水素入浴剤の取り扱いについての注意

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今流行っている水素の入浴剤で、2011年度から2016年5月末の5年間あまりに、水素を発生するという入浴剤の危害事例(けがをしたもの)が7件、危険事例(けがをするおそれがあったもの)が1件あったため、「独立行政法人国民生活センター」から使用上の注意が発表されました。

同センターによれば、7歳の女児が、水素を発生するという、ケースにセットしたパック型の入浴剤を浴槽内の湯に落としてしまい、慌てて手ですくい上げたところ、第II度の熱傷(浅達性、手掌、手背、手指の1%)を負ったという事故情報が医療機関ネットワークに寄せられました。

医療機関からの情報を元に調べたところ、当該入浴剤は、その配合成分から、水と反応して発熱し、水素を発生すると考えられるものでした。

PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)等を通じて、国民生活センターには、ここ数年、水素を発生するという入浴剤による危害・危険情報が寄せられています。

そこで、市販の水素を発生するという入浴剤のうち、発熱を伴うためパック型のものをケースにセットして使用するタ イプのもの(以下、「パック型水素入浴剤」とします。)6銘柄について、入浴中に使用した場合を想定し、入浴剤本体や周囲の温度等を調べ情報提供することとしました。

そこで、同センターは水素を発生するというパック型入浴剤を使用するにあたって、先日の21日、注意を呼びかけました。

これら入浴剤は自宅のお風呂で水素風呂が手軽に楽しめるように作られたものですが、「酸化カルシウム(生石灰)」を使用したものは水と反応して水素を発生する化学反応を利用したものです。

この場合、「酸化カルシウム」が水と反応して高い化学反応熱を発するために、専用の容器に必ず入れて使用することがトラブルを避けるポイントになりそうです。

また、こう言った水素発生原理を使っていない水素を発生させる入浴剤も開発されていますので、購入前には「酸化カルシウム」の表記の有無の確認を事前に行うこともトラブルを未然に防ぎ、快適な水素風呂を楽しむポイントになるかと思います。

ただし、「水酸化カルシウム」を使用した水素入浴剤が悪いと思うのは早ガッテンです。

これらを使用した製品は確実に水素を発生し、カラダにとってはとてもいい水素風呂が楽しめます。

そのため、専用容器を必ず使用するという、僕たちの使う側の意識によっては安全に使えるものです。

一番良くないのが、こういう仕様上の注意を消費者にしっかりと伝えていないメーカーや販売店です。

口頭でも、ホームページでも、商品パッケージや取扱説明書でも注意を促すことを心がけてほしいものですね。

だって、決して悪いものではないですからね〜。

関連記事一覧