ダメ元でも台風9号と戦った!それが責任っていうやつでしょ〜

  • HOME
  • BLOGs
  • ブログ
  • ダメ元でも台風9号と戦った!それが責任っていうやつでしょ〜

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

昨日は台風が関東を直撃したのですが、久々にというか初めて台風と戦って惨敗した僕の人生初となる1日になりました。


今日8月23日は北海道でSSA Basic Round-4がある日でした。
昨夜もSSA受講者のフォロー依頼があり、僕は前泊の予定を立てていました。

すると天気予報では台風9号、10号、11号が乱れ打ちで日本列島に迫ってきていました。
しかし、今まではこういう状況でもなんとか持ち前の引きの強さと立ち回りで乗り越えてきたので、なんとかいけるでしょう!

なんて、安易に考えていました。

先ずは首都高の渋滞とパーキング渋滞を予想して、いつもより3h早めに移動開始!
ないせ、台風直撃なので何が起こるかわからないですからね〜。

そして、予想通り首都高の渋滞があったので、迂回しながらフライト3h前に羽田空港のPへ。

そしてまた、予想通り・・・想定内でP渋滞。
ここで、僕は3h前とう事で余裕で、心なしか台風に勝利したと思い込んでいました。

1hP渋滞しようが全然余裕余裕って!


想定内で事が運んでドヤ顔になっています。

しかし・・・飛行機の運航状況をP渋滞中に確認していると・・・
まさかの、欠航!!

この時は勝利のテープのように見えていたPのゲートを後数台でくぐろうとした時・・・。
始め、嘘だろう!?って思いましたが、空港会社直接のインフォメーションなので諦めました。

そして、何としても行かなければいけないので、成田へ移動。
だって、北海道には待っている仲間がいます。

僕と約束してフォローを楽しみにしてくれている仲間が待ってくれています。
絶対に行かないとダメなんです。

そして、たまにやるアクロバティックな移動手段。
いつもはこのパターンで乗り切れていました。

そう、羽田からの飛行機と宿のパックをキャンセルし、成田からの便で再トライ!!
だって、羽田は欠航でしたが、成田はほとんどが遅延。

この欠航と遅延の違いは可能性としたら全然違います。

そして、まだ時間に余裕があるので約79Kmの移動を開始!


首都高速湾岸線から、お台場を抜け、葛西臨海公園の観覧車、浦安のディズニーランドを横目に、そのまま東関東自動車道に折れて、成田空港を目指してひたすら車を走らせました。


その時の状況はワイパーを早めても直ぐにこういう状態になるほど、強い風と雨でした。

もう、風がどこから吹いてくるか分からない状況で、風にまかれた雨は右から左から、前から後ろからと激しさを増していました。

そして、成田につくと同じく前入りを予定していた高倉さんと連絡を取り合って合流しましたが、18:00まで運行の見込みがない状態。

仕方なく、二人で愛についてずっと語っていました(笑)
この時も二人はまだ飛べる可能性を信じていました。

そして、18:00近くになると本日の札幌行きは全て欠航という事が確定!
ここで、成田の運航状況の掲示板の不正確さを確信!!

全て欠航とわかった状況なのに遅延の文字が羅列しています。
多分、羽田のシステムの方が正確な表現をしていたのだとその時理解できました。

また、成田空港史始まって初の台風による空港閉鎖だったよです。
おかげで、受付窓口のお姉さんも超と私たちパニックなんで〜(汗)

そんな、事で僕は彼女たちの焦った説明の文字を整列しなおして、鸚鵡返しに正しい文章で返してあげました。

すると、そうなんです!
すいう事なんですみません。

だって(汗)

それだけ、どこの航空会社の窓口もバタバタしていました。


それでも、明日朝6:00の便で!!
と思い、
明日の便への乗り換え手続きです。

が・・・チケットを買っていた高倉さんは明日の夕方の便しか取れない状況。

当然、成田からのチケットをまだ買っていない僕の分はありませんでしたし、同じく夕方の便しか空いていませんでした。

もう、手も足も出せずにノックアウトされました・・・。
絶対に任務遂行のために飛んでやろうって思っていたのですが、見事に撃沈です。


結局高倉さんと成田空港で19:00過ぎまで一緒にいたのですが、こんな時もあるのかといい経験をしましたし、
1978年5月20日に開港した成田空港史始まって以来の台風による空港閉鎖の場にいたのは、ある意味持っているね〜僕たちって思うしかないです。

そう考えると、歴史的災害現場に関川あり?!
・・・いや、絶対にそこを繋げてはいけません!!

つ、な、げ、な、い!!

基本、僕は本当は羽田空港から飛ぶ予定でしたので違います。

行かなくてはいけないという責任がなければ、きっと僕も高倉さんも最初の状態で諦めていたと思います。
しかし、任務遂行=プロ=当たり前という意識があれば最後の最後まで諦めない・・・ですよね〜。

こういう事って、経営者と社員さんとの意識の差にも出やすいかと思いますが、その時にできる社員さんはきっと僕たちと同じ行動を取っていたと思います。

また、経営者からしても社員さんがそこまでして飛べなければ納得も出来ると思います。

いざという時にどれだけ可能性のあるアイディアを出せるか?
そして、そのアイディアの中から優先順位を決めて行動に移せるか?

それを臨機応変にできる自分であれば、経営幹部とかに抜擢されるんじゃないでしょうかね〜。

そして、北海道の皆さま今回お会いできずに残念です(涙)
また、9月に行きますのでその時は宜しくお願いします!!



【追伸】
アンビエンスプロは会員制の理美容室やエステサロン様専用のショッピングモールです。
ご登録がお済みでない方はどうぞ〜!>>>Ambiance-Professional

関連記事一覧