自分の限界点を上げることで笑顔が増える

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて記事を書かせていただいております。

 

昨日はSSA NEO Basicの札幌校が開講されました。

僕はサポート講師として計6回札幌校に参加します。

 

SSAのサポートをするようになって何度も何度主宰の有本さんの話を聞くと色々な気づきがあります。

 

当然、美容の知識は年々更新され、講師陣へ落とされていきますので、、Basicを毎年受講されるリピーターも増えています。

 

美容師さんの仕事は最終的にはお客様が満足して笑顔になってくれるかどうか?!

そこに価値があって、もしかしたらそれに尽きるのかも知れません。

 

その笑顔を常に創造するって結構大変でもあり、きっと一番のやりがいを感じるところかと思います。

 

来店から退店まで、そしてスタイル作りと色々な流れっていうものがあります。

 

その流れのどこかにミスがあることで、最高の笑顔というゴールが少しづつずれていっていまいます。

 

そのズレを少しでもなくすのが基礎知識!

 

基礎知識は美容師さんのスタイル作りのプロセスにおいて生じる誤差を修正するためにあって、結果的にスタイルの仕上がりに反映していきます。

 

この誤差は「感覚」や「感」によって行なわれているプロセスを数値化し、できる限りの事を計算ずくで行っていくための知識です。

 

感覚や感はいい面もありますが、危うい面もあるもろ刃の剣。

そして、個人差や同じヒトでもお客様の状況も変化していますので、不安定な要素がいくつも含まれています。

 

感覚や感が数値化できるのか?と思う方もいるかと思いますが、その情報を公開しているのがSSAの授業内容なんです。

 

SSA Basicはその基本骨格です。

 

そして、これがサロンワークで生かされることで、ミスの少ないヘアースタイルが創造できるようになっていきます。

 

 

札幌SSA NEO BasicのRound-1ではこのような意味、そして知識をSSA主宰の有本さん自らが現場目線で解説してくれました。

 

 

女性美容師がこのような基礎知識を学ぶのは少し前の美容業界ではあまり見られない珍しいことでしたが、今では全国にこのような感覚を数値化し、沢山のお客様とともに成長されている女性美容師さんが増えてきました。

 

 

SSA NEO Basicの授業はパーマから始まります。

そのパーマのオプショナルコースを受け持つBLESS hair-salonの武田さんもお手伝いに来ていただき、基礎知識をヘアデザインにつなげる考え方を授業の合間にしていただきました。

 

学びどころ満載のSSAの授業はすべてはサローンワークのデザインの完成度を高め、それを安定してお客様へ届けるためのカリキュラム。

 

そして、それを伝えるのも共に学び現場に立つプロフェッショナルな講師陣。

 

多くの美容師さんに知って欲しいと消費者目線で思います。

 

関連記事一覧