シャンプーの商品説明会でこんな事を話すのは僕くらい?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日より、キュベシノブシャンプーの嫁入り儀式がまた始まりました。
この嫁入り儀式は業界的には商品説明会。

商品のコンセプトやターゲット層、特徴、有効成分等のお話が当たり前に伝えられます。
中には実験などもしてその性能や安全性などを伝える美容メーカーさんもあります。

しかし、僕の場合は元々商品開発は、ド素人の状態から色々な事を学びながら、試行錯誤して商品を一品一品作ってきているので、伝えたいことがちょと違うんです。

先ずは、どうして僕がシャンプーを作ることになったのか?
元々、美容メーカーになろうとは考えてもいませんでしたから・・・。

この動機は大切な人を守るために、どうしようもなくって作ったんです。
それが、アトピーで苦しむ娘の絢香。

ですので、キュベシノブシャンプーをお使いいただいている方の中には
「親バカシャンプー」と言っていただいている方もいらっしゃいます。

そのため、試作品も全て絢香に使いながら処方を組んでいきました。
その試行錯誤をする中で浅かった僕のシャンプーの知識が徐々に増えていきました。

また、面白いもので1品作るとファン客が商品にはつくんですね〜。
ありがたい事にキュベシノブを応援してくれる方が全国に広がっていくようになります。

美容系メディアやプロの方々からは

このスタンスを変えずに丁寧にブランドを育てていってくださいね!
世界中どこに行くときも私は持ち歩いているんだから〜
・・・とか。

仕事柄、色々なシャンプーを試してみたけどこれが一番いい!
・・・とか。

この女性的感覚を大切に商品に生かしていってください!
・・とか。

また、こういうものが欲しいという声も届いてくるわけです。
この声がまた僕の背中を押してくれるんですよね〜。

その多くは様々なヘアケア商品を使い続けてシャンプージプシーになっている方の声です。
僕から言わせれば、そういう方は「シャンプーソムリエ」です。

沢山のシャンプーを使い、合わなければカラダが何かしらの反応を示します。
また、髪が何らかの反応を示します。

そういうシャンプー剤に対して繊細なセンサーを持たれている方の声。
初めてシャンプーを作った時の動機。

絢香がアトピーで苦しんでいた姿とかぶるんです。

大手美容メーカーでもなければ、遊び金がたくさんあるわけでもないのですが、そういう声が届くと、僕しかできない事かも知れない・・・って思い始めるんです。

その人のためにシャンプーを作らないと僕はダメなんじゃ無いか?!
そんな事を徐々に僕の頭なのか、もしかしたら心なのかわかりませんが考え始めているんです。

だって、沢山のシャンプーが世の中にはあるので、それで間に合っているのであれば、僕が作ったシャンプーを使ってもらおうとは全く思えないですし、それが合っているシャンプーなのでゴールなんです。

しかし、それ以外の方の声が届き始めると、無意識に頭の中には商品の骨格みたいなものがいつの間にか浮かんでいるんです。

こういう特性があって、こういう原料は絶対必要だよな〜なんて感じです。

そこからなんです。

シャンプージプシーの方々声は、世の中にあるシャンプーではダメ!
って事ですので、無いものを産み出すしか僕には選択肢が無いんです。

牛乳に沢庵を刻んで混ぜると、コーンスープみたいになるって聞いた事無いですか?

それまでのシャンプーがコーンスープそのもので、それが何かしらの原因があって合わない人に、違う材料を組み合わせて同じようなものを作るみたいなものです。

ですので、そういう人の生活パターンや、肌の構造、髪の構造、価値観に至るまで・・・脳みそを覗く位勝手に僕の頭が考え始めていつの間にか作るべきシャンプーが見えてくるんです。

そして、色々な原料の組み合わせを思考錯誤して自分の思い描くシャンプーに仕上げていきます。

この時に僕は物凄く進化するんです。
これも、共に商品開発をしてくれてきた研究の柏さんがいたからこそだと思います。

例えば、2品ほどこういうものも作ったんですが
「洗った感があって、それでいてしっとりしている」

わかりますか?

洗った感=さっぱり洗い上げるです。
しっとり=さっぱりしないです。

こういう相反する質感を出す商品までも作る事ができたんです。

そのためには、原料のデメリットをあえて利用したり、メリットが少しでデメリットが多い原料の少ないメリットの部分だけを生かしたりもします。

そういう一品一品を作り始めたきっかけや、それぞれが納得のいく商品に至るまでに分かった今までは知らなかった事。

そういう事をキュベシノブの嫁入り儀式ではお話しさせていただいています。

ですので、机上論というよりは経験談みたいなものです。

そう、それはネーミング、デザイン、ボトルのサイズ、中身、ブランド作りに至るまで全てに意味があるので、2h位無いと説明が終わりません。

これをどのシャンプー剤にも使える内容に絞り込んで、10hお話しするのが「シャンプーソムリエアカデミー」になっています。

>>>シャンプーソムリエアカデミー

おかげで、シャンプーソムリエアカデミーを出た方が三人ほどシャンプーを実際に作られました。

それも、なかなか個性があって美容メーカーさんが作ったものと全然引けを取らないシャンプーです。

キュベシノブシャンプーにご興味がある方は、アンビエンスプロにご登録後無料体キットを先ずは取り寄せていただき、ご自身のお店に必要なのかを見極めてください。

関連記事一覧