に参加しなければ、お金も時間も勿体無い。

 

そう僕は思うんです。

 

 

今回のテストもそんな違いが明確にテストの点数として現れました。

合格した方はそれにあぐらをかかずに、習慣化するための繰り返しの努力を続けて行って欲しいと思います。

 

 

そして、残念な結果になってしまった方は、繰り返し理解するまでの復習を必ず行い、習慣化を目指して欲しいと思います。

 

関連記事一覧