肌荒れを治したければ便通を良くしなさい!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

4月に国際オーソモレキュラー医学会 第47回世界大会があるので、色々と講演される先生の本を読み漁っているのですが、そのなかでとっても興味深い内容が書いてありました。

腸内環境と最新栄養療法というテーマで、只野 武先生 (東北医科薬科大学 名誉教授)と共に公演をされる、腸内環境では超有名な内藤 裕二先生(京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学 准教授・中央診断部内視鏡 室長)の書籍です。

そこには、便通異常と肌トラブルの関係性でした。

結論から言えは、便秘の人は肌荒れし易く、便通がよくなると肌荒れが改善される傾向にあるということです。

数値的には肌荒れをしている人の80%の人が排便トラブルを伴っているそうです。

週の排便回数を6回〜7回の快便グループと、週三回以下の人を便秘グループとして各200名を対象として調査したことなども書かれていましたが、快便グループの人より、便秘グループの人の方が肌トラブルが多く、さらに「疲れがたまる」「肩こり」「頭痛」「腰痛」などの症状もあったそうです。

これは、僕も良く聞く話でした。
腰痛がひどい人に便秘とかありますか?

と質問すると、以外と便秘もちの方が多いとか。
肩こりがひどい方が多かったです。

じゃあ、そういう人はどうしたら改善できるのか?

内藤先生は水溶性食物繊維を多く摂取することで改善されると言われています。

具体的にはネットを検索したら直ぐに出てきますが、ネバネバ、ヌルヌル系のものが主に水溶性食物繊維になります。

以下に具体的に水溶性食物繊維が多く含まれるものを記載させていただきました。
干ししいたけ、干しいちじく、干しプルーン、切り干し大根、いんげん豆(乾)、ごま(いり)、挽きわり納豆、きなこ、大豆(国産、乾)、アボガド等です。

期間は2週間以上で結果が出やすいそうなので、便秘で肌荒れなどに悩まれている方は是非チャレンジしてほしいと思います。

また、食べる量も関係しているので、もしも少食やあまり食べられ無いものばかり・・・って方は、水溶性ケイ素も役立ちます。

そして、病院でも患者さんへ出している信頼の置けるケイ素にはZip umoという記載がありますので、それを目印に水溶性ケイ素を探されると良いかと思います。(この認証は一般社団法人 日本珪素医科学学会が認定している印になります。)

また、このような身近な健康の悩みを今のような改善ができたら良くないですか?
でも、こういった情報は沢山あってどれを信じていいかわから無い・・・というのが正直なところです。

しかし、それらの情報の出処さえわかってしまえば、そこの話さえ聞いておけば迷うことはありません。
それが、国際オーソモレキュラー医学会です。

ですので、まだ本にもなってい無い最新の健康情報、それもグローバルな情報を得ることが出来るのが、初めて日本で開催される国際オーソモレキュラー医学会 第47回世界大会なんです。

美容師、エステティシャン、栄養士、ヘルス事業者等には最高の情報収集の場になります。

 

 

上記日程で開催されますが、僕は3日間参加します。
日程的に・・・って方は1日でもかなり面白い情報を得ることができますので是非僕と一緒に勉強しませんか?

詳細申し込みはこちらで確認ができます↓↓↓

 

 

 

分子栄養療法(オーソモレキュラー)の美容編の2018年2期生募集開始↓

 

シャンプーソムリエアカデミー6期募集はこちらから↓

 

シャンプーソムリエ集中コースはこちら↓

関連記事一覧