メイラード反応と糖化を熱く語る女子に遭遇!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

最近「糖化」または「AGEs」という言葉が徐々に市場で馴染んできました。
この糖化反応は、血糖値の急激な上下の繰り返しや長期的な高血糖状態と、タンパク質との接触時間が長ければ長いほど進んでいき、肌のくすみや弾力低下から、生活習慣病にまで影響を与えると言われ始めています。
また、似たような症状でメイラード反応(アミノ・カルボニル反応)というやはり老化現象がありますが、詳しい人の話しを聞くとメイラード反応の方が老化では気をつけなくちゃいけないという話を聞きました。
その話をしてくれたのは、スキンケアやオイルのプロフェッショナルで、様々なメーカーのインストラクターや講師をしているM・Oさんと言う女性。
その女性からメイラード反応(アミノ・カルボニル反応)や炭化水素(CH)の話が出てきてちょいとビックリでした。
肌の基礎理論程度やアレルギーの基礎理論などは僕も知ってはいるのですが、スキンケアやエステ、美容整形の世界でずっと講師やインストラクター、技術者として勉強されてきた方からは沢山の学ぶべき必要な情報があります。
今後、肌のプロフェッショナルとのコラボとかも考えていたのですが、突如目の前に現れたスキンケアのプロフェッショナル!
分子構造式も何の抵抗もなく受け入れ、オイルなども脂肪酸の構造から人体におけるオイル成分のバランスに至るまで隅からすみまで知っていてちょっと嬉しくなりました。
彼女もシャンプーソムリエにも興味を持たれていたりしていたので、ざっとテキストをお見せしたのですが、理解も早い!
という事で、今年の後半くらいからでもスキンケアを中心に老化やオイル等の幅広い知識を共有出来るセミナーなどもやっていきたいと思いました。
だって、男性はともかく女性は完全にアンチエイジング世代が急増中です。
そのスキンケアを単なる化粧品のスキンケアではなく、肌のこまかな構造から老化パターンの反応、肌には必ず使うオイルを分子構造や、カルボニル基とケトン基の違いや関係など生化学的な面からの知識は絶対的に美容室で今後必要になってくると僕は感じているからです。
より良い美容環境をお客さんへ提供するには、女性の悩みをその場で解決出来る情報や技術、そして商品も必要ですので、そのための基礎知識は否応無しに求められるのではないでしょうか・・・?
突如現れたM・Oさんと言うスキンケアのマルチプレイヤー。
美容室現場で使えるスキンケアのコンテンツを整え、エイジング世代へのおもてなしを整えて行きたいと思います。

関連記事一覧