好きな事しかしていないから言える事

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

仕事を楽しんでいますか?
その仕事は絶対に自分がやりたいと思っていたことですか?

この質問に僕だったらどう答えるだろう・・・。
ある意味、仕事は楽しいです。

やりたいことといえばやりたいことです。

しかし、この仕事がなくなったらどうしますか?
っていう質問が来たら何て答えるのかな〜?

これは、僕の人生でなるようにしてなってきた流れですが、もともとは今のような仕事をしているとはまったく考えていませんでした。

だて、本当は美大に入りたくって大学浪人までしていたんですから・・・。
でも、ちょとした挫折があって、美容学校に入ったらやりたいことの表現がここでもできる!!

って、思って美容師になりました。
美容師ってめっちゃ楽しくって、これが天職か!!

って、思っていましたが、残念ながら事情により父の会社の後を継ぐことになりハサミを置きました。

海外のヘアーショーに出たり、フォトコンテストに出し続けてたまに専門誌にも作品が間違って出たりと、僕の美容師人生がまさにこれから花咲くっていうタイミングでした。

当時26歳くらいだったと思います。

・・・「〜たらば」という女々しい考えでいうならば、今やっていたら自称人気美容師になっていたり、自称人気美容室でも経営していたかも知れません。

しかし、天職と思って死ぬ気でやっていた美容師人生も、父の会社の都合でハサミを置くことに。

それから、人生で一番自分に合っていると思っていた仕事外の仕事で生きることになりました。

多分、今の仕事に満足していない人、本当はやりたかった仕事がある人って沢山いると思います。

本当であれば、それをやってしまうのが一番いいのですが、僕の様なそうは言っても出来ないって方ですね。

でも、それも人生!
だって、今の僕はこういう風に思われています。

「関川さんって、好きな事しかしていないですよね〜」

この言葉は正に!って感じで好きな事しかしていません(笑)
(影では色々これでも悩みはありますよ)

でも、一番好きな事を僕は手放した人生を歩んでいるのは事実です。

でも、周りにはそう見られる行動や発信をしています。

じゃあ、人生で一番の天職を手放してさえも、どうしてそういう生き方ができているのか?
今の仕事に不満や、やり甲斐を感じていない人に少し参考になればと思い今日の記事は書いてみます。

先ずは、好きな事ができないと言う事実を心の底から受け入れる事です。

そして、残りの人生をその道を諦めてさえもめちゃ充実させるためにはどうしたいいのかを考え続ける事です。

決して今の仕事を放棄するって事ではないんです。

だって、当時ハサミを置いて継承する羽目になった父の会社の仕事は20年経った今でもやっていますし、その仕事でさえ僕の中では今後やりたい事が沢山あって楽しくできています。

やりたくなかった仕事ではありますが、この仕事で自分のやり甲斐を見つけ出すとしたら?
未来が明るい仕事にするには?

そういう事を考え続けて今に至ります。
ですので、どのタイミングでもどういうスタート条件でもある意味仕事は創造性があると思います。
僕の場合はこういう感じで考えています。

真ん中のオレンジの円が自分であったり、自分の会社。

そして、その周りにある数種の円が人や業種や会社です。
また、今の僕はそれらを全部含めたことを仕事としてやっています。

どういうことかというと、自分や自社って大体がこうあるべきとう既成概念で小さくまとまってしまうって事です。

でも、僕の場合天職を捨ててしまった人生をいかに充実させるかを考え続けた結果、世の中ってそこだけでは成立していないって事に気づいたんです。

そして、よく聞く「本業」って言葉がありますが、実は「本業」も様々な関係する業種や業態との連携プレーで成り立っています。

もう少し視野を広げれば「本業」の業界も他業界との連携で成立しているんですよね〜。

そういう事に気づいてしまうと、やりたくなかった仕事をそういう要素を取り入れて形を変える事ができるかもしれないって思える様になってきます。

そう、「本業」の先には顧客とう市場がありますが、顧客をよく考えてみる。

または、市場を考えてみるとこうしたらもっと面白いんじゃないかな〜っていうヒントが沢山転がっています。

つまり、真ん中のオレンジ色の範疇で物事を考えずに、その周辺の円の存在も意識しながら自分や自社の未来を考えてみるってことです。

そういう考えになってから、色んな事にチャレンジする事になりました。

すると、意外とニーズが隠されていた事に気づくんです。
そのニーズがあるのなら、そのニーズに対して答えるには?

って、また勉強したり考えたり、時には異業種の特性をはめ込んだりとしてきました。

この作業は簡単に言えばスマートフォンにアプリを取り込む様なものです。

スマートフォンも購入時はほぼほぼ同じスペックですが、自分に必要なアプリをダウンロードするごとに新しい価値が付加された自分にとっては使い勝手・・・仕事で言えばやりやすさや、楽しみ方が増えていくって感じですね。

オレンジ色の円も正に購入したてのスマートフォンと同じです。

しかし、仕事となると何故かこうあるべきだ!
という既成概念がそのアプリを取り込む行動を抑制してしまう。

よく、業界ばかり見ているとダメという話を聞きますが、僕はその話に賛成派です。
市場を見る事こそ重要で、市場の中に新アプリが転がっています。

僕の作ったシャンプーソムリエというコンテンツも実はそういう流れで誕生しています。

商品を作って売っていたり、美容室にパーマ液からサプリメントなどを卸したり、アカデミーを開いたり、セミナー講師をしたり、インナービューティーのセミナーをやったり、手荒れ撲滅の活動をしたり、助成金や福利厚生を紹介したり本当、一言ではいいにくくなってしまいましたが、全部が全部一点で繋がっています。

つまり、オレンジの円に全てが繋がっている事です。

天職を捨てたばかりにその範囲が広くなってしまいましたが、今は楽しく仕事をしています。

ですので、やりたい仕事じゃないから〜。
やり甲斐を今の仕事に感じないから〜。

って思っている人は一つの参考として、今回お話した天職を捨てた僕の経験談で何かヒントがあって未来が明るくなってくれたら嬉しいです。

既成概念を壊してみましょう!

そして、自分自身を信じてみましょう。


【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷シャンソム>>>シャンプーソムリエアカデミー

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧