シャンプーが合わない!?いやその前に色々な原因があるのでは?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

人ってたまたま新しいモノやコトをした時に起きる症状をそのせいにしがちです。
しかし、よくよく考えたらそんなにすぐに症状が出るわけが無い・・・。

これって、特に化粧品関係によくある話ですね。
僕の専門分野のシャンプーなんて最たるもの!

シャンプーを変えたら頭がかゆくなった~。
シャンプーそ変えたら肌荒れを起こした~。

一つにはシャンプー剤が起因している場合もあありますが、永遠にシャンプーを探している方の場合はシャンプー剤に原因は無い場合が殆どです。

こういう場合美容師さんって、洗浄力が強いシャンプーだからかな~?
って、思いお客さんへアドバイスするコトって無いですか?

しかし、その洗浄力自体に問題が有ると思い込む前に色々なヒヤリングが必要です。
例えば・・・
お湯の温度。
シャンプーのつけ方。
頭皮の洗い方。
髪の洗い方。
シャンプー剤の流し方。
トリートメントのつけ方。
トリートメントの流し方。
ドライの仕方。

・・・etc.

こういうプロセスに原因が無いかどうかを先ずは考えるべきです。

だって、このやり方を治すだけで頭皮がかゆくならなくなったり、荒れなくなったりもします。

そう、自分に合うシャンプーがなかなか見つけられていない人は、こういうコトができていない場合がありますので、一度シャンプーのプロセスとやり方のポイントを再確認してみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧