頭皮に負担をかけ無い頑固な油汚れの落とし方

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

僕は、キュベシノブシリーズ以外にも商品開発やOEM展開をしています。
その中で、頭皮のクレンジングというものがあります。

これをなぜ発売したかというと、洗浄力の高いシャンプー剤で頭皮をクレンジングしていくと徐々に頭皮の乾燥や、髪のきしみや乾燥を招く恐れがあります。

そのために、キュベシノブシャンプーフレを開発し、連続使用でも頭皮の乾燥を回避し、髪のきしみがないような配慮をしました。

通常はこのフレで十分脂性肌の方は対応可能なのですが、このフレをもってしても取れ無い頑固な頭皮の脂汚れや、髪に残留してしまうコーティング成分等もあります。

そんな時のために、クレンジングを発売しました。

考え方は、それらを乳化させてシャワーで流すという考え方で使用します。

乳化とは、ある条件がそろったときに、水と油が均一に混じり合うことを言います。

一般的な条件としては、「乳化成分(乳化剤)が加わる」ことなどがあげられますが、水分と油分をなじませる働きをもっている成分は「界面活性剤」と呼ばれ、身の回りに「界面活性」のメリットを活かした日用品や食べ物がたくさんあります。

しかし、「乳化作用」は、界面活性剤以外の物質にも実はあるんです。
それが、アルカリ性物質。

簡単に言えばpHが7.0以上のものならばアルカリ性物質になります。

代表的な身近なもので炭酸ソーダがあります。
炭酸ソーダはpHが11.4のアルカリ性物質のため、油汚れを落とすのに効果的です。

このように、アルカリ性物質には、油を乳化・分散させる作用があって、油分はアルカリに対して弱く、pHが高い成分に触れると「乳化」という現象が起きやすくなります。

その状態でシャンプーやシャワーをするとこれらの乳化しているものは洗い流されていきます。

この原理を応用して商品化したものが「エンゲージ エマルジョンジェリー」という商品になります。
実はキュベシノブシャンプーフレの開発中にさり気なく発売しています。

エマルジョンジェーリは頭皮が乾燥していようが、アトピーだろうがまったく無刺激で症状を悪化させる心配がない処方になっています。

また、髪もダメージしていようがきしみが出ません。

中身は透明なジェルタイプになりますので、頭皮にも伸ばしやすい形状です。

また、これらは頭皮以外にも寝たきりの方の体のクレンジングや、女性のメイク落としなどにも使っても最終的に「水」になってしまうので非常に肌に優しく油汚れを取ることが出来るんです。

キュベシノブシャンプーフレとのコンビネーションで頑固な油汚れも優しく洗い上げることが出来る影のサポートアイテムです。

価格も業務で使用する目的のためリーズナブルですので、1店舗に1個は置いておくと便利ですし、ヘッドスパやヘッドクレンジングにも最適です。

そうそう、既に使われている方からは頭皮のニオイも一発で消えるとの声もあります。

只今、アンビエンスプロサイトではこのエンゲージ エマルジョンジェリーの無料体験キットもありますので一度お試しあれ〜!!


【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧