口臭と体臭

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ちょっとしたエチケットの中で、口臭と体臭って気になりませんか?
にんにく入りの食事をとった後の会話とか、年齢的にもしかして加齢臭とか出てないかな〜なんて。
やっぱり気にする人は絶対に気にしますよね〜。
そんな、口臭や体臭に直結するのが「口内フローラ」と「腸内フローラ」だそうです。
フローラとは花畑という意味ですが、ヒトの腸内には100種から3000種類の腸内細菌が100兆個から1000兆個も生息している様ですが、その様がお花畑のように見えることからそう言われている様です。
一方口内フローラは300~400種類の口内細菌が状況により1000〜1兆個生息しているようです。

この細菌には「善玉菌」「悪球菌」それに状況によりどちらかに加わる「日和見菌」という3分類の菌がいます。

この比率は正常であれば、「善玉菌」20%、「悪球菌」10%、「日和見菌」70%と言われています。
そして、口臭、体臭はこの比率が「悪玉菌」の比率が増えてくることで起こっているそうなんです。
では、口臭予防に売られているうがい薬などでうがいをしたらどうか?
と思うところですが、「悪玉菌」を滅菌するのですが、一緒に「善玉菌」「日和見菌」までも滅菌してしまうので、口内環境は正常にはなりません。
また、口内は腸内よりも細菌が血中に入りやすい場所のため、最近は様々な病気の元は口内環境にあるとも言われ始めています。
そのため、口内フローラのバランスを整えることが健康への第一歩にもなってくるのかと思います。
その兆候の一つが口臭であったり、虫歯や歯周病です。
そこで、口内フローラのバランスを整える為に、乳酸菌(善玉菌)の生産する「バクテリオシン」を利用した食品の製造品質保持に関心が集まっているようです。
「バクテリオシン」は抗菌活性をもったタンパク質です。
数種類の「バクテリオシン」原料がある様で、中には抗菌性の高い界面活性剤の実験データなどもありました。
この「バクテリオシン」を口内と腸内の善玉菌を増やす目的で新型のサプリメントが開発されたのはつい最近のことです。
このサプリメントでは、「バクテリオシン」の中でも悪玉菌に対する攻撃力が高いと考えられる100種類以上の善球菌の複合醗酵によってつくられた「バクテリオシン」を採用しています。
また、この濃度はヨーグルトの乳酸菌でみると、錠剤なのですが2粒で、ヨーグルト150個分もの善玉菌数という圧倒的な数です。
さらに、口内でこの錠剤を溶かし終わった後にそのまま飲み込むと今度は腸へその無数の善玉菌がダイレクトに届きます。
あえてダイレクトにと表現したのは、通常の乳酸菌などは胃酸によってかなりの数が減ってしまう様ですが、「バクテリオシン」は強酸性にも強く腸まで菌が生きた状態で届くそうです。
そして、腸内の悪玉を口内と同じく攻撃し、腸内フローラのバランスを整えてくれます。
つまり、口臭や体臭を口内、腸内フローラのバランスを整えて消すんです。
当然、善玉菌が増えるので、口内環境、腸内環境も健康になるので、以下のことが期待できます。
・口臭予防
・虫歯・歯周病予防
・全疾患のリスク軽減
・便通促進
・デトックス効果
・美肌効果
・肥満予防
・免疫活性
・体臭改善
・がんリスク低減
素晴らしい画期的なサプリメントですので、明日からアンビエンスプロサイトにて販売していこうと思います!

関連記事一覧