頭の臭いが気になる人の対策商品

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

頭が臭いって自覚症状がある方はちょと気を使いますよね〜。

美容室ではそんな方のシャンプーをすると、洗っている美容師さんは、むせそうになるとか、中には吐きそうになる時もあるそうです。

でもさすがはプロ!!

お客さんには全く気付かれずに淡々とシャンプーをされています。

でも、やっぱり私の頭の臭い?

臭かったらはずかし〜!!って思いますよね。

では、もしも頭が臭いかもしれない!
って、思った場合にどうしたらいいのか?

今日は幾つか対策をご紹介しようかと思います。

先ず代表的な原因は頭皮に残った油汚れ!
皮脂とスタイリング剤が混ざったもの
皮脂とトリートメント剤が混ざったもの
皮脂とシャンプー剤が混ざったもの
皮脂とチリや汚れが混ざったもの
皮脂が酸化した(過酸化脂質)もの
それらが複雑に混ざり合ったもの

こういったものが頭の主な臭いの原因です。

ですので、先ずは流すことが対策としては一番ポピュラーとなります。
つまり、それらを長時間頭皮に残さないってことです。

この残さないには正しい流し方がありますので、美容師さんに教えてもらうってのが一番です。

次に流しやすいシャワーを使う。
これは一番オススメが「ピュアブルⅡ」というマイクロバブルシャワーです。

色々なマイクロバブルシャワーが出ていますが、安定して汚れが取れるものは今の所このシャワーがいいのかと思います。

このシャワーから出てくるマイクロバブル水は細かな汚れを流す働きがあって、通常のシャワーよりも約3倍近く汚れを取ってくれます。

また、nmの小さな泡が汚れを包んで浮かして流す原理ですので、髪や肌、ヘアカラーの退色等に対して全く悪影響を与えません。

さらに、頭皮などに炎症があった場合、治りが早くなりますので、肌が敏感な方やあかちゃん、そして実はペットのシャワーにもとってもいいと評判なんです。

僕の場合、自宅ではこのシャワーを使っているのですが、出張先のホテルのシャワーを使うとその汚れの取れ方や肌に対しての刺激感が違うことを毎回感じています。

つづいて、頭皮の汚れを物理的に取り除く、エス・ハート・エス社のスカルプブラシ!

スカルプブラシは色々なものが出ていますが、僕が今まで見てきた中で一番毛根付近の汚れがどんな人が使ってもほぼほぼ取れるブラシです。

また、どんなに強く頭皮をこすっても特殊なブラシ素材が頭皮に対しての圧力が限界を過ぎると曲がって刺激を逃す仕組みになっているので頭皮を傷めることもないのがいいと思います。

それに、このブラシの目の細かさが抜群に良くって、トリートメントをつけた後にこのブラシで馴染ませるとかなり均一にトリートメントが髪に広がって、同じトリートメントとは思えない質感も楽しめます!

そして最後・・・
これは道具というか、ケア剤になりますがエンゲージ エマルジョンジェリーというジェルタイプのクレンジング剤です。

これは、美容室の頭皮グレンジングメニューで使っていただこうと作った商品なので1Lサイズしか今の所ありません。

この商品は頭皮にこびり付いた過酸化脂質を「乳化」させて流すタイプです。

この時、過酸化資質と反応すると本品自体は「水」になってしまうので肌刺激ゼロってところがいいんです。

また、余分な皮脂までは取らないのに、匂いの元となる酸化した油分だけはきっちり反応してくれるので頭皮だけでなく、顔も体も全身いけますし、美容師さんの手にも全く悪影響を与えません。

実は、シャンプー剤の洗浄力をいくら高めても取り切れない過酸化脂質があることを確認し、さらにはそれらを連続使用した場合、頭皮の乾燥を招いていることをつき止めたことで、頭皮クレンジング系シャンプーの限界を見つけ本品のようなものの必要性が分かったんです。

そこで、なかなか取りきれない頭皮の汚れの場合は、違ったアプローチでなくてはいけないと思い、商品化しました。

今回は頭皮の匂いが気になる方向けの僕がオススメする3品をご紹介させて頂きました。
頭皮環境を清潔に保つには、シャンプー以外のケア方法もいくつもあることに気づいていただけたら嬉しいです。


【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧