頭皮環境を整えれば毛が生える!!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

薄毛でお悩みの方へ・・・
その薄毛はもしかしたら改善できるかもしれません。
・・・なんて、期待ばかりもたせてしまうかも知れませんが、実際に薄毛の方が治るケースがあるんです。
先ず、薄毛の原因は単純に頭皮が汚い(涙)
例えば、マイクロスコープなどでシャンプーした後に毛根を見てみると、シャンプーが上手な方の場合は毛穴が綺麗に開いています。
しかし、シャンプーが上手じゃない方の場合は毛穴付近に「過酸化脂質」という油の塊が残っていたりします。
これって、油ですので、そのまま放置したらどうなるでしょう?
①酸化して徐々に匂いが出てくる。
②油には油がつきやすいので、スタイリング剤などがそこに残り易くなるので、不衛生になりやすい。
③油を好む雑菌の繁殖の可能性があり、頭皮の炎症や劣化につながりやすい。
これが、毎日繰り返されたら・・・
健康なと人は条件が全然違いますので当然、発毛への影響が出てきます。
そこで、頭皮の油を根こそぎ取れるようなシャンプーが頭皮ケア用としては良いわけです。
つまり、スカルプシャンプーや育毛シャンプーと言われるものです。
ですので、薄毛になってきたら毛根をいかに綺麗にするかを考えることが、復活のチャンスなんです。
しかし!!
油を取りやすいシャンプー剤のデメリットも考えなくてはいけません。
それが、油をとりすぎる傾向があるということです。
油=皮脂膜=天然のバリア機能
肌ってそういったバリア機能があることで、雑菌やチリやホコリ、紫外線、刺激物から肌を守っています。
しかし、そのバリア機能を取りすぎると、毛根が汚くて起こる薄毛の原因とは別の原因で薄毛になる可能性も出てきます。
そこで、週に何回という制限を設けて、スカルプシャンプーや育毛シャンプーを使用すると負担が軽減されて良いかと思います。
それ以外は、通常のシャンプーを使用するという2種使いです。
ちょっとお洒落ですね。
また、洗い方がどうしても・・・っていう方や、スカルプシャンプーや育毛シャンプーだと髪がきしんで、髪が逆に抜けそう・・・って心配な方にはこういうものを僕は作りました。
エンゲージエマルジョンジェリーというジェル状の頭皮クレングローションです。
これの良いところはブリーチ毛でもきしまずに、頭皮にこびりついた油(化酸化脂質)を乳化してしまうというところ。
さらに、乳化したら水になってしまうので無刺激なうえに、匂いも取ってしまうてところです。
一部の美容室では既に頭皮クレンジングメニューで業務用で使用されていたり、お客さんへの販売もされています。
また、寝たきりの方のカラダを洗う時に石鹸代わりにも使われていたりもします。
そういうものも薄毛の方などは上手にケア剤として利用するのもありです。
あとは、どうしても頭皮を上手に洗えないって方は、頭皮に負担をかけずに毛根を綺麗に洗えるシャンプーブラシなどもあります。
こういう類はかなりパッチもんが出ていますが、パッチもんで気をつけて欲しいのは、頭皮を傷つけないかどうかってことです。
正規のシャンプーブラシはいくら頭皮に強く当てても、頭皮に傷をつける位の圧力がかかるとピンが曲がって力を逃す構造になっています。
当然ピン先は丸く角がありません。
また、髪の毛の隙間の汚れに対してもピンがうまく当たるような工夫もされています。
こういうヘアケアツールを使うことで、シャンプーが上手にできるようになり、結果薄毛が治るケースがあります。
あとは、美容室でヘッドクレンジングなどのメニューをされるとか、美容師さんへ相談すると良いかと思います。
美容師さんって、カットやパーマ、ヘアカラーが上手なだけじゃなくって、育毛専門店並みに実は薄毛などにも詳しいんです。
要するに髪の悩みは育毛専門店の何十倍も頭皮も髪も触って見ている専門家に相談することですね〜。

関連記事一覧