Cuvée Shinobu SHAMPOO fraisのオリジナルな香り

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日発売日を発表させて頂きました「Cuvée Shinobu SHAMPOO frais」について少しずつその全貌を明かしていきたいと思います。

先ずは、シャンプーを選ぶ消費者の立場で考えてみます。
すると、まず初めにどうでしょう・・・?

「香り」を確かめたくなる方が非常に多いのでは無いでしょうか?

Cuvée Shinobuシリーズはどの製品も既製の香りは使用していません。
全てオリジナルで香りを作っています。

ですので、Cuvée Shinobuシリーズを使うと香りでもわかるようになっています。

そして、今回「Cuvée Shinobu SHAMPOO frais」には次のような香りを楽しんでいただけるかと思います。

フルーティな香りをトップに、優雅なフローラルブーケを組み合わせた甘く優しいFRESHFLORALの香りです。

この香りは、精油と合成香料をブレンドした調合香料を使用しています。
はい!香料は精油で香り付するよりも非常に安全性が高く、皮膚刺激コントロールも繊細にできます。

しかし、香りをつくり出す調香師(パフューマー)の手間や、原料費がかさむのでお値段は高くなってしまいます。

でも、妥協はできませんからね~

そして、今回は幻の香りを模倣し、さらに個性を出した香りに仕上げたのですが、その香りの変化をイメージしながら以下の香りの解説を読んでみてください。

《トップノート》
ベルガモット
甘くてさわやかな香りのベルガモットは、苛立つ気持ちを鎮静する作用や、気分をリフレッシュさせる働きがあるので、心を明るく上向きにしてくれます。

シャネルの「ココ・マドモアゼル」もトップノートにベルガモットを感じることができます。

アップル
甘酸っぱく、さわやかなりんごの香には精神的な疲労・ストレスを和らげ気分をリフレッシュさせる効果があると言われています。

コリアンダー
甘く色っぽいスパイシーなコリアンダーの香りは情熱さも伴い、創造的な夢をみる人に力を与えてくれます。

《ミドルノート》
バイオレット
マリーアントワネットも愛したバイオレット(スミレ)の香りは、鎮静作用が強く、感情のコントロールが難しいときに気持ちを落ち着かせてくれて、自分を取り戻す手助けをしてくれます。

オリス
オリスの香りとは、アイリスの花の根に由来するもので、花そのものの香りとは異なります。
重たく強めのフローラルノートの中にフルーティーさ、ウッディーさも兼ね備えるその香りは、「Love Drawing Powder(愛を描く粉)」の異名を持つほどに、媚薬的効果が高いと言われています。

ジャスミン(三大フローラルノート)
ジャスミンは古くから催淫作用(恋愛感情を起こさせるような効果)が認められ、伝統的に「媚薬」としての効果があり、子宝のハーブとも言われています。
また、脳内麻薬と呼ばれるエンファリンや、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌を活性化する作用から、自分を信じ前に進む勇気を取り戻させてくれたり、幸福感を感じられるように手助けをしてくれます。

ミューゲ(三大フローラルノート)
ややグリーンを帯びた透明感のある香りで、原料としては非常に重要なのですが、実はミューゲ(すずらん)からは、香り成分が採れないのが現状です。
そこで、世界中のパヒューマーが再現を試みて、多くのミューゲの香料が生み出されました。
香りのイメージは、「気品」「清潔感」「やさしさ」です。
ミューゲの香りを再現した香水はクリスチャン・ディオールの「ディオリッシモ」などが代表的で、ミューゲをこ
なく愛したディオールが、生涯最後にプロデュースした名香と言われています。


《ラストノート》

ローズ三大フローラルノート)
クレオパトラも愛したバラの香りには、美肌効果が期待できることが鳥取大学の実験でわかってきました。
ローズの香りは
心を癒し、穏やかに元気を取り戻してくれる作用があります。

ムスク
現代では、輸出入すること自体がワシントン条約で禁止され、天然のムスクを使った香水はほぼ存在しませんが、ムスクは古来より、惚れ薬として使われてきたとっても歴史の長い香料です。
最近のある実験では、合成ムスクの香りでも異性に魅力を感じさせやすいという催淫作用や、肌がキレイになるという研究結果もあるようです。

チュベローズ
チュベローズは濃厚で甘い香りが特長ですが、フローラル系の精油の中では、もっとも高価で、高級香水の原料として活用されています。
マレーシアでは「夜の女王」という異名でよばれるほど、女性を魅了する濃厚な香りが特長です。

バニラ
バニラの香りに含まれている芳香成分である「リナロール」には、イライラや興奮といった神経系の高ぶりを抑制する鎮静効果があります。

サンダルウッド
落ち着きのある、まったりとした深い甘みを湛えた特徴的な香りがします。心身共に鎮静させるパワーが非常に強く、どんなに荒れた精神状態でも冷静さを取り戻し、落ち着かせてしまう力をもっています。


コリアンダー・オリス・ジャスミン・ムスク・チュベローズと12種の香りのうち5つもの催淫作用のある香りを配合しているので、幻の香り以上の効果が期待できるかもしれません(笑)

・・・っとまあ、こんな感じの香りがパヒューマーのセンスと努力で出来ました。

Cuvée Shinobu SHAMPOO fraisでシャンプーしながらこの香りを堪能し、シャンプー後に残るほのかな微香を楽しんでいただけたらと思います。

関連記事一覧