世界の学者が注目する超高濃度ビタミンC点滴とは?!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

今回の記事は、一冊の本の「すいせんのことば」を克明にご紹介します。

この「すいせんのことば」を読まれ、心に響かれた方は是非、この2冊の本を読んでいただけたら幸いです。

 

すいせんのことば

 

世界の学者が注目する超高濃度ビタミンC点滴療法

 

本書で水野春芳(みずのはるよし)博士が紹介する「超高濃度ビタミンC点滴療法」は、欧米の学者から最も注目されるがん療法の一つです。その理由は「抗がん剤のうように患者のからだを痛めつけることがない」「元気になる」「食欲が出る」「抗がん剤の副作用を劇的に減らす」からです。

 

私が超高濃度ビタミンC点滴療法をはじめて知ったのが2006年9月、私が診療している鎌倉のクリニックに来院した悪性リンパ腫のアメリカ人の患者さんです。その患者さんからビタミンC点滴をして欲しいと言われ、すぐにアメリカの友人の医師から情報を取り寄せました。

 

点滴の効果は劇的で、全身に広がっていた悪性リンパ腫がたった3ヶ月でほぼ消滅したのです。

この患者さんは、その後アメリカに帰国しましたが、2013年の今でも健全です。

 

この患者さんの治療をしたことで、私は日本中にこの治療法を広めようと決意し、仲間を募ったのです。

同窓の水野春芳博士もその一人として活躍しています。

 

現在では日本全国に280余医療機関、500人以上の医師が超高濃度ビタミンC点滴療法を患者さんに提供できるようになりました。

 

 

途中もすごくご紹介したい文面が書かれているのですが割愛します。

 

 

患者様のための超高濃度ビタミンC点滴療法と分子栄養医学

 

分子栄養医学という分野があります。

これは二度のノーベル賞を受賞した米国のライナス・ポーリング博士が提唱した考え方で、適切な種類と量の栄養素を摂取することによって病気の治療や予防をするとうものです。たとえば免疫学的にもビタミンCを普段から多めに摂取している人は認知障害や脳卒中が少ないことが知られています。超高濃度ビタミンC点滴療法も分子栄養医学の一つです。

 

欧米では薬の副作用で毎年数百万人が亡くなっています。ところがビタミンやミネラルの摂取で死亡する人はこの十数年間でゼロです。

 

分子栄養医学では薬の前にまず栄養療法をという考え方です。

 

2012年5月、カナダのバンクーバーで開かれた国際オーソモレキュラー医学会という分子栄養医学の国際学会に水野博士と出席しました。

 

この時、私がアジアではじめての会長に選ばれることになりました。国際学会の会場で、私は水野博士と超高濃度ビタミンC点滴療法や分子栄養医学を共に日本で広めていこうと約束をしたのです。

 

本書はそういう中から生まれた最初の一冊です。

 

本書には水野春芳博士の一流の学者としての視点と、博士が日々の診療から得た経験から超高濃度ビタミンC点滴療法と分子栄養医学についてわかりやすく解説しています。

 

本書が健康の悩みを抱えている多くの人々の救いになることを祈念しています。

 

平成25年5月6日吉日

 

国際オーソモレキュラー医学界 会長

点滴療法研究会 会長

 

柳澤 厚生

 

と書かれています。

 

分子栄養医学に関しては柳澤先生の新刊「奇跡を起こす 点滴でアンチエイジング」に現在の分子栄養医学の海外での日常化や治療における効果などがリアルにわかりやすく書かれています。

 

そして、僕たちは多くの方にこの治療法や健康法からアンチエイジングを世に広るために歩み寄り、そして既に「オーソモレキュラービューテイーマスター ファンデーションコース」として美容界で活動を始めています。

 

2017年12月25日柳澤先生と

 

健康と美は切り離せないもの。

そして、健康は医者、美は自分たちという考えではなく、健康も美も自分たちで!

 

という意識で、僕たちがこの超高濃度ビタミンC点滴療法や、分子栄養医学から学ぶことで新しい顧客サービスやビジネスモデルが産まれると思います。

 

2018年はこの学会が行われます。

詳しくは>>>47年目にして世界初の美容と医療が歩み寄る奇跡のイベント開催!

 

そして、オーソモレキュラービューティーマスターコースの2018年のスケジュールは・・・

 

その先駆けが、オーソモレキュラービューティーマスターファンデーションコースです!

各開催についての詳細はこちらをクリック↓↓↓

関連記事一覧